読者投稿 鈴木義彦編➃(021)

〖インターネットで、鈴木の悪事や裁判の真相が暴かれ公開されて、一番危機感を持っているのは、鈴木や関係者達、その家族や身内だろう。いい加減どうにかして貰いたい気持ちではないか。また悪事の内容や真実を知り仰天している事だろう。自分達も鈴木と同じ目で見られる事は間違いないだろうから、気掛かりでならないのは当然だ〗

〖長谷川幸雄が弁護士業界を去った。長谷川は鈴木の裁判内容の詳細が情報サイトで暴かれると、懲戒請求の怖れを感じ取り、自らバッジを外すしかないと考えたのだろう。裁判でやり過ぎたことは長谷川自身が一番よく分かっていたはずだ。インターネットで顔写真まで公開され、恐れをなしたのだろう〗

〖今回、衆議院選挙に伴い、最高裁判所の裁判官についての是非を問う「国民審査」が行われた。審査を受ける裁判官の氏名が印刷された投票用紙に、辞めさせたい裁判官がいれば、バツを付ける仕組みだが、十分に機能している制度とは言えないだろう。それと、裁判官は特別職であるから、最高裁判所に限らず、高等裁判所、地方裁判所の各部の統括者に認定されている裁判長クラスの国民審査も定期的にやるべきだと思う〗

〖原告と被告の両者が平等に公平公正なルールで争い、裁判所が判断するのが民事裁判だと思っている人が多いと思うが、現実は違っているようだ。不埒な人間関係や不公平な偏見が罷り通る中で公正な裁判を望むことは出来ない。裁判所をチェックする第三者機関を早急に立ち上げるべきだと思うこと自体、情けない話だ〗

〖裁判では、宝林株の買取り資金3億円を誰が出したのかについて、鈴木の主張が二転三転し、あやふやな回答に終始した。鈴木は、A氏が資金提供したことを否定し、「ワシントングループの河野氏から借りた」と述べたり、「株の売買ではなくファイナンスの依頼だったため、買取り資金は必要なかった」と主張したり、「自らが蓄えていた金を使った」などと、主張に一貫性がない。問題なのは、こうした鈴木被告の明らかに嘘と分かる主張を最終的に容認した品田裁判長である。こんな裁判官がひしめく裁判所は既に瓦解しているといえよう〗

〖法廷では、強い信念を持った検察官や弁護士の発言(説得)が、裁判官の心を動かし、判決に影響する事があるという。やはり法律家は、強い信念と良心を持っていなければ正義と公正を貫けないと思う。特に、鈴木の様な異常な神経を持った犯罪疑惑者に対しては、強い信念が必要だと思う。品田裁判長の様な優柔不断なヒラメ裁判官では正義と公平な裁きはできないという事だ。裁判所は再審の法廷で名誉を挽回するべきだ〗

〖「合意書」に基づいた株取引は、A氏の買い支え資金を投入した事によって約470億円という莫大な利益を上げる事ができた。しかし鈴木はA氏を裏切りその利益を独り占めにした事で、親和銀行不正融資事件と山内興産との間で進められていた和解金を払う事が出来たのだ。その額はそれぞれ約17億円と約4億円で総額約21億円という途方もない金額だ。和解金を払う事が出来なかったら、鈴木は間違いなく実刑で刑務者行きだった〗

〖裁判所に対する一般の関心が低いからか、それともタブー視されているからなのか、メディアで裁判所についての報道をほとんど見かけない。元裁判官による暴露本がごくわずかに存在する程度だ。裁判所は日本の三権分立の一翼を担う司法機関である。メディアが裁判所を扱わない理由はそこにある。権力に忖度しているのだろう〗(以下次号)

読者投稿 鈴木義彦編➃(020)

〖鈴木は、今まで犯した罪や裏切りが将来どれだけ高い代償をもたらすか本当に理解しているのだろうか。このままでは鈴木の心は永遠に晴れることはないだろう。鈴木の裏切りの影響は子孫にまで及ぶだろう。金はあの世に持っていけない。今は金が全てかもしれないが、世間からの悪評が広がれば幸せは訪れないだろう。また国税当局の目が光っていることを忘れてはならない。〗

〖「金より大事なものに、評判というものがある。金は評判の良いところに自然に集まってくる」と言う人がいた。一理ある言葉だとは思うが、現実はそうでもないと思う。鈴木は、悪事を重ねている人間のわりには自分の評判には無頓着だった。鈴木は、証券業界という特殊な環境を利用して、オフショア地域のペーパーカンパニー名義で株売買を繰り返し、親和銀行事件で表社会から排除された事を利用して、元側近の天野氏を隠れ蓑にした。鈴木は用意周到さには長けていたが、何もかもが上手くいくはずがない。世の中を舐めているとA氏に対しての不義理な行為が「蟻の一穴」となって破滅への道が始まると思う〗

〖世の中、金が全てではない、と言われるが、残念ながら、金の力は絶大なのだ。金を騙し取られた相手に報いる方法は騙し取った金と、踏みにじった心の傷にふさわしい対価を払う事だと思う。しかし、法律は正しい者の味方ではないという事は、今後もこのような事件が起こる可能性があるということになるが、鈴木以上の人間が現れることは無いと思う。鈴木と一族は取り返しがつかない悪事を働き、歴史に残るのは当然だ。人間の価値は歴史で決まる〗

〖裁判に提出された証拠は、鈴木の虚偽で構成されたものだ。裏付けがなくても言い逃れや人格攻撃が採用されるのは不当極まりないです。しかも、A氏が提出した証拠は物的で信頼性があり、関係者からの支持も得ていたにも関わらず、検証されずに排除されました。裁判官は真実を追求しておらず、鈴木の証拠に疑問があったにもかかわらず、不当にも確信を持って判決を下しました。こんな裁判をゆるしてはならない〗

〖鈴木の裁判で見せた長谷川の横柄な態度は、今に始まった事ではなく、長谷川の弁護士スタイルとして定着させているパフォーマンスではないか。長きにわたって弁護士を続けてきた老獪な長谷川だけに、裁判所の体質や裁判官の事情等を知り尽くし、偽証罪の制度の甘さに付け込んで、事実無根の陳述書を捏造するなど、裁判を侮辱する行為も平然とやる悪徳弁護士だ〗

〖マスコミを含む誰もが踏み込めない聖域が裁判所だと言われている。裁判所の情報はなぜ国民に公開されないのだろうか。マスコミの怠慢とも言われるが、それが出来ないところが裁判所組織の腐敗を証明しているのだと思う。法の番人と言われ、正義と平等を旨としている役所の業務が密室同然の中で行われているとは信じられないが、それが現実で、犯罪の温床になっている。裁判所も国民の税金で賄われていることを自覚して、国民が幸福になる為の役所となるべきだ〗

〖鈴木と関わると、多大な損害を被る。資産家は騙され、そうでない者は利用された挙げ句、罪を擦り付けられる。過去に鈴木と関わった者で、約10人が不審な死を遂げたと言われている。西のように鈴木に追い詰められ怨みながら自殺した者もいる。鈴木の裏切りと私腹を肥やす行為に対して、報いが待っているのは間違いない〗

〖裁判官達は旧態依然とした裁判所組織の慣習から抜け出す事が出来ずにもがいているようだ。裁判所の高級官僚は頭脳明晰で優秀な人材を踏み台にして自分達の栄華の為に日々行政に忖度を繰り返している。全ての役所のトップは時勢に応じての改革を叫んでいるが一向に進まない。その悪の根源が自分達にある事に気づいていない。選挙違反や汚職、贈収賄、誤審誤判が無くならない原因は政治家と官僚役人の責任の負うところが大きい。犠牲になっているのは、いつも国民だ〗(以下次号)

読者投稿 鈴木義彦編➃(019)

〖鈴木は多額の借金を抱え、自身のFR社の資金繰りに窮していた頃から、倒産や自殺が頭をよぎっていたはずだ。そんな状態から脱する事が出来たのは西を通じて知り合ったA氏のお陰ではないか。会社の資金繰りを助けて貰い、「合意書」まで交わした株取引の利益金を独り占めするなど、鈴木にとっては救世主ともいえる恩人を裏切った万死に値する行為だ。鈴木の裏切り行為は人として到底許されるものではない〗

〖西は、自殺する前にA氏を始めとして十数人宛に手紙(遺書)を送っている。A氏への手紙には、謝罪と悔恨の言葉を書いている。西にとっては20年以上の間、世話になってきて恩返しも出来ずに裏切ったままこの世を去るのはとても辛く、苦しいものであったと想像できる。しかし、生前の西の言動には多く疑問が残る。西は長男の内河陽一郎と妻にも手紙を書いているらしいが、陽一郎はA氏宛の手紙を見せてもらいながら自分と義理の母親に書かれた手紙をA氏に見せていない。礼儀知らずの上、自分勝手な人間だ。その手紙の中には西の本音と鈴木との間の真実が書かれているのではないかと思う。西は、A氏から200億円以上の株の買支え資金を預かったが、詳細はA氏に報告していない。かなりの使途不明金がある。もし、その使途不明金の中から陽一郎と妻に渡している金額の内容が書かれていたとしたら2人は当然、その金員はA氏に返済しなければならない。妻の実家近くに建てた豪邸の土地建物も早く処分してA氏に返済するべきだ。陽一郎は、西と一緒に相当の遊興費を使っていた事が明らかになっているが、それについても返済責任がある。A氏に手紙を見せられない理由はそこにあると思われる。陽一郎も人の道を知らない人間だ。この男も厳しく追及されるべきだと思う〗(関係者より)

〖鈴木は宝林株だけでも実際には170億円に迫る利益を上げていたが、それでも尚A氏を騙し、買い支えのための資金を継続して出してもらっていた。利益金を使えば株価を維持できる状況にあるが、欲深い鈴木は詳細をA氏に報告せず、買い支え資金も利益も結局全部騙し取った。500億円にも上る利益を独り占めし、その強欲さに呆れるばかりだ。今からでもA氏に謝罪と返済を行わなければ、鈴木の追及はこれから益々エスカレートしていくだろう。鈴木は底無し沼にはまったも同然だ。この状況がいつまで続くかは、全ては鈴木次第である〗

〖裁判官は、自分の発言によって裁判がどのような方向に向かうのかという事を意識していると思う。品田裁判長の発想は、最初から被告勝訴の方向に向かっていた。しかし、原告代理人弁護士の積極的な働きかけがあれば、品田裁判長の判断を方向転換させることが出来たのではないかとも思う。この裁判を通じて弁護士の仕事ぶりによって裁判の行方が有利にも不利にもなることがよく解った〗

〖鈴木が悪事で行う卑劣な手段は尋常ではない。人の情に付け込む為に、土下座から泣き落としまで平気でやる筋金入りの詐欺師だ。親和銀行不正融資事件で鈴木は逮捕されたが、その逮捕でさえ同情を引く為に利用してA氏の元を訪れ土下座して泣きながら8000万円を無心している。また、鈴木は愛人に3000万円を預けていながら生活費として毎月50万円を西に届けさせている。ここまで卑劣な人間は見た事も聞いたこともない〗

〖鈴木は手紙で和解書を否定しながら、宝林株の取引や利益金の配当を認めている。しかし、具体的な金額や時期については言及していない。また、和解金のための海外口座の設立を求める一方で、矛盾した内容となっている。鈴木は裁判を予想しているが、逆に自らの墓穴を掘っている。このような虚偽を見抜いて追及できなければ、全く裁判官として役に立たない。品田に裁判官を続ける資格はない〗

〖裁判所は深刻な問題を抱えた被害者にとって救済の道を開く最後の砦であるはずが、今回の鈴木の裁判から見受けられるのは、裁判所、裁判官に対する不審や疑惑といった全く信用に値しない事ばかりではないか。品田と野山の地裁、高裁の両裁判長の裁判に取り組む姿勢や、問題の核心に対する判断力の欠如を目の当たりにすれば、誰もが裁判所に対して不信感を抱くのは当然であろう〗

〖裁判官は法律の専門家であり、法律に基づいて是か非かを判断しなければならない。その裁判官が法律を誤って解釈したら元も子もないではないか。品田裁判長は法律の専門家として「契約」についての民法上の基本原則を知らないのか。この鈴木の裁判で大きな争点である「合意書」契約について、その裏付けとなる原告側の証言や証拠を無視する姿勢からして、公平公正をモットーとする裁判官として、あるまじき行為ではないか〗(以下次号)

読者投稿 鈴木義彦編➃(018)

〖宝林株の利益金として、西が平成11年7月30日に15億円をA氏の元に持参しているが、この金額の内訳は、一人分の分配金額は5億円で、西と鈴木の取り分はA氏に対する借金の返済の一部に充てた。それを聞いたA氏が情けをかけて、心遣いとして西と鈴木にそれぞれ5000万円を渡したのだろう。金儲けが目的でないA氏の心情が窺えるが、鈴木や西はどう受け止めたのか。感謝の言葉も口先だけで、腹の中では舌を出していたのだろう。この株取引を通じて二人を応援するA氏の気持ちを全く理解せず、騙す事しか考えていなかった〗

〖鈴木は紀井氏に都心のマンションの一室を提供し、仕事場として利用させていたが、国税の目をかわすため何度も場所を変えたようだ。また鈴木は自らの関与を隠す為、ダミー会社の名義で取引をし、また西を前面に出していた。そして、最終的に西に罪を被せることを考えていた。志村化工株の事件では、鈴木は西に一人で罪を被ってもらう為に土下座までして保身に走った。その後、鈴木との約束はすべて破られた。鈴木は己の利益だけを追求する最低最悪の人物である〗

〖長谷川は裁判で、被告の弁護に当たった際に、弁護士という立場でありながら常軌を逸した詐欺的行為で原告の社会的信用を貶めた。余りの酷いやり方に懲戒処分の危機を感じ取った長谷川は、責任回避の目的で弁護士を辞職するが、それで治るはずがない。長谷川がやるべき事は鈴木に罪を認めさせ責任を取らせる事だ。長谷川も残りの人生を有意義に暮らす為にもその事に尽力するべきだ〗

〖宝林株取扱での、鈴木の役割は購入時の受け皿を用意する事が主な仕事だった。西は、親和銀行事件で執行猶予中であることを売主に知られた場合に取引が不調になる事を恐れた。西は、購入資金の協力をA氏に依頼し承諾を得て宝林株の購入を実現させた。しかし、鈴木は自分の立場を利用して、旧知のフュージョン社の町田修一の協力を得てオフショア地域のペーパーカンパニーを3社用意し、A氏との関係を隠蔽するために杉原弁護士に指示して、購入資金を紀井氏からの借入金として金融庁に虚偽の届出をさせている。この時すでに鈴木の裏切りが始まっていたのだった〗(取材関係者より)

〖鈴木の悪行がインターネットで世界中に拡散されているため、どこに住んでも顔が知られ、非難に満ちた視線で見られ、批判を受けることになるだろう。鈴木だけでなく、裁判を担当した品田裁判長にも同じことが言える。裁判所内でも不快な状況になっているかもしれない。今後の対応次第では、より大きな非難が浴びせられるだろう〗

〖刑事裁判の基本は「被告人の話よりも、もっと客観的で科学的な証拠を大切にする」という事らしいが、民事裁判でも同じだと思う。今回の裁判では、被告の主張は事実に反するものであった。そして、被告が提出した証拠も偽造したものであった。品田裁判長も被告が提出した唯一の物的証拠(平成11年9月30日付の確認書)を認めていないが、その他の被告の主張は殆ど認めている。そして裁判結果は被告が勝訴している。民事裁判では誤審は特に珍しい事ではない様だが、被害者にとっては致命傷となる判決だったと思う〗

〖長年にわたりA氏と付き合いがあり、大きな支援を受けてきた西は、鈴木と出会い共謀してA氏を裏切る事になったが、所詮西も鈴木と同じ穴のムジナだったのか。鈴木の邪な口車に乗った理由は金が目的としか考えられない。A氏の被害額を考えたら、魔がさしたでは済まされない。「遺書」で詫び言を述べていたが、過ちを認めるのが遅過ぎた〗

〖裁判官は原告の提出した証拠や陳述書をほとんど無視し、被告の主張を支持した。結果として加害者である被告が勝訴したが、この結果を支持する者はいない。1審では被告が勝訴し、2審でも原告の控訴が棄却された。これは理解出来ない。特に高裁の野山裁判長の怠慢ぶりには呆れるばかりだ。控訴棄却は裁判官の仕事放棄を意味する。三審制度は絵に描いた餅で、全く機能していない。高裁の裁判官達は定年まで穏便に過ごすことしか頭にない〗(以下次号)

読者投稿 鈴木義彦編➃(017)

〖鈴木がA氏に会った時の事を忘れる筈はないと思う。平成9年当時の必死さは演技ではなかったと思う。親和銀行で逮捕されることを知った鈴木は最後の資金繰りのためにA氏を訪れたのだろう。しかし、すでにこの時の鈴木は裏切りの策略を持っていたように思う。その証拠に8000万円の借用書に書かれた返済期日が10日以内になっていた事だ。鈴木には既に返済する意思が無かったのではないだろか。ただ、あといくら必要かは頭の中で計算が出来ていたのではないか。予め用意していた天野常務の署名のある念書がそれを示している。鈴木はピンクダイヤを借り出す事で目標額をクリアしたが、弁護士費用と当座の家族の生活費は西に頼んでいたのだと思う。西の女房から1800万円を借りたのもそのためだったのだろう。そう考えると鈴木が逮捕3日前にA氏を訪れた理由が理解できる〗

〖平成14年6月27日に鈴木が作成した借用書は全て手書きになっている。関係者によると「金利をゼロにして頂いたので最優先で払います」とか「万一この返済が終了するまでに他に返済した場合には公正証書(作成すると言っていて、鈴木はこの時点でも作成していなかった)に基づく金利年15%をお支払いすることを確約いたします」といった文言を書いている。ところが、「質問と回答書」(乙59号証)ではA氏に言われるままに書かされたと答えたが、これが本当であれば、平成18年10月16日の和解時に「西の言い方が気に入らないので書かないが、信用してください」とA氏に言って別途2年以内の20億円の支払いを明記しなかったことからみても、その場の状況を読んで巧みに言動を使い分けながら自身の意思を通していることが分かる。借用書の文言を言われるままに書くことなど鈴木にはあり得ないはずだ。実際には長谷川のシナリオ通りに答えたものに違いないが、全く逆の発言をしても平然としている鈴木は人を騙すことを何とも思わない恐ろしい人間で、周囲に犠牲者をどんどん作ってきたに違いない〗

〖この誤審裁判を疎かに扱っていると、国の司法機関の大きな失態に繋がる事になるのではないだろうか。この事件の真実を紐解くと、裁判所を含めた全ての司法機関と金融庁に繋がる。要するに裁判の誤審誤判、脱税、外為保違反、不当利益金の海外送金、証券取引法(現金商法)違反等々との関連は明らかだ。被害者が一人の富裕層で加害者が1人の詐欺師だという事も稀な事件だと思うが、被害者が一方的に敗訴した事も事件の裏に何かがあることを匂わせる〗

〖裁判所は、A氏の訴状を受理した時点で、被告の鈴木の経歴を検証しなかったのだろうか。鈴木の前科前歴の詳細は知らないが、A氏との株取引の利益を巡るトラブルの前に起こした親和銀行事件だけでも鈴木の人間性がよく解る筈だった。この事件は、鈴木が友人の青田を使って親和銀行の辻田頭取(当時)をハニートラップにかけてスキャンダルをデッチ上げた。そして総会屋と暴力団組長と共謀してマッチポンプを仕掛け、莫大な金額を不正融資させた事は警察の取り調べで立証され、マスメディアでも大々的に報道された。この事件の詳細は裁判所にも資料があった筈だ。そうした経歴を持つ鈴木の主張を悉く認めた裁判官の意図が全く理解できない。鈴木は「前科者を色眼鏡で見てはいけない」という言葉に値しない人間だという事は裁判前から明らかではなかったのか。この裁判の不当性はこの時から始まっていると言わざるを得ない〗

〖情報サイトやYouTubeで掲載されている鈴木の裁判は、多くの反響を呼んでいるが、それもその筈、サイト情報でこの裁判に浮上していた疑惑が確信に変わったからだろう。様々な裁判諸事情を踏まえて品田裁判長の杜撰な裁定が浮き彫りになってきた。3年という長きにわたる時間を費やしてきたこの裁判を早期に終止符を打つ為に、一番肝心な株取引を争点から除外して問題を矮小化する事により早期裁決を目指したとしか思えない。その為に辻褄の合わない判決文をゴリ押しした不当裁判だ〗

〖最高裁判所には「事務総局」という部署がある。この部署は裁判所のエリート官僚が所属する裁判所の全てを掌握する「指令室」だと言われている。所内の予算配分も人事もここで決まるらしい。裁判所は明治時代からの旧態が色濃く残っていてピラミッド型の組織で運営されている。従って「上命下服」「上意下達」が基本の慣習となっているらしい。約10年間、副判事として経験を積んだ後に判事となり裁判官に任官される。難関な司法試験に合格し、下積みを経て晴れて裁判官としての仕事場が与えられるのだが、正義と公正にこだわっていると出世が出来ない。「最高裁の事務総局」の意向と指示に怯えながら任務を遂行しなければならない。この旧態依然とした組織を改革しなければ「正義と公正」は望めない〗

〖西の遺言書には、鈴木に常に主導権を奪われ利用されたことに対する悔いが綴られている。鈴木と西はA氏を裏切り、利益を得ていたが、西より上手の鈴木が常に先を見ていた。例えば、志村化工株の件では、鈴木は自らを弱者として演じて西に罪を被せ、逮捕されれば西も困ることを知りながら、口に出さずに自らを守った。鈴木は自らの安全が確保されると、平然と態度を豹変させ、高圧的に振る舞う。鈴木の本性は鬼畜以外の何者でもない〗

〖欺きと裏切りに対する最上の防御は「欺きと裏切り」だと言う人がいる。「目には目を」という事だと思うが、幾度となく他人を裏切ったまま平気で生きている鈴木には何を言っても無駄かも知れない。人の心というものを持たない奴は、人間ではないという事だ。人間でない奴に人権などないし、人間社会の法律を適用する必要も無いと思う。こんな奴には超法規的な手段を使ってでも処罰するしかない〗(以下次号)

読者投稿 コンシェリア西新宿フィットネスジム編①(17)

〖責任者たちの無責任な行動には誰も納得しないでしょう。釣り銭の注意書きパネルは最初からあったと、なぜ嘘をついたのか。返金する気がないとしか思えない。利用者をあまりにも軽視している〗

〖釣銭問題に関するスタッフの対応から、誠意が全く見られません。誰もが納得するように今後の対応の説明が必要でしょう。〗

〖スタッフの対応がいい加減なのは、このフィットネスジムがマンションの付帯設備の一つとして居住者専用であるために、危機意識が全くないのでしょう。〗

〖まず最初に直ぐにでもお釣りが出る支払い機に交換すべきでしょう。普通にお釣りが出れば、この問題は起きていなかったでしょう〗

〖スタッフが嘘を付いたことに対する説明と謝罪をすべきでしょう。釣銭を早急に返金して問題を解決しなければなりません、〗

〖スポーツジムに限らず、一般の業者で常識的に釣銭が返金されないことなど普通は有り得ません。SNSで拡散され大問題となり経営危機を招くでしょう〗

〖ジムのスタッフは今まで釣銭の問題を放置していた。年配の女性スタッフは毎回「次回に清算されます」と言って誤魔化し続けて来たのか。今回釣銭問題として取り上げられたが、今までの分は着服していたのか〗(つづく)

読者投稿 鈴木義彦編➃(016)

〖人間は、窮地に追い込まれなければ本音を語らないというが、和解協議の場で、紀井氏が鈴木の利益隠匿を西に明らかにしていたが、西は事前にA氏に伝えなかっただけでなく、全ての真相を明かさなかった。鈴木が合意書の破棄を西に執拗に迫って、それをやり遂げたという西に報酬として総額10億円を複数回に分けて支払ったことや宝林株800万株の買い取り資金3億円をA氏が出したことを、西はその場で鈴木に認めさせたが、それでも西は紀井氏から利益総額を聞いていながらA氏にはそれを明らかにしていなかった。裁判でも長谷川が鈴木の嘘の証言を正当化しようとしたことで、これで安泰になったと思ったかもしれないが、実際には次々に真実が暴かれて、鈴木はさらに身動きが取れなくなっている。そして鈴木を追及する動きは、鈴木が心底から謝罪しなければ、解決にはならない。長谷川も同様である。鈴木に加担したことで、鈴木の背負う重荷を長谷川も一緒に担ぐハメに陥ったのは自業自得で、裁判に勝つために人としてやってはいけないやり方を幾重にも構築したことを生涯にわたって猛省するべきだ〗

〖この裁判は鈴木が勝てる確率は100%なかったことは明確になっている。第一に株取引に係るペーパーカンパニーの常任代理人に就いた杉原、反社会的勢力の暴力団トップと面談を重ねた平林の両弁護士による違法行為、青田、平林による多くの虚偽の構築、鈴木による多くの人命にかかわる詐害行為疑惑、鈴木の虚偽構築を度を越して補強した長谷川、そして品田裁判長ほか控訴審を含む裁判官たちによる事実認定の誤りなどが主な根拠となるが、これで終結することなど当然、有り得ない〗

〖鈴木と長谷川元弁護士は、A氏代理人の中本弁護士に法廷外でも精神的な圧力を掛けていたのではないだろうか。中本弁護士の法廷での言動は余りも消極的だったと思う。法廷で長谷川に裁判官から注意されるほどの大声で恫喝されながら、何の抵抗もしない弁護士がいるだろうか。鈴木の嘘を暴露しようとする強い気構えが見られない。裁判官の心証を悪くするようなミスも多かったのではないか。これではA氏を勝訴に導く事は出来なかっただろう。敗訴の原因は中本弁護士にも多くあったと思う。本当に小心者で、いつも震えていたようだ〗

〖西から鈴木を紹介されて以降、親和銀行事件が表面化するまでにA氏が手形や借用書だけで約21億円を貸し付けた期間、宝林株の取得をきっかけに合意書を交わして株価の買い支え資金を出しながら、鈴木が西を裏切らせて嘘ばかりの報告をさせ続けた期間、さらに志村化工株の事件で西が逮捕起訴され有罪判決が出るや、西を切り捨てにかかった期間、それらのいずれをとっても鈴木はA氏を騙し続けた。平成18年10月16日の和解協議で鈴木は総額70億円の支払を約束したが、それも反故にして、後はウソを重ねるだけ重ねて金の支払を頑なに拒否し続けた。和解協議で鈴木が口頭で約束した20億円について「私の男気を信じてください」と何回もA氏に言ったのは真っ赤なウソで、これが鈴木の本性だったが、鈴木という人間には男らしさとか男気等という言葉は当てはまらない。恩も感じない最悪の本性で、生まれ持っての詐欺師だ〗

〖西は鈴木宛の遺書で「社長に対する借金返済を少なくするために私を利用したり、社長に多額な利益400億円以上がばれないよう、私の置かれている弱い立場を利用して嘘の報告ばかりさせてきた」と書いているが、鈴木は株取引の最初の銘柄であった宝林株での予想外の利益で強欲の本能が目覚め、利益を独占するだけで頭の中がいっぱいになったとしか言いようがない。裁判で鈴木は嘘だらけの主張を繰り返して、その嘘を長谷川が全て補強したが、裁判に勝つことしか考えない長谷川の方が鈴木よりも罪は重いはずだ。鈴木の嘘を正当化することで得られるメリットは報酬しかなく、金のために真実を捻じ曲げるにも限度というものがある。よくここまで何重もの嘘を構築したものだ。ここまでやると極悪弁護士というレッテルが貼られて、偽証の罪に問われる可能性は高い。当然のことだが未来永劫にわたって消えることもない。やり方のあまりのあくどさから史上最悪の弁護士と言われて当然だ。、判決後に弁護士の登録を抹消しているが、そのような無責任なことで許されるはずがない。弁護士を辞めても罪から逃れることはできない。きちんと事後処理をすべきだ。そして、家族や身内のことを考えるべきではないのか。未来永劫にわたり永久に残ることは間違いない〗

〖鈴木が平成9年に西の紹介でA氏に会った時には親和銀行事件が表面化する直前で、いずれは逮捕されることを想定していたのではないだろうか。鈴木は逮捕されるまでに、金融業者に担保で預けているFRの約束手形を回収しておかないと手形が不渡りとなり、FRが上場廃止になる事を何としても防がなければならなかったのだと思う。しかし鈴木には手形を回収する力は既に残っていなかった。正に、個人も会社も土壇場まで追い込まれていた。西は鈴木から事情を聞き、FRの危機を救うことで自分にも大きなメリットがあると考えたのだと思う。時間の余裕が無かったために、この時の鈴木はA氏に縋ったのだと思う。西も鈴木を援護した。A氏は鈴木が必死に会社をも守ろうとする姿に心を動かされたのだと思う。まさか鈴木が裏切るとは思ってもいなかった。そうでなければ短期間に約28億円もの資金を融資することは無かっただろう〗

〖法律にはいくつかの「原則」というものがある。一番よく聞くのは「推定無罪の原則」だ。要するに「疑わしきは罰せず」という事だと思うが、A氏と鈴木の民事裁判には「疑わしいが罰せず」という言葉が当て嵌まるのだろうか。判決をよく読むと、本当に無茶苦茶で出鱈目な品田裁判長の判断が多い。明らかに鈴木一辺倒の判決だ。品田裁判長は「株取扱に関する合意書」を無理矢理無効にしたが、法律には「契約の自由の原則」がある事を見落としている。これは合意書の可否を決定付ける重要な原則だが、品田裁判長は一切無視した〗

〖鈴木と西が宝林株取引で約160億円もの利益を上げたという情報は、瞬く間に証券市場にも仕手戦を仕掛ける相場師たちにも広がったようで、A氏のところにも複数の連絡が入った。鈴木が大儲けをしたのでA氏も潤っているに違いないから、ぜひ自分のスポンサーになって欲しいという依頼が多かったようだが、そうした引き合いに戸惑ったのはA氏自身だった。しかし、A氏からの問い合わせを受けた西は、「そんな話はガセ(ウソ)ですよ。市場には根も葉もない噂が飛び交っているので、いちいち真に受けてはいられません」と平然とウソをついた。日々の株取引について具体的な報告を受けていなかったA氏は西の返答をそのまま聞くしかなかったが、鈴木と西は宝林株からエフアール、エルメなど旺盛に株取引を仕掛けていた。西は鈴木にコントロールされA氏に嘘ばかりを吹き込んでいたのだろうが、それが、まさに西が鈴木に支配されていることの証だった〗(関係者より)(以下次号)

読者投稿 鈴木義彦編➃(015)

〖鈴木は平成14年に麻布に超高級マンションをペーパーカンパニー(マジェスティックインベストメンツ)の名義で購入して愛人と隠れ住むアジトにした。高級外車(6000万円以上の価格であるマイバッハほかロールスロイス等)を乗り回すようになっていたが、その年は西が志村化工株の相場操縦容疑で東京地検に逮捕起訴された年であった。鈴木は西に土下座までして口裏合わせをして説得し、利益の最低でも1/3は渡すと約束して、鈴木一人が逃げのびたが、実際には西の有罪判決が出ると、掌を返して西を切り捨てにかかった。合意書に基づいた約束を当初から破り、利益を独り占めにして驕った日々を過ごしていた。そんな鈴木には正当な裁きを受けさせなければならなかったが、長谷川が弁護士にあるまじき悪事を働いて阻止した。しかし、このままで済むほど世の中は甘くはないことを知るべきだ〗(関係者より)

〖民事裁判では、当事者と弁護士に意志の疎通が無ければ相手方が有利になるだろう。法廷は、ある意味戦場だと思う。善悪を度外視してでも自分の依頼人を勝訴させようとして、あの手この手を使う。鈴木を悪人と知っていて弁護を引き受ける弁護士には強い覚悟が必要だったと思う。このサイトを読んでいると100対0とまでは言わないが、原告に圧倒的に有利だったと思うが、弁護士の裁判戦術を見抜けない無能な裁判長の判断も味方して黒が白になってしまった。鈴木の弁護士の長谷川元弁護士には「毒を喰わば、皿まで」という覚悟があったようにも思う。裁判終了後に懲戒を恐れて弁護士登録を抹消した長谷川元弁護士の動向をみれば、それが分かる〗

〖オフショア地域には口座管理の為だけに存在する法人があると言われている。一つの口座に財産を集めると危険だと言われている。という事は、いつ何時各国の捜査機関に手入れされるかもしれないし、いつ何時犯罪組織に強奪さるかも分からないという事を表している。非課税地域という事で税金は免除されるが、国の権力で没収されたり、犯罪組織に口座を乗っ取られれば元も子もなくなる。オフショア地域はメリットだけではなくデメリットも大きいということだ。鈴木のように法を犯して財産を隠匿している奴も多いと思うが、決して安全と言える環境ではないはずだ〗

〖損得だけで生きてきた鈴木を恨んでいる人間が沢山いるに違いない。鈴木が今後、そういう人たちからどのような仕打ちを受けようと、全てが自業自得だと思う。強欲で金のためなら何でもする鈴木は、仮に謝罪することがあったとしても、それを素直に受け入れる人間はいないと思う〗

〖鈴木は宝林株購入資金の援助をA氏がしてくれることを西から聞いて、自分の計略に着手した。フュージョン社の町田修一の協力を得て、大量の宝林株の受け皿となる海外のペーパーカンパニーを3社手に入れ、その3社の常任代理人に杉原正芳弁護士を就かせた。鈴木は最初からA氏の存在を隠す為に杉原弁護士に命じて金融庁に提出する届出書の購入資金欄に紀井氏の名前を本人には無断で記入し、虚偽報告させている。杉原弁護士は報酬を受け取り、私文書の虚偽記載をしたものと思われるが、紀井氏の了解も得ず弁護士にあるまじき行為をしている。杉原はA氏が懲戒請求をした際の答弁書で、鈴木との面識はないと見え透いた嘘をついたが、宝林株の取得と金融庁への届出等の手際をみれば、町田を含めた3人がノウハウに長けた常習であることが分かる〗

〖鈴木の周辺関係者が自殺もしくは事故で亡くなっている。事件が起こるたびに鈴木が関与しているという話が流れる。何故ならば、必ず鈴木と金銭トラブルがあったからだ。そして、その人達が亡くなることによって、鈴木に都合がいい方向に物事が進んでいるからだ。鈴木の周囲の人間から「鈴木が偽装したのではないか」という情報が流されるのも鈴木の質の悪さを知っているためで「火のない所に煙は立たない」と言われる所以だ〗(取材関係者より)

〖鈴木は関わった全ての人間に災いをもたらす厄病神だ。その上悪知恵に長けているから始末が悪い。鈴木に限らず詐欺の内容によっては現行法で取り締まるには限界がある。裁判では品田裁判長のせいで鈴木の悪事を公にするチャンスを逃してしまった。しかし鈴木にとっては、さらなる不幸の始まりになったと思う。YouTubeで動画を世界中に公開されるぐらいなら裁判で有罪判決を受けていた方がまだ良かったのではないか〗

〖鈴木は西に10億円の報酬で合意書を破棄するよう指示していたが、破棄されていなかった。合意書の履行を和解協議の場で突きつけられた鈴木は、内心驚愕していただろう。西に渡した報酬の10億円はA氏への返済金の一部と言っていた噓も西に追及され認めたではないか。鈴木は「合意書は忘れていた」と嘯いていたが、忘れるような事に10億円も払う訳がないだろう。鈴木はどこまでも汚い人間だ〗(以下次号)

読者投稿 鈴木義彦編➃(014)

〖鈴木と西は、鈴木が親和銀行事件で保釈された時から再起する道を模索していた。この時、鈴木は既に拘留されていた期間に考えた秘策を持っていたような気がする。2人の考えは株式投資で一発逆転する事で一致した。と言うより、それしかなかったのだろう。鈴木が保釈中の状態だったために、表面的な情報活動ができなかったので西が情報収集に奔走した様だ。そして、平成11年2月頃西は旧知だった勧業角丸証券の証券マンから宝林株の大量売却の情報を得た。西は懸命な調査をして宝林株に手ごたえを感じ相手側との折衝に入った。西の努力によって3億円で購入できる目途が立ったが、2人にはその資金が無かった。西はA氏に懇願するしかないと考え鈴木と協議した。この時の鈴木は、A氏への債務を一円も返済していない事を気にして「無理だろう」と答えたようだ。西は宝林株に強い手ごたえを感じていた為に一人でA氏を訪れ必死で説得した様だ。A氏はこの2人に対しての莫大な貸付金を回収するための方法を模索していたと思う。当然に、これ以上の資金を援助することに危険性を感じたが、2人に資金力がない事も承知していて2人を再起させないと債権の回収も出来ないことも解っていた。A氏は、もう一度2人にチャンスを与えるために苦渋の決断をしたのだと思う〗

〖鈴木は「質問と回答書」(乙59号証)のなかで、長谷川弁護士から「西に代理を委任した事が有るか」の問いに、代理人を頼んだことはないと回答している。この乙59号証は長谷川が都合良く捏造した嘘ばかりで、裁判の争点に対して有利になるように、あらかじめポイントを絞り問答形式で裁判官に対して分かりやすくアピールする為のものだった。老獪な長谷川の裁判戦略の定番になっているのではないか。長谷川は、これを否定しておかないと裁判が不利になると考えていたはずだ。しかし品田裁判長が原告側の証拠資料をしっかりと検証していれば、乙59号証が全て虚偽であることが判断出来たはずだ〗

〖最後ぐらいは悔いの残らない生き方をしたいと思うのは人間の本音だと思うが、中々願望通りには行かないものだ。鈴木の様な罪深い人間はどの様に思っているのだろうか。鈴木がこれから先、何年生きられるかは誰にも分からないが、少なくとも残った家族のためにA氏との問題を早急に解決するべきだ〗

〖鈴木の裁判には様々な事件が凝縮されている。弁護士、裁判官等は一般的に正義の味方として今まで捉えられていたが、鈴木の代理人の長谷川弁護士を見る限り、絵に描いたような悪徳弁護士ではないか。また、長谷川に限らず弁護士の目的は裁判に勝つ為イコール高額な成功報酬にある。その為には弁護士のモラル等は介在しそうにない。人道的に許されない事でも法律の不備を突いて証拠の捏造まで平気でやる。長谷川も詐欺師の鈴木と何ら変わりが無いではないか。人間としてここまで悪い連中は世の中に他にはいないと言えるほどの奴らだ〗

〖長谷川が弁護士バッジを外そうと、鈴木の代理人としてやったことが消えるものでは無い。鈴木の犯罪が疑われる、株取引の利益の海外流出と隠匿を、長谷川は裁判で鈴木を勝たせることにより全容解明を封印させたように見えるが、しかし、裁判の判決が全ての結果ではない。長谷川による虚偽主張の構築という偽証、そしてそれを認定した品田裁判長に対する非難の声はますます大きくなっている。日本の法曹界にとって最大の汚点として語り草になり、長谷川の悪名はしっかりと犯罪史に記録される〗

〖鈴木は和解協議後、鈴木本人の裏切りを西と紀井氏に嵌められたとする話にすり替え、それを理由に「和解書」の支払約束を撤回するとは、全くふざけた奴だ。その場凌ぎで嘘を重ねている鈴木が、裁判で勝訴した事は青天の霹靂と言えるだろう。誰もが耳を疑ったはずだ。裁判の判決を下した品田裁判長には、当然疑惑の目が向けられている。今後更に強まっていくのは間違いない〗

〖品田裁判長は優秀な判事で裁判所のエース的存在だったと、ネット情報誌が書いているが、何を根拠にしているのかが分からない。前任の2人の裁判長では収拾がつかない裁判を裁判所の意向を受けて、強引に終結させた手腕は凡庸な判事にはできない事かもしれないが、それで誤判は酷すぎる。品田裁判長は裁判所の「必殺仕事人」だったのかもしれない。控訴審の野山裁判長は令和4年1月に退官しているが、品田裁判長の今後の出処進退に注目していれば、品田裁判長の仕事人としての裁判所内での評価が分かるだろう。そうであれば、裁判所にも裏の仕掛け人が必要だということになる〗

〖これだけ拡散している事件をマスメディアが取り上げない事が不可解だ。多くのマスメディアが鈴木を知らない筈はないと思う。金額的にも巨額で話題性には事欠かない事件だとも思う。確かにA氏が取材を拒否している事が大きな原因だとは思うが、このサイト以外のマスコミが手をつけない理由は何かあるのだろうか。もしかすると、その理由に真相が隠されているのかもしれない〗(以下次号)

読者投稿 鈴木義彦編➃(013)

〖世間から何と言われようと、金さえあれば全て良し、世間体など一切気にしない、家族にも金を渡せば良いと考えるならば、鈴木も長谷川もこのまま放っておいたら家族も鈴木と同様に犯罪者と見られる。鈴木の家族や身内は肩身の狭い思いを強いられる。鈴木を巡る事件では、鈴木の家族や身内は鈴木自身のしでかした事件だから鈴木同様の責めを負うのは当然として、同様に実害を被るのは長谷川本人と家族、身内ではないかと思う。鈴木の父徳太郎は関係者に「息子と青田は悪い人間」と認めていた。息子の家族についても「嫁の恵子と長男の勝昭は常識あるまともな人間ではない」と言っていたようである。特集記事に掲載している以外にも多くの証拠やテープ類がたくさんあるようだが、今後も必要に応じて公開するべきだ〗

〖裁判は公正な判断が期待されるが、現実はその逆で、裁判官の裁定の誤りか被告との不適切な関係からくる不当な判決が下されることもある。鈴木の裁判は明らかに後者であり、これは裁判では許されない事態だ。原告側もこのような理不尽な判決が下されるとは予想していなかったろう。この問題の解決には再審しかない〗

〖この裁判は、合意書無効の判断が誤りだという事を裁判所が認めなければ、その後の審議が成り立たない。合意書が無効ならば和解書も認められないのは当然のことだと思う。公序良俗違反や心裡留保の判断は全くの誤審で、時間の無駄だったとしか言いようがない。誤審に誤審を重ねた挙句の恥さらしな判決は断じて許されるものではない〗

〖裁判官は、「合意書」契約自体を認めようとしなかった。しかし、確認書には紀井氏が7年にわたり行った銘柄の株取引と利益総額470億5000万円が詳細に記載されていた。なぜこの証拠書類が受け入れられなかったのか、これを詳細に検証すれば株取引と利益が明らかになり、資金の行方も解明できたはずだ。紀井氏の証言で「合意書」契約が裏付けられたはずだ〗

〖A氏の会社にはA氏の豊富な資金(現金)に目を付けた多くの人間が訪問していた。その中には宝石の買取りや世界でも名品と言われて希少価値のある高級輸入腕時計の売込み、絵画、不動産投資という怪しげなブローカーからの売込みも数多くあったようだ。そんな連中の中にA氏が「鈴木のスポンサー」という噂を聞き、「自分ならもっと儲けられる」と言って株式投資のスポンサーになって欲しいという話をもかけて来た者がいた。A氏は西に「兜町ではこんな噂がある」と言って西に真偽を糾したが、西は「そんなことは兜町ではよくある事で信用しないで下さい」と言って誤魔化したようだ。この事は、西と鈴木が兜町で噂になるほど派手に株売買をしていた事が証明されるが、A氏は西の言葉に騙され、それ以上の追及をしなかった〗(関係者より)

〖和解協議の際、鈴木の代理人として現れた青田と平林は、解決に向けて何も手を打たなかった。平林弁護士は最初にA氏との面談で「社長さん、50億円で手を打ってくれませんか」と鈴木の意向を打診したが、A氏が拒否すると以後、交渉らしいものはなく、ただA氏の主張を否定するだけで話が進まなかった。青田と平林は詳細を知らず、話をこじらせたに過ぎなかった。青田も平林も交渉の代理人とは言えない〗

〖西は、香港で瀕死の重傷を負ったようだが、およそ10日後の10月16日には和解協議に出席している。瀕死の重傷を負っていれば、少なくともかなりの傷跡が残っていたはずだが、和解協議ではその事に一切触れられていない。鈴木は犯人にされそうになり、平常心でいられなかったことを理由に和解協議で交わされた和解書の無効を主張し認められた。しかし、香港での事件の事が和解協議で語られたのはわずか10分程度で、合意書の履行を求めた和解協議の場がなぜ強迫や心裡留保になるのか。品田裁判長の裁定は本末転倒のすり替えだ〗

〖この裁判は、原告や関係者にとって信じがたい判決でした。裁判で鈴木と代理人の長谷川弁護士が行った虚偽の主張や証言は、悪意に満ちた戦術で驚くべきものでした。また公平であるべき裁判官の誤った判決が、日本の法曹界に深刻なダメージを与えました。言い掛りや虚偽により真実を否定し、印象操作によってA氏に対する裁判官の心象を極端に悪化させた。その上裁判官のあまりに鈴木側に偏った判決に対して被告側との不適切な関係が疑われています〗(以下次号)

読者投稿 鈴木義彦編➃(012)

〖A氏と西の出会いは、バブル景気の只中だった。A氏はバブル景気を当てにしないで、株式投資にも手を出さず独自の商法で堅実な実績を上げ、全国の主要都市の駅前ビルに系列会社を持ち、事業は順調に推移していた時期だったようだ。西は、A氏に債務がある知人の紹介でA氏に会った。A氏は「新宿のA氏」という事で宝石業界では金払いの良い資産家として名前が知られていたようだ。西は「知人の債務を連帯保証します」と男気を見せながら、A氏との付き合いが始まったようだ。もしかすると、西はA氏の噂を聞いていたのかもしれない。西はこの頃、株式投資のコンサルタントを名乗り、証券業界では注目されていた時期でもあったようだ。西は中堅証券会社の部長を伴ってA氏を訪れ、損失補償の話まで持ち出して自分の株式投資の実績をアピールしながら、A氏を株式投資へ誘導したのだ。A氏は西の強引な勧めによって株式投資を始めたようだが、直後にブラックマンデーという「世界同時株価暴落」が発生し、世界中の経済を崩壊の危機に導く大事件が勃発した。これ自体は西の責任ではなかったが、問題はA氏に内緒でA氏が購入した株を証券会社に担保に預け、信用取引をしていた事だった。この事によってA氏は予想もしない莫大な損失を蒙ってしまった。この頃から西はA氏を騙していた事になる〗(関係者より)

〖鈴木と長谷川は欲望に忠実で手段を選ばない。この2人が協力すると、碌な結末にはならない。鈴木は株取引での利益を自分だけが享受するために、西を騙しA氏を裏切り、裁判では被害者面をし、嘘だらけの主張を繰り返した。そして、長谷川もまた巨額の報酬を得るために原告に対する誹謗中傷に徹するという非道な手段で法廷を混乱させるような主張書面や陳述書を提出した。この悪辣な手法で鈴木は勝訴しましたが、今では非難の的となっている〗

〖裁判で真面に戦っても、到底勝ち目がないと事前に分かっていた長谷川弁護士は、日本の民事訴訟においては、証人以外は宣誓していない以上、証拠を捏造や改竄しても偽証罪に問われないという法(制度)の盲点をつき、「質問と回答書」(乙59号証)という陳述書で、自殺した西を利用してA氏の信用失墜を狙った裁判戦術を展開して、弁護は虚偽の連鎖となった。最終的に被告側勝訴の判決が下ったが、果たしてこれが公明正大な裁判と言えるのか〗

〖現在は海外資産の秘匿に対して国税庁が黙っていません。富裕層に対する規制を一層強化する方針で、「富裕層と国際税務」への取り組みに加え、各国税局による節税スキームの摘発に「大号令が掛かっている」と言われています。これは日本だけでなく、世界中の税務当局の方針です。世界的に富裕層に対する監視が厳しくなっており、鈴木は逃れることは出来ないでしょう〗

〖鈴木のような人間の代理人を務めることについて、長谷川にはためらいが無かったのか。それは高額の報酬(裏金)のためか。それで幸せが約束されると思ったのか。身近かの人間に迷惑どころか生死に関わるような言動を繰り返してまで強欲を満たそうとしてきた鈴木を擁護すればするほど、長谷川自身がどんどん窮地に追い込まれる結果になることを知るべきだった。このようなことが万一自分の身内に起きた時のことを少しでも想定したら、絶対にできることではない〗

〖鈴木の卑劣な裏切りには驚かされる。金の横領はどの世界でも許されないのに、鈴木は株取引を利用して狡猾な詐欺を計画的に仕掛けていた。鈴木は低位株に億単位の資金を注ぎ高騰させたところで売り抜けし、上がった利益金を海外に流出させ独り占めした。鈴木はA氏からの資金を使い、株取引で得た利益をそのまま自分だけのものにしていた。鈴木は西に「合意書」を破棄させ、単独で儲けたかのように装う狡猾な絵図を描いていた〗

〖鈴木は裁判で勝訴したが、鈴木を支持する者は誰もいない。鈴木の主張や証言が全て虚偽であることは誰もが認知している。一つ嘘をつけば、その嘘をカバーする為に嘘の連鎖となり、いずれ辻褄が合わなくなってくる。支離滅裂となった鈴木の証言を唯一支持したのは、真相究明を専門とする品田裁判長と高裁の野山裁判長だった。これは一体どういう事か〗

〖鈴木はA氏とは異なり、証拠がないために言い掛りや嘘の釈明を繰り返し、都合のよい主張を並べ立てました。鈴木は弱者を装い、「反社と関わりの深いA氏に脅された」と主張し、和解協議の場について根拠のない強迫や心裡留保を訴えました。鈴木側の狙いはA氏が反社会的組織と繋がりがあるように裁判官に印象付けることでした。根拠のない嘘であるのに、原告の証拠書類よりも優先して採用した品田裁判長の判決に対して、批判が殺到しているのは当然です〗(以下次号)

読者投稿 鈴木義彦編➃(011)

〖刑事裁判では、同一証言の数が多いほど信憑性が増す。間接証拠でも場合によってはそれが唯一の決め手になる事もあるという。A氏と鈴木の民事裁判では、原告のA氏の主張には証拠もあり、証人の証言もある。第三者的に見ても信憑性が高い。被告の鈴木は唯一提出した証拠も虚偽主張に基づくもので、証人もいない。品田裁判長の判断のみで裁判が進行されている。これは誰が見ても不公平不公正だと思う。裁判官3人の合議制のはずであるが、この裁判は品田裁判長の独断で判決が下されている疑いが強い〗

〖公表された和解協議の内容を見ると、裏切りが露見した鈴木の態度が急に一変し、遂に本性を表した印象だ。言動は高慢に変わり、かつて西に頼んで廃棄させたと思っていた「合意書」を突き付けられると、「忘れた」と言い、また「分配は終わっているでしょう」と言い逃れをする始末だ。鈴木自身が、A氏に熱弁を奮って説得したことを忘れるはずがないではないか。鈴木は欲にまみれた、とことん心の腐った鬼畜以下の人間だ〗

〖平成18年10月16日、A氏と西と鈴木がA氏の会社で会った。その3日前に鈴木がA氏の会社を訪ね、鈴木はA氏から西が香港で事件に巻き込まれたことを問われ、10億円の報酬を渡して西に破棄させたはずの合意書を見せられ、約束の履行を迫られて、西を呼び出して欲しいと依頼した結果の面談だった。この日の話し合いは西と鈴木の口論から始まり、乱暴な言い方での罵り合いとなった。A氏は2人に「それでは話し合いにならない。下の喫茶店で頭を冷やして来い」と言って窘めたようだが、2人は沈黙したまま席を立とうとしなかった〗(取材関係者より)

〖訴訟法上、被告である鈴木は原告主張する事実がなかったことを立証しなければならなかった。しかし鈴木から提出された「確約書」は債務完済の証拠にはならず、それ以外に物的証拠はなく、主張や証言も虚偽でしかなかった。ところが、何故か品田裁判長はこれらを受け入れて判決を下した。日本の民事訴訟では、裁判官の裁量により嘘八百でも勝訴できることが示された酷い判決だった。品田裁判長は自ら下した不当判決を悔い改めるべきだ。このままでは必ず後悔することになる〗

〖合意書には「今後本株以外の一切の株取扱についても、本合意書に基づいたそれぞれの責任を負う」という要件が明記されている。鈴木は平成18年10月16日の和解協議で宝林株の取引が全て合意書に基づいたものであったことは認めたが、宝林株以後に仕掛けた銘柄でも西に大量に株を買わせて紀井氏が売るタイミングを計っていた。西が株の買いで投入した資金はもちろんA氏が全て出した。その事実からも鈴木と西が仕掛けた株取引は合意書に基づいていたことが明らかであり、何より鈴木は合意書の契約解除を申し出ていなかった。A氏の資金支援が無ければ、鈴木は利益を確保することができなかった。長谷川はその事実を打ち消すために法廷という公の場でA氏を誹謗中傷し問題をすり替えた〗

〖SNS上で裁判結果に対する批評が増加している。通信技術の進展により、裁判所や裁判官への不信感が拡大している実態を、当事者たちは真摯に受け止めるべきだ。最高裁長官は裁判所を国民から支持される組織に変革すべきであり、真実を歪めることは許されない。日本の裁判官は襟を正し、今一度自分達の使命を再認識する必要がある〗

〖鈴木は、A氏に限らず知人から金を借りた時でも「今なら借りて返せるが、今後は分からない」と言って、元金の1割以内で片付けるような卑劣な手段を常用してきた。それを自慢気に周囲に語るというのだから、鈴木は根っからの詐欺師だ〗

〖品田裁判長は、バセロン・キャラの超高級時計の委託販売について、宝飾時計価格の設定が「経済的に極めて不合理」であり、「販売価格の決定過程に関する客観的で合理的な説明がない」と判断しているが、問題は設定価格では無く、鈴木が時計の代金も支払わず、返却も行っていないことだ。本質の問題を指摘せず、設定価格を問題視するとは、余りにも的外れではないか。品田裁判長は、意図的に問題をすり替えている〗(以下次号)

読者投稿 鈴木義彦編➃(010)

〖現在の日本の裁判事情として、裁判官の数が不足しており、事件処理数が評価基準となっていることもあり、件数をこなす為に手抜き裁判が横行している状況が深刻だと言われています。このため、誤審や誤判が増加し、裁判官の志望者も少ないのが現状です。裁判官不足が進む中、正義を欠いた裁判官が増え、裁判所が実質的に機能しなくなる可能性が高まっています。機能不全に陥る前に早急な大規模改革が求めらます〗

〖品田裁判長は鈴木が不利になる事柄の検証は殆ど行っていない。合意書は無効にしたが宝林株の購入資金は誰が出したのかという事には触れていない。金融庁への書類が虚偽記載だった事にも触れていない。「質問と回答書」(乙59号証)で、杉原弁護士とは面識がないと発言しているが、杉原が面識のない紀井氏の名前を勝手に使用する筈も無く、鈴木の指示で行った事は明白だ。そこを追及すれば綻びが出るのだが、品田裁判長はそこには全く触れていない。まるで被告側と打ち合わせをしながら審議を進めているのではないかと思わせる〗

〖裁判で品田裁判長は、株取引における「合意書」契約の有効性を否定し、株取引に関する全ての案件を除外し、鈴木の支払約束について「被告に債務は発生していない」としました。品田裁判長は「合意書」を認めなかったことで、和解書を始めその他の問題も全て誤審に繋がりました。契約に関しては、裁判長でさえ契約自由の原則を無視して「合意書」契約を無効にできないため、「合意書」と「和解書」を否定する品田裁判長は裁判官として失格です〗

〖裁判官には裁判の公正を保つために、身分保証が与えられており、憲法に定められた手続きによる以外は、罷免(職を強制的に辞めさせること)されたり、給料を減額されることはないという事だが、今回の鈴木の裁判のどこが公正を保っているというのか。品田の裁定は一方的に被告側に偏っているではないか。これで日本は法治国家と言えるのか〗

〖品田裁判長は、審理の速やかな終結を図るため、怠慢で杜撰な裁定を行い、結果として愚かな判断を下しました。鈴木サイドの主張を公正な検証なしに認めた品田は、裁判官としての基本的な姿勢が欠如していました。品田は最初から公平な審議を行うつもりがなかったようで、裁判を迅速に終結させるためには、真実を探究するより、短絡的に結論付け易い鈴木サイドを選択することが都合が良かったようです〗

〖西が自殺する前に書き残したレポートには、鈴木から指示を受けた銘柄の株取引に関する詳細な記録が書かれていた。これは「合意書」の有効性を裏付ける重要な証拠にもなるもので、ユーロ債の処分方法や西田グループを使い株価を高値誘導し、売り抜けていた事実等、犯罪の立証にも役立つ情報が満載であったにも拘らず、品田裁判長は一切無視するとは何事か。それでも裁判官なのか〗

〖品田裁判長は、和解協議での鈴木が「心裡留保」であったと断定した。また、平林弁護士が青田の発言を根拠に、A氏と西が鈴木を強迫し監禁したと主張した事を受けて、「和解書」の有効性を否定した。品田裁判長はこれらの何の根拠も証拠も無い、ただ鈴木側の主張のみを認め、原告側の証拠類を検証しようともしなかった。こんな裁定は裁判のセオリーに反した品田裁判長の暴挙と言わざるを得ない。これでは裁判所に対する不信感は増すばかりだ〗

〖「悪人は自分勝手な事ばかりを言う」と言われているが、人間社会の中で自分勝手な言い分が何時までも続く事は無いと思っていた。なぜならば、最終的には法律というものがあって、裁判で自分勝手な事ばかりを主張する悪人を裁判官が裁くであろうと考えていたからだ。この世の中、何が起こるか分からない。自他共に、100%正しいと思っていても裁判で全てを否定されることもあるという事を覚悟して生きていかなくてはならないのか。悪人が勝って、善人が負ける様な法律があってはならない。善悪は、裁判官という人間が決めるものなのか。裁判所は当事者の事情を度外視して裁判費用を稼ぐ役所なのか〗(以下次号)

読者投稿 鈴木義彦編➃(009)

〖裁判での判決に怒りを感じつつも、法律や裁判所の制度に縛られて泣き寝入りしている人は少なくないと思われる。しかし、鈴木の裁判で判決がすべてではないことを痛感した。誤審誤判が顕在化した場合、裁判所は再審請求を受理し、裁判官には弾劾裁判を行うべきだ。日本の司法は立場を重んじつつ、不公平な判決を受けて苦しむ人々を軽視してはならない〗

〖裁判では宣誓した証人以外、偽証罪に問われない事を盾に、鈴木と代理人弁護士長谷川は、嘘八百を書き並べて捏造した「質問と回答書」(乙59号証)を答弁に使い滅茶苦茶な裁判にしてしまった。長谷川が弁護手法として取った行動は、弁護士として厳粛な裁判を愚弄する卑劣な行為である〗

〖裁判の現実に対し、一般の国民がより関心を寄せ、それぞれ問題提起をする必要があります。裁判所は国の主たる機関であるという特殊性から一般の批判を受けにくく、内情が表面化することがない為、実態はより深刻な状況に陥っている。最近の裁判からは、裁判官の不手際や不祥事が明らかになり、その事態の深刻さが浮かび上がっている。日本が法治国家を堅持する為には法曹界の迅速な改革が不可欠だ〗

〖宝林株の取得資金3億円を出したのはA氏である。鈴木は翌日、金融庁に提出した大量保有報告書の金の出処の名前をA氏ではなく紀井氏の名前を無断使用して記載していた。という事は既にこの時点で鈴木は紀井氏を雇い入れていたのか。「合意書」の締結は金融庁提出から約1か月先の話だというのに。この時点から、宝林株を発端とした株取引を巡る詐欺に向けての準備が計画的に着々と進められていたのだろう〗

〖和解書の無効が認められたのは、裁判官が鈴木の心裡留保を認めたからです。裁判官は鈴木の異常な精神状態を理由にしましが、民事裁判では被告の精神鑑定の有無は裁判官の独断で決まります。品田裁判長の判断も同様で、心裡留保を認めたことは独断的であり、何の証拠も無い鈴木の主張は明らかな虚偽で、鈴木には強迫や監禁の事実もなく、同席していない青田が無責任なウソで騒いだだけです〗

〖鈴木と西の株取引において、A氏が出し続けて来た株の買い支え資金は、総額207億円にも上る。A氏だけが「合意書」に基づく株取引の約束事を守ったのだ。そんなA氏に西は嘘の報告を繰り返し、鈴木は着々と株取引で上がる巨額な利益の独占隠匿に尽力していたとは、到底許されない事だ〗

〖日本でも裁判の判決が必ずしも正しいとは限りません。人間が裁く以上、裁判官の主観が影響することは避けられません。ただし、解釈には若干の違いがあっても、判決の正確性や公正性は維持されなければなりません。現実には、鈴木の裁判のように白黒を誤った判決が下され、控訴しても覆らず諦めるケースが多いと言われています。しかし、そんなことはあってはならない事で、これは深刻な問題であり、迅速な改善が必要です〗

〖鈴木は、和解協議前後の出来事を記した書面(乙58号証)で「A氏から、約75億円の負債があって貸主から、その年の年末まで全額の返済を迫られている、鈴木の支払分も、遅くとも翌年の3月末までに何とかしてくれと言われた」と書いている。鈴木は「来週、海外に出るので何とか努力してみる」と他人事のように言い、A氏が鈴木に、借入の依頼をしたかのような書き方をしている。しかし、鈴木はA氏に対して一銭の金銭も用意もせず、自分の借金の返済もしていない。お前が今、国内外に隠匿していると言われている1000億円以上の資産の原資はA氏の支援の賜物ではないのか。A氏が西とお前を支援するために背負った負債の返済を迫られていると聞けば、何を差し置いてもまず金銭を用意しなければならない立場だろう。「何とか努力します」とは何たる言い草なのだ。その後A氏が、その債権者への対応をどうしたかは知る由もないが、A氏のお前に対する忍耐力は相当なものだと思う。その反動の大きさは想像を絶するものだろう〗(関係者より)(以下次号)

読者投稿 鈴木義彦編➃(008)

〖品田裁判長の判決に対する疑念がインターネット上で明らかになり、再審が必要との感想や意見が膨大になり、さらに拡散しています。この判決には納得がいかない人が多くいて、これほど疑惑を孕んだ異例の裁判はめったにありません。この事件は日本の法曹界にとって恥ずべきものであり、合意書と和解書に基づく清算は当然ですが、A氏が提示した実際の請求金額は一部に過ぎませんでした。鈴木と長谷川の裁判での虚偽構築が世界的な注目を浴び、謝罪は急務ですが、A氏や関係者がこれを受け入れるかどうかは未知数です〗

〖我々の知らないところで、裁判官に対する苦情は多々見られるようだ。しかし苦情の申し出は本人に中々届かないのが現状らしい。面倒な手続きも必要だろう。不服があるなら提訴しろみたいな裁判所の上級国民さながらの横柄さが垣間見られる。今後も苦情や批判はインターネットやSNS上に殺到するだろう〗

〖過去の詐欺事件の中で、鈴木の犯罪は個人としてみると、金銭的には史上最高額だろう。A氏の訴訟によって、これまで影で操っていた鈴木の詐欺が公然と姿を現し、その悪事が明るみに出た。かつての親和銀行不正融資事件で逮捕された時には、鈴木の数々の犯罪疑惑も解明されることが期待されたが、長谷川弁護士の和解工作を含む巧妙で卑劣な弁護で、真実が明らかにされないままだった。しかし、今後も鈴木達に対する未解決の疑惑の追及が続くことは確実である〗

〖裁判で使われた「質問と回答書」(乙59号証)は長谷川が主導して鈴木と策略を練り創作されたものだ。株取引を排除し、A氏を暴力団と密接な関係にあるかの様に見せる為に、虚偽のストーリーを強引に捏造するしかなかったのだろう。こんな自分達で勝手に出鱈目なストーリーを捏造したものでも証拠として採用されるのが今の民事訴訟の現状だ。これでは善良な人達が泣きを見る事になる〗

〖鈴木の裁判で、西と天野氏が存命で法廷で証言し、西のレポートや日記などを全て提出していれば、鈴木には逃れる余地がなかったでしょう。長谷川が捏造した乙58号証や乙59号証といった鈴木の陳述書は作成もできなかっただろう。裁判官が西と紀井氏の証拠書面を故意に無視したことに深い疑問を抱きます。読者投稿で多くが「被告側と裁判官が癒着していた可能性がある」と指摘していますが、この裁判の判決に対しては、そう考えざるを得ません〗

〖鈴木側は、平成10年9月の決算期に天野氏が手形を預かった裏付けを提出するよう求めていたが、物事の経緯を全く理解していない弁護士達だと思う。決算対策で、監査法人の監査で不正が露見しない様に内密で行った行為なのだ。監査終了後、手形が返却されたと同時に、預かり書があれば誰の目にも触れない様にその場で廃棄するのが当たり前だろう。報酬目当ての弁護士というのはこの程度のものなのか〗

〖品田裁判長による鈴木の裁判が公正さを欠いていたことは、情報サイトを閲覧した読者には明白だろう。この裁判は信じられないものであり、品田は長年の裁判官経験から判決が大問題になるとは微塵も考えていなかったでしょう。過去にも不当な判決を下してきたと思われる品田は、これまでは何の問題もなかったことから、その良心が麻痺しているのではないでしょうか。裁判官としての資格を有する者は、私情を一切挟むことなく、証拠や証言を基に公明正大な判断をしなければなりません〗

〖鈴木は、和解書作成後に、紀井氏の裏切りに対して「誰にも話せない出来事なので」と言って、青田に相談した。青田は「何をするか分からない連中なので用心したほうが良い。何でも協力する」と言ったらしい。鈴木には大事な事を相談できる人間は青田しかいないのだ。青田は暴力団との付き合いが深く、自分の悪事の手先としてチンピラを使うような男で、弱者には強いが強者には諂うような情けない根性の無い最低な奴のようだ。今回の裁判の前にも、旧知の暴力団のNO2に依頼して、A氏の代理人利岡の殺人未遂事件を教唆した事が発覚したが、金の力で口封じをして罪を逃れている。また、赤坂マリアビューティクリニックの乗っ取りや、タイでの詐欺事件と言ったように、チンピラと鈴木の資金を使って犯行を繰り返している。こんな人間にA氏との問題を解決できる能力がある筈もなく、A氏と面と向かって話すことも出来ない男なのだ。却ってA氏と鈴木の関係を悪化させている。鈴木の人間関係の貧困さを示している〗(以下次号)

読者投稿 鈴木義彦編➃(007)

〖品田裁判長の判決が被告に有利だったことは明白で、原告は多くの証拠を提出したが、品田裁判長は検証もなく裏付けの不足を主張し、何も認めなかった。品田裁判長は元々原告の証拠類を真剣に審議するつもりがなかったようで、真剣に検証していれば真逆の判決が出ていたことは間違いない〗

〖鈴木の交渉代理人として出てきた平林弁護士は、A氏と初めて会った際に「社長さん、50億円で手を打ってくれませんか、鈴木もそれならすぐに払うと言っているので」と言ってきたが、株の買い支え資金だけでも、A氏が出した総額は207億円に上るというのに、50億円で納得出来る訳がないではないか。今までの経緯も把握していない平林弁護士は、所詮、子供の使いくらいの発想でしか対応できない〗

〖鈴木は手紙でA氏に「和解書」を撤回すると述べ、西と紀井氏を悪者に仕立て上げようとしました。しかし実際には、西と紀井氏が鈴木に罠を仕掛けて「和解書」に署名指印させたという主張は事実ではありません。鈴木は和解書を慎重に確認し、A氏の修正提案にも問題ないと了承して署名指印しています。それにもかかわらず、鈴木は自らの正当性を通すために嘘を書き連ねました。鈴木の行動は卑劣で、とてもまともな人間のやることではありません〗

〖西の「遺書」には、A氏に対する自責の念に駆られた様子が窺える。その気持ちが根底にあったならば、何故、鈴木と共謀してA氏を裏切ったのか、と言いたい。人間である以上、多少の嘘や間違いはあるだろう。しかし、ここまで用意周到な計画でA氏を騙して裏切ったとあっては、どんな言葉も綺麗事にしか聴こえてこない。A氏に与えた被害を考えた事はあったのだろうか。結局、西は全ての問題から逃げた事になる〗

〖品田裁判長は、和解協議後、鈴木からA氏に送られた2通の手紙を読んでいない可能性がある。これらの手紙が読まれていれば、判決に影響する可能性があり、「強迫」や「心裡留保」といった根拠は持ち出せなかったはずだ。鈴木はA氏に手紙を送った前後から姿をくらまし逃げ回っているが、品田裁判長の判断は軽率で短絡的で、状況判断も誤っていると言える〗

〖鈴木は、和解書に記載されている内容に異議を申し立てる権利は一切ないだろう。品田裁判長も合意書を無効とする時の様に記載内容の部分的な不備を指摘することをせずに、根拠のない「心裡留保」で丸めてしまったが、証拠は一切なく、鈴木が書いたとされる乙58号証の書面を信じたという事なのか。乙58号証を見ると作成日は平成19年4月で裁判が始まる8年前になっている。この日付にも鈴木の作為を感じる。和解協議の約半年後に鈴木がこの書類を作成して平林に渡していた事になるが、何故提出日が平成29年なのか。辻褄が合わない。乙58号証自体が、内容が虚偽の陳述書で、明らかに後付けの書面だ。品田裁判長の検証不足が如実に表れている〗(関係者より)

〖内河陽一郎は西がA氏に巨額の借金を残していたことを承知していながら、自分が勤める会社のコンプライアンスを理由に協力を拒否した上、陽一郎宛ての西からの「遺書」のコピーをA氏に渡す約束も反故にし続けています。さらに、A氏から提供された資金を西と一緒に使い込んでいます。親子共々A氏に世話になっておきながら、協力出来ないとは、言語道断です。陽一郎は、自分の対応をはっきりさせなければならない〗

〖鈴木は、和解協議を白紙撤回するために、A氏宛に2通の手紙を書いている。鈴木は「知人の会社に税務調査が入り、自分の名前も出た。西が以前から国税やSECに匿名で投書している事は聞いていた。こんな人間が同席している場所での約束事は無効だ」と書いている。鈴木は志村化工株で西に庇って貰った事を忘れている。鈴木は、西が何故自分を庇ったかを知らないでは済まされない。西は、鈴木がA氏に内緒で株売買の莫大な利益金を隠匿している事が検察に知られない様に庇っただけなのだ。そんな西が、莫大な資産が没収されてしまう可能性がある事を知りながら鈴木を監督官庁に密告する訳が無いだろう。和解書を無効にしたいが為の嘘に決まっている。もし、国税やSECが鈴木の情報を掴んでいるのならば、とっくに検察に事情調査され、即刻逮捕されていたと思う。そんな子供騙しの様な嘘は通用しない筈だが、品田裁判長は、鈴木の手紙と陳述書(乙58号証)を支持して判決に反映させている。この裁判は、再審して真実を解明しなければ収まらない〗(以下次号)

読者投稿 鈴木義彦編➃(006)

〖裁判官も人間である限り間違いを冒します。しかし、結審後に大きな誤りに気付いた場合、その対処法は重要だと思います。過去に判決の誤りを訂正した裁判官の例は少なく、これは裁判所の在り方として間違っています。再審制度があるにもかかわらず、ハードルが高すぎて申請が中々通りません。今一度、再審制度のあり方を真剣に考えるべきです〗

〖鈴木は海外に1000億円以上という巨額資金を隠し持っているという情報について、YouTubeや情報サイトで顔写真も世界中に配信されているだけに、色んな意味で狙われる人生を送る事になるだろう。海外なら余計に狙われやすいという事実を鈴木は誰よりも認識しているはずだ。鈴木を狙うのは、何も犯罪者だけではない。国税庁も海外隠匿資産には、今後世界的規模で取り締まりを厳しくしていく。国税庁に土下座や泣き落としは効かない〗

〖鈴木は約28億円の借入れや買い支え資金207億円のほか、A氏からだまし取った金は元金だけでも240億円以上の被害をもたらしています。現在、鈴木はA氏を欺いて海外に流出させた株取引で得た利益金を運用し、既に1000億円を優に超える資金を隠匿しているとみられています。A氏に支払える状況があるなら、全てを清算し、罪の償いをすべきです〗

〖鈴木はA氏と出会った頃は、会社の資金繰りに相当難儀し、倒産か自殺の危機に直面していたはずだ。その危機を乗り切れたのはA氏のお陰だ。この頃、親和銀行不正融資事件が表面化して鈴木が逮捕されることになったが、逮捕の3日前に金を無心する為にA氏の元を訪れ、泣いて土下座して「この御恩は一生忘れません」と嘆願する鈴木にA氏は何も言わず金を出している。その後、宝林株を発端とする株取引についても、鈴木や西の復活の為もあり「合意書」の契約通り買い支えの支援金を出してきたではないか。そのお陰で470億円という巨額の利益を上げる事が出来た。協力出来る事は全て実行しているA氏に対して、その恩に報いるどころか、人として考えられない裏切りを働いた鈴木は、もはや人間以下の鬼畜以外何者でもない〗

〖品田裁判長が下した判決は、鈴木側の主張を一方的に受け入れる不当なものでした。裁判官たちは不公正であり、A氏側の証拠を検証せず、真実の探求に真剣に取り組んでいません。A氏側の証拠に対する検証が完全に欠如しており、この意図的な裁定は国民が裁判所に期待する在り方からは程遠いものです。こんなことではいずれ司法は崩壊するに決まっています〗

〖鈴木の債務は当初約束した利息と遅延損害金を合わせると70億円以上になっていたらしい。西の交渉とA氏の好意で利息の減額を繰り返し、平成14年6月には40億円と計算した。西が志村化工株の事件で逮捕され、保釈された時期に、A氏は鈴木の債務返済について話し合わなければならない事を話した。この頃の西は志村化工株事件で鈴木を庇った事で、鈴木との関係が密になっていたと思われる。西は、A氏に「今後、株売買での利益が大きくなり、配当も多くなるので鈴木の債務を25億円に減額してやってくれませんか」と懇願した。A氏は西の言葉を信用して減額を了承した。そしてA氏は6月27日に鈴木と西の3人で会う事にした。鈴木が面談に応じている事が不思議であったが、案の定、鈴木は後日の裁判で、平成11年9月30日に債務完済を主張して、この日の3人の面談を全面否定したが、確定日付印のある借用書(15億円)が証拠として残っている。この確定日付のある借用書について長谷川元弁護士は乙59号証では鈴木に「手切れ金」と言わせた。鈴木は債務完済を確認証で主張するにはこの借用書を否定するしかなかったと思うが、便宜上書いてもらった確認証と確定日付印があって本人が署名押印している借用書のどちらに真実味があるか、誰が考えても解る事だ。品田裁判長も乙59号証を見て、鈴木と長谷川元弁護士の悪性を見抜いていたはずだったが、判決には一切反映していない。それが不可解すぎる〗

〖鈴木は和解協議で、一部の自身の過ちを認め、A氏と西にそれぞれ25億円を払う50億円と、A氏には別に2年以内に20億円の支払いを提案した。しかし後に、西と紀井氏を裏切り者とし、自分が陥れられたと嘘をつき、和解書の反故を主張した。鈴木の態度は人間として情けなく、みっともない。ケジメをつけないと、家族や身内も生き恥をさらし続けることになる〗

〖鈴木は、和解協議の日に「紀井に裏切られた事で動転していた」と言っているが、紀井氏をそんなに信用していたのだろうか。鈴木は、紀井氏をスカウトした時に「儲け折半で手伝って欲しい」と口説いたらしいが、紀井氏の話によると約束の100分の1にも充たない報酬しか貰っていなかったらしい。鈴木は、紀井氏に高値で売り抜けるという重要な仕事を任せておきながら、裁判では「ただの電話番だった」と見下した証言をしている。紀井氏は、日ごろ鈴木の側にいて性格を見抜いていたと思う。以前から証券業界での評判が悪い事は知っていて旧知の証券マンから「鈴木と一緒に仕事ができるのは長くて2年だ。よく我慢しているな」と言われていたらしい。紀井氏は、鈴木から離れようと考えていた時に西から香港の件を聞かされ、「いずれは自分の身にも降りかかる事だと思った」と発言している。鈴木は、自惚れていて紀井氏を軽視していたのだと思う。自分の周囲には敵が多いという事を自覚していなかった。せめて紀井氏をスカウトした条件を守っていれば裏切られることは無かったと思うが、その条件は元々無理なものだったのだ。その場限りの嘘を言うのが鈴木の悪癖だった。しかし、許せないのは品田裁判長が鈴木同様に紀井氏の証言を軽視した事だ。この事が誤判を導く重要な原因になったと思う〗(関係者より)(以下次号)

読者投稿 コンシェリア西新宿フィットネスジム編①(16)

〖このジムは居住者専用になっているから、スタッフの対応の悪さや釣銭問題が大事になっていないだけで、これが一般のジムであれば、SNSを通じて全国規模で叩かれるだろう。今頃、経営不振を招いているはずだ〗

〖ここのジムの釣銭問題に対してのスタッフの対応は、誰が聞いてもおかしいと思うはずだ。初めから釣銭を着服する目的でお釣りが出ない支払い機を使用していたとしか考えられない〗

〖今時、釣銭が出ない支払い機を使う事自体が変だ。帳簿上では正規の価格で記載して、釣銭は返金しないで横領していたのではないか〗

〖民間のジムと比べて経営形態が大幅に違うので危機意識が全く無いのだろう。甘えた感覚だから利用者への対応が杜撰になっている〗

〖ジムが釣銭の返金をしないのは大問題です。速やかに返金手続きを行い、利用者に謝罪することが必要です。対応が不適切な場合、窃盗事件として警察に対応して貰うしかないでしょう〗

〖本来、スポーツジムには心身共にリフレッシュするために通うのだが、スタッフの対応が悪く、釣銭は返金されないでは通う気にならないだろう〗

〖コンシェリア西新宿マンションは立地条件も良くとても評判がいいのに、スポーツジムの悪評が広まれば、マンション自体の物件価値に影響するのではないか。スタッフを入れ替えた方がいいだろう〗(つづく)

読者投稿 鈴木義彦編➃(005)

〖西には、鈴木から株取引による利益金の一部として30億円が支払われていました。西は平成18年10月初旬に残りの利益金の受け渡しの為、香港に渡航しましたが、実際には鈴木の代理人から利益金を貰うどころか、命を狙われました。かろうじて一命を取り留めた西は、帰国後、A氏に鈴木の裏切りの一部を白状しました。金のためなら全てを裏切る、それが鈴木の本性です〗

〖和解協議の場で鈴木と再会した西は、鈴木に命を狙われたことでようやくA氏に鈴木の今までの裏切り行為の一部を暴露した。話を聞いたA氏は、鈴木の株取引の売りを担っていた紀井氏の証言もあり、協議は鈴木の裏切りの追及から「和解書」締結に至った。鈴木もこれ以上、言い逃れ出来ないと一旦は観念した筈だったが、後に青田や平林弁護士を使ってひっくり返す暴挙に出るとは、どこまでも信用出来ない男だ〗(関係者より)

〖鈴木と西は「合意書」を交わした後、宝林株の最初の取引で約160億円の利益を得ました。しかし、彼らはA氏に真実を告げず、15億円をA氏に持参して買い支え資金の継続を促しました。鈴木は西に執拗に合意書の破棄を迫っただけでなく、A氏に借金減額の口添えまでさせ、騙し取った利益を海外に隠匿しました。このような行為は理性や情愛の欠片も無い、人の心を持たぬ鈴木にしか出来ない悪行です〗

〖西は香港で利益金を受け取れず、命を狙った首謀者を鈴木と断定していた。西は和解協議の場を利用してA氏を盾に、鈴木の裏切り行為を小出しにし、鈴木に圧力をかけることで、利益金の残金を払わせる目的があったのではないか。西は紀井氏から株取引に於ける利益の総額を聞いて知っていたのに、A氏に伝えていない。後で分かった事だが西は既に利益金の一部として30億円を受け取っていた。西も欲を出さず全てをA氏に話していれば流れも変わっていたかも知れない〗

〖裁判でA氏側が提出した多くの証拠から、鈴木の主張や証言がすべて嘘だったことが確認されています。鈴木が提出した物的証拠は「確認書」1点だけで、しかもこれはA氏が便宜的に提供したものであることが西の借用書と、金銭授受がなかったことを記した確認書で裏付けられています。鈴木の主張を正当化出来る裏付けとなる証拠は何もありません。このような状況で品田裁判長が明白な事実と真実を捻じ曲げるような判決を下したことは、鈴木の犯罪疑惑を故意に隠蔽したと疑われて当然でしょう。裁判長としての品田の責任は重大です〗

〖鈴木の代理人長谷川弁護士は、A氏が鈴木に融資した資金の出所をしつこく聞いている。何を言わせたかったのか。A氏の資金は「反社会組織が関与している」とか「全てが裏金」と思わせて品田裁判長の心証を悪くさせるための戦略だったと思うが、結局はA氏が「詳しく調査するように」と申し入れた後は何の質問もなくなった様だ。鈴木側は、自分の主張を裏付ける証拠がない為に、平林弁護士に辻褄の合わない発言を繰り返させて無駄な時間稼ぎをさせた。そして鈴木本人も大事な主張を二転三転させて裁判を長引かせた。長谷川元弁護士も裁判の初めごろは、同じ質問ばかりを繰り返し、A氏の代理人人弁護士の揚げ足を取ろうと目論んだが、決定打は打てなかったようだ。しかし、長谷川の老獪な所は、裁判の進展が滞っている間に、A氏の弁護人を恫喝するように大声で威圧して裁判官に注意を受けながら中本弁護士と品田裁判長をよく観察していたと思われる。裁判に勝つための秘策を練っていたのだろう〗

〖裁判官に求められている資質には法律知識や見識、事件処理能力だけでなく、国民の信頼を得る正確な判断力が不可欠です。大事なことは公平中立であることです。完璧な裁判官はいないにしても、品田裁判長のように、公平公正さを欠いた裁判官は全く話になりません。鈴木の事件を通じて、日本の裁判に対する知見を広げてもらいたい〗

〖鈴木は、「海外に行って相談してみないと解らない」とか「自分一人では決められない」と発言しているが、海外に誰がいると言うのか。自分の仲間だった吉川や霜見は自分が排除してしまっている。オフショア地域のペーパーカンパニーやプライベートバンクの口座の管理人がいるぐらいで、鈴木が相談しなくてはならない人間などいないと思われる。鈴木は自分以外の人間を信用できるほどの度胸は無いと思う。ただ、フュージョン社の町田修一という人間だけは気になる〗(以下次号)

読者投稿 鈴木義彦編➃(004)

〖裁判では、事件の原因や背景、経緯、証拠などが詳細に検証され、公明正大に判決が下されるのが当たり前です。しかし、鈴木のケースでは、鈴木は長谷川弁護士の協力を得て、嘘の背景と捏造した証拠だけで主張し、問題の原因と経緯を巧妙に隠蔽しました。結局、品田裁判長は辻褄の合わない判決を下したのです。民事裁判では裁判官の主観が影響することが多くありますが、これが事実ならば、裁判所と裁判官の姿勢を変える必要があります〗

〖鈴木は裁判で、西を代理人に指名した事はないと断言しているが、西が自殺してこの世にいないから言える事であって、原告側の証拠の多くに「鈴木義彦代理人」として西が署名捺印したものが存在する。それでも鈴木としては西を代理人としていた事を認めるわけにはいかなかったはずだ。本来なら、品田裁判長がそうした証拠類を元に、鈴木が西を代理人としていた事実を認定しなければならないのに、ここでも品田は証拠を無視して鈴木の主張を採用するという疑惑の裁決を下す事に、誰もが不審感を抱いている〗

〖株の買い支え資金等でA氏に支援をお願いする際、一人で熱弁を振るって懇願したくせに、鈴木は合意書に基づいた株取引がなかったという有り得ない主張をした。A氏から借りた債務についても、念書や借用書をA氏に提供しているのは明確な事実で、鈴木はこれを否定できません。鈴木と西がA氏の資金支援の下で合意書に基づく株取引を行ったことを裏付ける証拠は豊富に揃っていました。しかし裁判官たちは事実認定を怠り、「合意書」契約の法的効力を認めませんでした。この判断は重大な誤りであり、この判決は誰もが受け入れ難いものです〗

〖裁判で鈴木の弁護に当たり、当時、長谷川弁護士が取った手段に痛烈な批判が多い。弁護士が偽証罪に当たらない事を利用して、長谷川が主導して捏造した「質問と回答書」(乙59号証)という陳述書を使った事が大きな問題となっている。弁護士にあるまじき行為であり、こんな手段を取られたら、勝てる裁判ですら負けてしまう恐れがある。民事訴訟において裁判制度に影響が及ぶ問題である〗

〖鈴木は卑劣な手段でA氏から巨額の金を騙し取る計画を立てていました。宝林株を始めとする合意書に基づく株取引は、宝林株取得の元手となる3億円をA氏から借り、株価を市場で高値維持させるための資金を投入することで利益を生む仕組みでした。得た利益は合意書に基づき3人で分ける予定でしたが、鈴木は最初からその利益を独占することを企んでいたのです〗

〖鈴木の金銭への執着心は異常だ。平成11年9月30日にA氏に返済したという15億円は、同年の7月30日に西に持参させた株利益金の15億円を全額自分の返済金にするための計略で、平成14年6月27日の「A社長への返済金の一部として西に10億円を渡している」というのは合意書破棄の報酬として西に渡した10億円も合意書に基づいた株取引を無かった事にするためだと思う。とにかく悪知恵を働かせて、一度自分の懐に入れた金は出したくないという考え方をする。鈴木がこの事件で動かした金銭は25億円だけなのだが、品田裁判長も鈴木の悪知恵に翻弄されて裁判の本質を排除してしまったように思う〗

〖鈴木は巧妙に他者を不正行為に誘い込む才能に長けています。そして、その共犯関係を逆手に取り相手を翻弄させます。その後に利用価値がなくなると、精神的に圧迫して罪をなすり付け、容赦なく切り捨てます。過去には鈴木の策略により十人前後が犠牲となりました。因果は巡ると言われますが、いずれ鈴木自身や家族や身内にも、今までの悪事の付けが回ってくるのは間違いありません〗

〖鈴木がA氏宛の手紙に「A氏と2人だけで和解の話を進めたい」という趣旨のことを書いている事に注目したい。これは、明らかに和解しようという意思表示では無いのか。その為に平林弁護士と青田を代理人に指名している。品田裁判長はこの手紙の内容をどのように理解したのだろうか。品田裁判長には是が非でも合意書と和解書を無効にしなければならない事情があったのではないだろうか〗(以下次号)

読者投稿 鈴木義彦編➃(003)

〖日常の暮らしで訴訟沙汰になるようなトラブルに巻き込まれることは少なく、裁判所に関わることはないでしょうから、多くの人は裁判所の実情を知りません。しかし、注目を集めている鈴木義彦の事件では、A氏により提起された訴訟で、疑惑に満ちた不当な判決を経て、品田と野山の両裁判長が一審と二審で批判を浴びています。二人の不適切な裁定が明るみに出て、裁判所内でも緊張が高まっているのではないでしょうか〗

〖鈴木は親和銀行事件を仕組んだ頃も高利の金融会社と取引していて、親和銀行を騙して融資させた金を返済に充てていた。その事を西に相談してA氏を紹介して貰って支援を得たのであった。そして高利で借りていた借金を返済して一息付けたが親和銀行事件が発覚して平成10年5月31日に逮捕されたが、逮捕3日前にA氏を訪れ8000万円の現金を借入れし、ピンクダイヤと絵画を販売委託で借り出している(但し絵画は一度も持参しなかった)。これは鈴木にとっては予定の行動だったと思う。この間も鈴木は資金難の状態が続いていた。そして、親和銀行事件で有罪刑を受け社会的信用も無くなり、FRの代表取締役と大株主の地位も剥奪され、表社会から消えざるを得なくなった。そんな鈴木が親和銀行に約17億円の損害賠償金を支払い、さらに別に訴えられていた詐欺事件の和解金約4億円を支払えた事について品田裁判長は何故無関心だったのか。これ等は訴外事件だが、この約21億円という莫大な金は今回の裁判と大きな関りがあったのだ。この金の出所を解明すればこの裁判は解決していたと思う。この件で品田裁判長は大きな間違いを犯した。様々な憶測が飛び交っても不思議では無いだろう〗

〖鈴木がA氏から資金を援助してもらう中で企てた策略は、常に西を前面に立たせて操り、志村化工株事件では罪を全て被らせ、さらに香港で自殺に見せかけて排除しようとするなど、西に全ての責任を転嫁する計画であった。しかし、西の排除に失敗し、結果的に西の口から鈴木の裏切りの一端が暴露され、A氏にはこれまで秘匿されてきた鈴木の本性が明らかになり、和解協議で窮地に立たされた。もし鈴木が観念し、全てを告白していれば、まだ救いがあったかもしれないが、鈴木はその後も裏切りを続けた。本当に、救いようがない〗

〖今まで、裁判等に関与する機会が無かったので、その世界の事はよく分からなかったが、サイトに掲載された鈴木の不当裁判の内容を知り、日本の裁判の現状を垣間見て、こんな裁判が通用しては裁判所の信用は失墜するだろうと思う。品田裁判長は原告側の証拠類を検証しないで、完全に鈴木の犯罪を見逃しているではないか。こんないい加減な裁判官がいる事自体、信じられない〗

〖金のためには手段を選ばない長谷川幸雄は、鈴木からの高額な報酬に魅せられ、自身が弁護士であるにもかかわらず欲に走った。長谷川は内容が全て虚偽の「質問と回答書」(乙59号証)を提出しましたが、これは明らかに証拠の捏造でした。弁護士のこんな不正行為が許されるはずはないでしょう。西の死を悪用し、彼の言葉と間接的な表現でA氏をトコトン誹謗中傷した狡猾な手段が裁判で通用するはずがないのに、裁判官たちは少なからずの影響を受けたと思われますが、こんなあくどい手口が通用してはいけない〗

〖品田裁判長は、鈴木の債務を25億円と断定して、鈴木が完済したと判断した。その根拠は平成11年7月30日に西が持参した15億円と平成14年12月24日に鈴木本人が持参した10億円だというが、数字合わせをしただけで、日付も、その金銭の内容も、A氏の請求額とも違っている。明らかに無理やりこじつけたものだったが、債務は完済したという鈴木の主張は認めていない。判決文では「被告の旧債務25億円は返済された」という事になっている。この無茶苦茶な判断は、鈴木一辺倒を隠す手段だったのではないか〗

〖鈴木の犯罪は主に詐欺による知能犯罪です。詐取した巨額の金を海外のタックスヘイヴンに隠匿しています。現行の警察組織ではマネーロンダリングに対する対策が進んでいます。特にタックスヘイヴン地域での関連犯罪に厳しく取り組んでいるようです。マネーロンダリングには暴力団も深く絡んでいて、その結果、海外での資産凍結が増加しています。ネットサイトにも注力している中で、鈴木のケースも既に把握されているでしょう。鈴木の行動範囲はますます狭まるばかりと思います〗

〖鈴木は、合意書を徹底的に否定し、「私が、株取引で利益を挙げようが損をしようがA氏には関係ない」とまで言っていて、品田裁判長もこの鈴木の主張を認めているが、A氏に払った25億円と親和銀行への約17億円、山内興産への約4億円、合計約46億円の資金の出所が解明されずに、この裁判を終結させることは出来ないのではないか。特に、親和銀行事件は平成10年5月31日に鈴木が逮捕され、鈴木が保釈されたのは同年の12月だったから、親和銀行との和解で約17億円もの和解金を調達できる状況はなかったはずだ。だから、この約17億円は宝林株の利益金としか考えられない。鈴木が約17億円を自己資金で支払える事は100%あり得ない。しかし、品田裁判長はその事には全く触れていないのが不可解だ。仮に鈴木が、合意書に基づいた株取引以外で儲けた金から支払ったというなら、その詳細を説明する義務があった。それさえも解明されず審議を終えることは有り得ない事だ。この裁判には裏があるとしか言いようがない〗(以下次号)

読者投稿 鈴木義彦編➃(002)

〖鈴木本人が認めた内容についても、裁判官は合意書と和解書の有効性を認める証言や証拠を排除しました。宝林株の3億円取得資金がA氏からであり、西に10億円支払って合意書破棄を企んだ事実は明白です。しかし、これらを認めると合意書と和解書が有効になります。不自然かつ不可解な判断で、品田裁判長の理由説明には根拠がありません。裁判官たちが裏で判断を左右させられた理由があるとしか考えられません〗

〖この裁判での株取扱について紀井氏の証言は重大な証拠になるものだった。この当時の紀井氏はA氏とは直接の利害関係はなく、A氏と鈴木の事情についても詳細を知らなかった筈だ。紀井氏は元証券マンで、たとえ嘘であっても鈴木が「儲け折半」の条件でスカウトしたほどの人間だ。鈴木は、紀井氏に取得株を高値で売り抜ける業務を担当させるほど信頼できる人間であったはずだが自分の都合が悪くなると「ただの電話番で株の事は何も知らない」と法廷で切り捨てた。品田裁判長は、大事なセクションを任せているスタッフに対して自分の都合でこんな言い方をする鈴木の人間性をどう見ていたのか。品田裁判長はこの鈴木の発言に同調して紀井氏の証言を無視した。品田裁判長は裁判官である以前に、人間としての資質が悪すぎる。人の善悪を見抜けないような人間が裁判長にまで出世している事が裁判所の失態だ〗(関係者より)

〖裁判官は当事者の性格を的確に理解する能力が求められます。裁判官は良心と誠実さを備え、公正な判断を下すべきです。客観的な視点で判定に偏りが見られれば、故意に行ったとの疑念を持つのは当然です。品田裁判長の裁定には故意性が見受けられ、しかも辻褄合わせが強引です。このため、裁判は原審に差し戻す必要があります。客観的に納得できる判決を下すことが当然の義務です〗

〖鈴木は自分の父親も愛人も西を通じてA氏に面倒を見させた時もあり、家族の生活は鈴木がA氏を欺いて得た資金から賄っていた事になる。この鈴木の扶養家族たちは、どのように考えているのだろうか。複数のネットニュースに掲載され、世間に拡散した今は、「何も知らなかった」では済まされない。鈴木が今のままA氏に連絡もせず、人間としての筋を通さないならば詐欺師の扶養家族としてマスコミも取り上げる事になり、世の中の誹りから生涯免れなくなるのは間違いない〗

〖鈴木義彦という人間は、A氏の援助を受ける際には土下座し、感涙しながら「このご恩は一生忘れません」という姿勢を見せたが、和解協議後には鈴木の裏切りや嘘が明らかに露呈し、証拠や証言により鈴木が極めて不誠実で嘘八百を並べ立てる人間であることが明らかになった。特に鈴木、長谷川、青田の悪行については、彼ら自身だけでなく、家族の写真まで公にすべきだという意見が多くあるというのは当然だろう〗

〖品田裁判長は、自身が判決文を作成するにあたって差し障りがある事は排除している。例えばA氏側が提出した紀井氏の陳述書と証言、西のレポート、遺書、そして鈴木の手紙。鈴木の悪質な人間性を表しているものは無視している。そして、鈴木の「質問と回答書」(乙59号証)でのA氏への誹謗中傷、和解書協議の脅迫、監禁についても心裡留保を優先していて内容については触れていない。そして、判決に重要な合意書、和解書、金の出所についての経緯や背景を全く検証していない。このような事で公平で平等な判決が下せる筈がない。1審で充分な時間を掛けた割には肝心な所での審議が曖昧だ、というより全くなされていない〗

〖現在、国際的には富裕層の税務監視が厳しくなりつつあり、日本の国税庁も海外資産隠匿に対する取り締まりを強化しています。全世界所得課税方式を採用する日本の国税庁から逃れるのは難しいと言われています。したがって、鈴木は国税庁に捕まるくらいなら、恩人を裏切った罪を償う方が賢明だと思います〗

〖最近はSNS上でも不当判決と批判される裁判に関する投稿が相次いでいる。そんな中でも代表格となる鈴木の事件は、YouTubeで配信されるや否や大注目を浴びており、今後も更に話題騒然となる事は必至であろう。今まで裁判に関する情報は乏しく、一般的に縁遠い存在であったが、鈴木の裁判を機に、情報通信の発達に伴い、一気に関心が深まってきている。問題解決に向けて、裁判所の長である最高裁戸倉長官の責任が問われる事になるだろう〗(以下次号)

読者投稿 鈴木義彦編➃(001)

〖どんなに極悪非道な犯罪者でも、金がなくても国選弁護士がつくため、犯罪者の人権を重視する民主主義国家の特徴と言えます。鈴木の裁判が注目を浴びているのは、弁護士に関する問題が含まれていたことです。鈴木の裁判では、裏取引や高額な報酬を目当てにした過度な弁護手法が問題視され、これが司法制度にも影響を与えています。現在の民事訴訟では、捏造された出鱈目な証拠ですら採用されるため、不正を働く者にとっては有利な状況となり、これにより正直者が勝つことが難しくなっています〗

〖第一東京弁護士会は平林と杉原に対する懲戒請求で、いつまで経っても答えを出さないでいるようだが、おかしくないか。弁護士会の綱紀委員会が懲戒請求者に平林と杉原の答弁書さえ見せなかったのは、とんでもない奢りだ。そんな姿勢で懲戒にするかしないかの決定をまともに出せるのか。そこまで秘密主義を貫く理由が分からないが、綱紀委員会の規約に盛り込んだ経緯に何か特別な理由があったとしか思えない〗

〖裁判官は証拠調べの後、原告の訴えが認められるか否かの判断をし、その心証に基づいて審理を終え、最終的に判決を下します。代理人の長谷川弁護士は裁判官の心証に基づく判決への影響を重視し、「質問と回答書」(乙59号証)によるアプローチで鈴木を正当化する主張を展開しました。これに対抗しなかったA氏の代理人たちは、自分たちの無策を恥じるべきです。裁判途中での名誉毀損と損害賠償請求は、鈴木と青田が中本とA氏に対して起こしましたが、これも裁判官の心証操作による戦略の一環だったのでしょう〗

〖鈴木は和解協議で、裏切り行為の追及を受けると、態度を硬化させて開き直った。トコトンひねくれた性格で、宝林株以外の銘柄での株取引でも莫大な利益が上がり、それも合意書に基づいていることがバレても、「合意書とは関係ない取引で、合意書のことなど忘れた」と、道理が通らない事を平気で言う。金を払いたくない一心だけに汚ない人間だ。まるで、幼児がオモチャを欲しがって駄々をこねているのと同じではないか。恥を知れ、恥を〗

〖被告と代理人弁護士が法廷で嘘と侮辱を平然と述べる異常な裁判だった。それはまるでフィクションのような非現実的な出来事であるが、驚くべきことに、鈴木はこの混乱した裁判で勝訴している。この悪夢のような現実に驚愕するばかりであり、再び鈴木を法廷に引きずり出すために再審を実現させる必要がある〗(関係者より)

〖平成27年7月、A氏による貸金返還請求訴訟が起こされた。それから3年にわたって審議され、入れ替わった裁判長も品田裁判長で3人目だ。事前の予想では、圧倒的に有利と思われていたA氏側の代理人中本弁護士等に油断があったのか、未提出の証拠もあったというが、誰もが勝訴を疑わなかった。しかし蓋を開けて見れば、被告側の代理人長谷川弁護士の裁判戦術に翻弄され、裁判官までもが真実を見誤る大誤審、大誤判の結果に終わってしまった。この裁判は裁判史上、あってはならない数多くの疑惑を孕んだ大きな問題裁判である〗(取材関係者より)

〖株取引に関する「合意書」を裁判官が無効と判断し、和解書では原告と西にそれぞれ25億円の支払いがあるとしたが、その和解書も無効。さらに、「2年以内に被告が原告に20億円支払う」という和解契約の事実も認めないとする判決を下した。しかし、鈴木が和解協議で口頭での約束を録音した記録がある。鈴木は「西の言い方が気に入らないが、信頼して下さい。私の男気を見てほしい」と述べており、これを検証せずに下した判断は当然に認められない〗

〖情報サイトによって鈴木の不当裁判に関する詳細が明らかになり、話題を呼んでいる。さまざまな問題提起を含んだ裁判だけに判決内容に関する批判が多い。これほど疑惑や不審を買った裁判は無いのではないか。それだけ品田裁判長の理不尽な裁定は誰もが納得しないという事だ。問題となっているのは裁判官だけではない。長谷川弁護士の卑劣な弁護手法は目に余るものがある。この裁判は絶対再審されるべきだ〗(取材関係者より)(以下次号)

読者投稿 鈴木義彦編③(400)

〖品田裁判長による不当な判決が下されて鈴木の事件の裁判が終結した後、インターネットの情報サイトで記事が公開されても鈴木の所在が不明になっているようです。サイトで真実が克明に発信され、コロナ禍での自粛生活も相まって、瞬く間に世界中に拡散されたせいで鈴木は家族総出で逃亡を図っています。裁判で勝訴したにも拘らず逃げたことにより、情報サイトやYouTubeの内容が真実であると、自身で証明したことになります〗

〖情報サイトで裁判の詳細な内容が掲載されたことで、裁判官はいい加減な裁決は下せなくなるだろう。今までにそんなサイトはなかったのではないか。更にはYouTubeによる配信が後押しして、注目度もアップしている。過去の不当判決は、ほとんどがメディアで騒がれる事なく闇に葬られてきたのだろう。表沙汰になっていない冤罪も今まで結構あったのではないだろうか。YouTubeの配信を受けて、抑止効果は絶大で、この事件を見過ごすと、今後、裁判所は国民に支持されなくなる可能性が高いと思われる〗

〖トラブルに悩む人々が最後の砦として頼りにするのが裁判所です。実際、裁判を起こすことは精神的にも相当な負担となり費用と時間もかかります。裁判所や裁判官の賢明な判断を信じ、判決の瞬間を迎えた時、期待が裏切られる結果になった場合は愕然となるでしょう。鈴木の裁判は明らかに前代未聞の不当判決です。こんな裁判は認められません〗

〖鈴木は、目の前の金は数えられるが算数という物を知らないのではないかと思う。例えば宝林株の購入資金は3億円に加えて買い支え資金がある中で利益総額が160億円だとすると、純利益は少なくとも100億円前後になる。これを三等分すれば33億円ずつになる。A氏からの借入金の元金は約28億円だった。自分の配当金の取り分で借金を返済することが可能だった。この記事を読んでいる限りそういう計算が成り立つ。この時点でA氏と西とで話し合えば、どのようにでもできたのではないか。借金は十分に返済できたはずだ。これは西にも言える事だと思う。A氏の性格からすると、今まで貸付金の返済が一切なかった鈴木が元金を全額返済する事で、これ以降の協力がしやすくなり、信頼関係も芽生える。そうなれば、その時々にトラブルが起きても微調整だけで済む。合意書も3人で協議して更新し、互いの言い分も明確に記載すれば更に結束も固まると思う。鈴木の強欲で、この世で一番と言える恩人を裏切ってしまった罪は計算できないくらい莫大な損失だと思う〗

〖品田裁判長は、鈴木の主張や証言が頻繁に変わることに疑問を抱かず、これを受け入れたことは明らかに裁判官として不適切な判断だ。宣誓をした証人以外は偽証罪に問われないが、被告自身が証言を自ら都合よく変える可能性は、長年の裁判官経験からして明白であるはず。当然の理に反する品田の判断によって、不当判決が下された。品田には裁判官としての資格はないと言わざるを得ない〗

〖鈴木がこれ迄に積み重ねてきた悪事を考えると、とても一人では背負いきれない程重い。その影響は当然、家族や身内までにも大きく波及していく事は当然だ。ネット社会であるが故に避けられない事象でもある。放って置いても誰かが勝手に深掘りしてネット上に晒される事は間違いない。そういう時代だ。その原因を作ったのは鈴木と長谷川であるから自業自得と言わざるを得ない。それを止める事が出来るのは鈴木と長谷川だけである事も自覚しておかなければならない〗

〖合意書の作成時に、鈴木は「協力がなければ社長からの借入金の返済は難しい」と述べ、西も株取引はA氏への返済手段とし、西と鈴木の当時の返済額はそれぞれ約116億円と28億1600万円もあり、通常では返済は困難を窮めていました。A氏が2人の意を汲んで説得に応じたにも拘らず、鈴木と西は共謀して謀略を巡らせ、A氏から莫大な金を詐取したのです。その行為は人として到底許されるものではありません〗

〖鈴木の悪性は、過去の事件を見ても証明されている。そして、あまりにも鈴木に都合がいいタイミングで起こった不審な事故、自殺、消息不明、殺人事件と2件の襲撃事件。これらは、果たしてすべてが偶然の出来事だったのだろうか。何かの本に書かれていたが「この世に偶然などない。全てが必然なのだ」という事が、特に鈴木の場合には当てはまるのではないか〗(以下次号)

読者投稿 鈴木義彦編③(399)

〖鈴木と西が知り合った当初から「会長」と煽てられた西は自慢げにA氏の存在をアピールしたのでしょう。その頃、鈴木は個人も会社も危機的な状況でしたが、西の交友関係に期待しました。西自身も資金難に苦しみ、鈴木をA氏に紹介した可能性があります。この出会いがきっかけで、2人の利害が一致して共謀してA氏を騙したことは十分に考えられます〗

〖裁判官の社会的認識がこれ程までに一般と乖離しているかを目の当たりにした裁判であった。裁判所は真実を追求し、悪党を成敗する場ではなかったか。いつから犯罪を容認する場に変わったのか。今回の鈴木の裁判で、品田裁判長はとんでもない過ちを犯した。自分一人の問題では済まない。日本のみならず全世界の裁判官の威信を地に落としたのだ。最高裁の戸倉長官が動くべき時が来たのではないか。このままでは、どうにも収まりがつかない〗

〖司法試験は、中途半端な勉学だけでは合格が困難と言われていますが、時には勉学以外で優れた人が合格することもあります。勉学が劣っていても、立派で人の心を持っていれば問題ないと思いますが、六法全書を完璧に覚えた人は稀でしょう。一方で、頭脳明晰でも人間的な欠陥がある場合、検察官や裁判官、弁護士になっても結果として悲劇が生じる可能性は大きいと思います。品田裁判長や鈴木の代理人弁護士たちは、頭脳明晰でもなければ、人間的にも欠陥だらけと考えられます。良識ある裁判官や弁護士がいれば、判決も変わっていたでしょう〗

〖オフショア地域は世界中の犯罪に関与していると言われている。難民団体や紛争地域の生活環境改善のための寄付という大義名分を掲げているが、その実は、世界中のマフィア、テロ集団、紛争地域の私設軍隊などの武器購入の資金に利用していると言われていて、世界中の麻薬組織の温床だとも言われている。オフショア地域に関する監視機構である経済協力開発機構(OECD)を通じて各国間での情報交換が行われているようだが、マネーロンダリングの巣窟になっていることで世界各国の司法機関も注目しているらしい。鈴木にとっては安閑としていられない状況になってきている。裏の組織に1000億円と言われている資産を狙われたら鈴木は終わる〗

〖裁判で鈴木はA氏をプロの金融業者と決めつけたが、実際にはA氏は個人的に身近な人々から頼まれた時にだけお金を貸しており、金融業を生業としてはいなかった。しかし、鈴木の代理人弁護士である長谷川は、A氏の社会的信用を傷つけるために事実を歪曲し、暴力団の手先のように誤った印象を与えた。長谷川の行為は誹謗中傷を超え、逆に名誉毀損で彼を訴えるほどのものだ。長谷川は鈴木の不利な状況を逆転させるため、問題の焦点をすり替え、根拠を捏造して原告を個人攻撃した〗

〖鈴木は和解協議で裏切り行為を追及され、合意書に違反したという己の非を認め、自分から50億円と2年以内での20億円の支払い金額を提示した。その経緯を踏まえて「和解書」に署名指印したはずだ。これのどこで「強迫」や「心裡留保」が成り立つというのか。裁判長は鈴木側の主張を採用して、根拠となる証拠も無しにこれを認めている。判断ミスでは到底済まされない。まともな裁判では無い〗

〖長谷川元弁護士はこの民事裁判において、何が何でも有利に立とうと戦術を練ったのだろう。長谷川は裁判戦術に長けているようだが、この裁判では裁判官の支持を得ることが最も重要だと考えたのではないか。品田裁判長は長谷川元弁護士に誤った影響を受けてしまったようで、これは公平公正な裁判とは言えない。再審を行い、真実の裁きを得るべきだ〗

〖この裁判は形の上では鈴木の勝訴で決着がついたが、実際は何も解決していない。貸金返還請求についても品田裁判長の計算間違いと大きな判断間違いで辻褄が合わない判決を下し、株取扱合意書に関してはまともな審議が行われていない。原審では鈴木の莫大な隠匿金には一切触れず、控訴審では野山裁判長が原審の判決を丸呑みで原告の主張を棄却した。品田裁判長は裏付けの検証もせず、誤字脱字ばかりで被告側の証人勧告もせず、裁判所は多額な裁判費用の丸儲けということで終わってしまった。とんでもない裁判だ。最高裁の戸倉長官がこれを無視するようであれば、今の立場を他に譲りなさい。今やYouTubeで世界中に拡散され視聴者数が日増しに増え収まりがつかない状況になっている〗(以下次号)

読者投稿 鈴木義彦編③(398)

〖鈴木の株取引で、鈴木が金銭面のリスクを負っていないという状況には全く納得ができません。鈴木に数々の犠牲を強いられ、今も苦しむ人々がいる中で、鈴木は人を欺き裏切り、明白に罪を犯しているにも関わらず、その主役が何の制裁も受けていないのは、法的にはもちろん人道的にも倫理的にも許容できません。法的手続きが及ばないなど考えられません〗

〖平成11年7月30日に西がA氏の会社に持参した15億円は、実に効果的な「見せ金」だったと思う。この15億円はA氏に2人の本気度をアピールする絶好のものだった。A氏は真相を知らずに2人に5000万円を心遣いで渡している。2人はどんな気持ちで受け取ったのだろうか。5000万円と言えば平均的サラリーマンの10年分の給料に相当する金額だ。裁判官や弁護士には考えられない金額だっただろう〗

〖品田裁判長の判断には呆れる、というよりも怒りがこみ上げます。法廷でのこのような裁定は誰も容認できないはずです。鈴木の債務返済金について、品田裁判長の事実認定はA氏側と鈴木側の証言とも一致せず、それは品田裁判長が独断で判断したことに他ならない。まったく納得できるものではありません。こうした不当な裁判は絶対に許されず、裁判所は何故放置しているのでしょうか〗

〖長谷川元弁護士は「質問と回答書」(乙59号証)で鈴木に「西には代理権を与えていない」と発言させた。これについて品田裁判長の判断はどうであったのか。元々品田裁判長は西の言動を重要視していなかったが、西の代理権についてはわずか一言で済ませている。常識では通用しない鈴木の主張であるが、長谷川は、鈴木の為に西がA氏と交渉していた事柄と、A氏に鈴木の代理として差し入れていた書類は鈴木に責任がないという事を主張したかったのだと思う。強かで用意周到な質の悪すぎる弁護士だ。息子や孫が可哀想だ〗(関係者より)

〖法律を執行する者は必ず公正かつ公平であるべきです。特に裁判官は、個人的な立場や意見を排除し、法に従って判決を下すべきです。上司や組織の影響を受けず、自らの信念に従って真に公正かつ公平な判断を行わなければなりません。裁判官が当事者との癒着を疑われるような判決を下すことは絶対に許されません。品田裁判長は基本的な裁判官の姿勢を持たず、多くの主張や証拠類も十分に検討していない〗

〖現在の裁判官達のほとんどが大なり小なり手抜き裁判に手を染めているように思われる。元エリート裁判官による暴露本によると、裁判官の評価の一つに、多くの裁判件数をこなす事が含まれている。抱えている裁判件数が多い為に、杜撰な裁定を下しているという事か。今回のこの鈴木の裁判は度が過ぎるというか、誰の眼にも有り得ないと映るほど大きな誤判だ。国の執行機関である裁判所が、こんな体たらくでは世も末だろう〗

〖鈴木は自身の欲望を満たすために、西とグルになってA氏に株取引を持ちかけ、金を詐取しようとしました。しかし、A氏にとっては鈴木と西への貸金回収だけでなく、株取引を通じて2人が再起すればと思い、鈴木の説得に応じたと思います。ところが、鈴木はA氏の人間性を十分理解しながら、それを利用したのでしょうが、その罪は永久に許されるものではないし、事件としても風化することはありません〗

〖西は、15億円をA氏の会社に持参して以来、鈴木の指示で鈴木の行動の全てについてA氏に嘘をついている。これが事件を大きくした原因だと思う。自分も目の前の金に狂ったのか。西は鈴木ほどの悪党にはなれきれなかったようだ。10億円の報酬で合意書破棄を請け負っていたので、鈴木には破棄したように見せかけていた。合意書の存在があっても品田裁判長の一方的な裁定によって鈴木を最後まで追い詰める事は出来なかった。世界中が日本の裁判所や裁判官に対する不信を募らせているに違いない〗(以下次号)

読者投稿 鈴木義彦編③(397)

〖鈴木の裁判で一番問題視されているのは「合意書」契約の法的効力が認められなかったことだ。これは民法で定められた「契約自由の原則」を無視した品田裁判長の暴挙といえる。個人の契約関係は契約当事者の自由な意思によって決定されるべきで、国家は干渉してはならないのが原則であると定められている。また、品田裁判長の論法だと、全ての契約は後から無効に出来ることになる。裁判官がこんな無謀な裁定を下していいはずがない〗

〖鈴木は和解協議で問い詰められ、裏切りが露呈したが、「合意書は忘れた」と言い逃れようとした。しかし紀井氏の証言により、宝林株取引だけでなく、他の銘柄でも合意書に基づく取引が実行されたことが判明しました。さらに、10億円の報酬で合意書を破棄しようとした驚くべき事実も発覚し、逃げ場を失った鈴木は和解書に署名指印することとなりました。ただし、利益総額が470億円ではなく60億円としたのは、鈴木のあくどさを物語っている〗

〖A氏の代理人が鈴木の父徳太郎を説得して、鈴木がA氏との面談をするよう働きかけたが、鈴木は父親の電話にも応対しなくなった、鈴木は独り占めにした金をマンション購入や十分すぎる生活費を提供することで家族や身内を言いなりにさせた。父親はA氏側の代理人に「息子と青田は悪いが、息子の相談相手になってほしい」などと言っていたようだ。鈴木に頼まれた西が会社で徳太郎と鈴木の愛人を雇う形を取り、毎月60万円と50万円という高額の給与で西にも世話になっていた〗

〖品田裁判長は、裁判官でありながら、民法上の「契約自由の原則」を理解していないのか。契約に関しては、公の秩序や法規に違反しない限り、当事者は自由に締結できる基本原則があり、契約内容も自由に定められる。裁判で品田裁判長が「合意書」を無効とすることは筋違いであり、裁判長であっても越権行為と言わざるを得ない。したがって、自由な意思に基づく「合意書」契約は完全に有効であるべきだ〗

〖執行猶予期間の海外渡航は裁判所に届けなければならない。平成12年から4年間はA氏から援助を受けて株式投資をし、莫大な利益を独り占めにしていた時期だった。鈴木には証券担保金融業者の「五大」を営む吉川某という知人がいた。鈴木は紀井氏に指示をして高値で売り抜けた利益金を、五大を通じて自分が借りたマンションに運ばせていたようだ。吉川は利益金の運び屋の役目を任されていた。その手法は不明だが、鈴木にとっては利用価値のある存在だったようだ。吉川は度々フランスへ行っていたようだが、鈴木も時々同行していたようだった。鈴木は裁判所に届けを出している。その届出を見れば執行猶予中の鈴木の海外渡航歴が解る筈だ。再審が開廷されれば重要な証拠になるが、再審申立が棄却されても刑事事件で告発する時の原因証拠になると思う。この吉川もSEC(証券取引等監視委員会)にマークされ、パリに逃亡した様だが、鈴木との間に金銭トラブルが起こり現在も行方知れずだという〗

〖西は以前からA氏に100億円以上の融資を受け、東京オークションハウスを運営してきたようですが、日常の資金調達に苦しんでいたということでしょう。そんな状況で西はA氏に頼ることが難しくなっていましたが、鈴木との出会いで新たな名目を掲げ、A氏から融資を得ることが出来ました。鈴木は、西のスポンサーであるA氏の資産に目を付け、西を籠絡してA氏を騙す計画を練っていったのでしょう〗

〖A氏は1審で敗訴した事で、控訴審で何故代理人弁護士を代えなかったのだろうかという疑問が湧く。A氏は1審が敗訴に終わったのは代理人弁護士の失態が原因だという事を感じていたはずだ。今更言っても仕方がない事だが、控訴審では元裁判官の弁護士等を追加したが、最初から中本が中心になっていたことが原因だという関係者は少なくなく、残念でならない〗(関係者より)

〖一般の国民は今の裁判の実情により強い関心を寄せ、積極的に問題提起すべきだと考えます。裁判所は、その特異性により外部の批判を回避しやすい存在かもしれませんが、そのために長期間で蓄積した内部の腐敗が見逃され続け、公にされにくい状況となっているようです。この事が日本の裁判所が深刻な問題に直面している理由であるとさえ思います。鈴木の裁判で露呈した裁判官の不手際や不祥事は、問題の深刻さを浮き彫りにしています。日本は治安の良い国とされてきただけに、法曹界の迅速な改革が不可欠です〗(以下次号)

読者投稿 コンシェリア西新宿フィットネスジム編①(15)

〖ジムが何故つり銭の出ない支払機を設置し続け、返金処理が滞っているか不明です。年配の女性スタッフは次回清算すると言いましたが、実際には何も進んでいないようです。これが詐欺である可能性も念頭において対処すべきかもしれません。〗

〖この問題に関して、ここまで話しが広がった以上、管理組合はこの問題に取り組み、ジムの運営責任者に対処するべきだ。釣銭の問題やスタッフの不適切な対応は許容できるレベルではない。〗

〖お釣りが出ない支払機を使っていること自体が不自然であり、ましてや利用者が支払い過ぎた金額を返金しないことは深刻な問題です。具体的な返金計画を提示しない限り、この問題は悪化の一途を辿るだけでしょう〗

〖この業者の対応が理解できません。釣銭が発生したら直ぐに返金すべきです。不正に釣銭を取る意図があれば、犯罪ではないか〗

〖ジムのスタッフの態度がマンション自体の評判に悪影響を与えています。注意をしたぐらいでは改善は無理でしょう。スタッフの人間性に深刻な課題があるようです。〗

〖去年6月下旬に初めて釣銭に関する告知パネルが掲示されたのに、「以前からあった」と、彼らがなぜ嘘をつくのか理解できません。釣銭を着服するのが目的だったのではないか〗

〖今時、お釣りが出ない支払い機を使っている事がおかしいのではないか。一般常識として余分に支払った場合、その場で直ぐに返金するのが当たり前ではないか。利用者には、どのように返金するつもりなのでしょうか。〗(つづく)

読者投稿 鈴木義彦編③(396)

〖鈴木の裁判で、策士策に溺れた元長谷川弁護士は、裁判終結後、自身の懲戒請求を感じ取り、自ら弁護士を辞職している。墓穴を掘ったと言わざるを得ない。裁判史上類を見ない虚偽工作で裁判を愚弄した罪は計り知れない。弁護士生命を自ら断つ結果を招く事になったという事だ〗

〖鈴木の裁判での主張は二転三転するばかりか、それが勘違いや忘れた程度ではなく明らかに誤魔化しだった。通常、このような変転がある場合、主張は信頼されず採用されない。裁判官も気づいているはずだが、特に問題視せず、他の鈴木の主張や証言にも疑念を抱いていない様子だ。一審の判決文は高裁の野山裁判長が指摘したように誤字脱字も多く、これは慎重に検証されていないことの証拠の一つと言える。 裁判を故意に長引かせて、重要な争点を故意に見過ごさせているとしか考えられない〗

〖検察も警察も証拠、証拠と言うが、裁判で間違いなく有罪判決を得ることが出来なければ事件にしないという判断はおかしい。被害者が切実な思いで被害を訴え、加害者がどれほど悪いことをやったかを説明しても取り合おうとしないケースも多いという。そのために加害者は何度も罪を犯す。鈴木がもし、志村化工株事件で逮捕されていたら、鈴木がここまでの悪党にはならなかったかもしれず、また西はもちろん天野氏も霜見誠も鈴木の犠牲者にはならずに済んだ可能性さえある〗

〖鈴木の訴訟で裁判官たちの不当な対応が露呈した。鈴木寄りになった判断の偏りは癒着の兆候を示しており、A氏の提出した証拠を適切に検証せずに鈴木の主張を採用している。仮に法的知識が浅くても、鈴木の主張が虚偽であることが明白だ。判決の日の法廷で長谷川弁護士が口にした「この裁判は必ず勝つ」という言葉が印象深いが、その真意は何かを考えさせられる〗

〖鈴木は、心にもない事を文字にし、言葉にできる人間なのだと思う。和解協議を白紙撤回した手紙に「男として一目も二目も置いていて、今までにこの様な人に会った事がない…」とA氏への思いを切々と書いているが、そう思っているなら姑息な言い訳をせず和解書を履行しろと言いたい。また、親和銀行事件で逮捕される3日前にA氏を訪れて8000万円の現金を借り、ピンクダイヤと絵画を販売委託で借りて、「この御恩は一生忘れません」と言って泣いて土下座した言葉は何処へ行ったのだと言いたい。こんな卑怯な人間は見たことがない。腸が煮えくり返る思いがする〗

〖鈴木の法廷での主張は酷いと思います。鈴木は合意書に関して「西の指示通りに書いただけで、A氏とは株の話をしていない」と主張し、和解書については「西が裏切ったため、西を交えた約束は履行できない」との内容の手紙をA氏に送りました。しかも、和解書を白紙撤回する理由は鈴木の代理人による主張と全く異なります。鈴木は脅迫や監禁について一切言及していません。品田裁判長がなぜこれを「心裡留保」と断定したのか、鈴木からA氏に宛てた手紙を読んでいないのか。もしそうであれば職務怠慢が疑われます。おそらく、読んでいながら故意に無視したのではないかと思います〗

〖鈴木側が提出した「質問と回答書」(乙59号証)はとんでもない陳述書だが、この中に西の代理権についての問答がある。鈴木は、「西に包括的な代理権を与えていない」と発言している。品田裁判長は審議の中で西の代理権については余り触れていないが、鈴木と長谷川弁護士の意図は、鈴木が西の紹介でA氏に会った時から西が自殺するまでの間に、西は鈴木の代理でA氏と会い、数多くの依頼と約束をしている。その中には多くの鈴木の策略が詰め込まれている。それは鈴木にとって不都合な事ばかりだ。それを鈴木と長谷川は西が勝手にした事と言いたかったのだ。西の自殺に哀悼の意も示さず、故人を悪者にしようとする神経は、人間ではない。この2人は絶対に許せない〗

〖鈴木は10億円を西に渡して合意書破棄を目論んだ。その10億円を「社長への返済金の一部」として西に渡したと嘘をつき、25億円の借金を15億円に減額させた。この悪質な手口で、合意書破棄を計画し、A氏に知られずに借金をさらに減らし、一石二鳥の策略を実行したのだ。鈴木は想像を遥かに超える極悪人である〗(以下次号)

読者投稿 鈴木義彦編③(395)

〖裁判所の最高権力者である最高裁の戸倉長官は、いつまで見て見ぬ振りをする積りか。放置すればするほど、裁判に対する疑惑の波紋が拡がるだけだ。ひいては裁判所全体の信用失墜に繋がるのは間違いない。再審の場で全てを明らかにし、犯罪疑惑者鈴木に正当な法の裁きを受けさせる事が賢明だと思う〗

〖この裁判は辻褄を強引に合わせることで、嘘を事実や真実に見せかけようとした。被告の鈴木と被告代理人弁護士たち、そして裁判官たちまでもが繰り広げた。弁護士たちは嘘を正当化し、虚偽の主張と反論(いいがかり)で辻褄を合わせようとした。結果として、裁判官たちは弁護士に翻弄され、事件の本質を理解せずに辻褄を合わせて判断した。もし他の法廷でも同様の裁判が行われているならば、日本の裁判所は誤審誤判に満ちていると言わざるを得ない〗

〖裁判で心裡留保が簡単に認められたら、訴えられた被告は必ずそれを持ち出して、原告を誹謗中傷するのが当たり前にならないか。実際にこの規定が適用されるのは、例えば民事介入暴力の場面が圧倒的に多いのではないかと思う。しかし、A氏側が提出した多くの証拠からみて、品田裁判長が本気で和解協議の場で脅迫や監禁があったと認識したとは思えない。どうしても株取引が行われた事実、約470億円という利益が出て、それが海外に流出して現に隠匿されている事実を排除する目的が優先した結果、こんな矛盾だらけの判決しか出せなかったのではないか〗

〖鈴木の裁判で、担当の裁判官たちが全員鈴木の勝訴を認めていたかどうか疑問だ。誤認だらけの判決が出た理由は不明で、裁判官は鈴木の矛盾した主張や長谷川の戦略の問題に気づいていたはずだ。それにもかかわらず、鈴木が和解協議で認めた点ですら受け入れなかったのはなぜだろうか。裁判長がなぜこのような不可解な判決を下したのか、その裏には何かあるとしか言いようがない〗

〖鈴木はどこまで意識しているか分からないが、品田裁判長が合意書を無効と判決で下しても、再審で覆れば有効性が認められることになり、それに違反して利益を独り占めして隠匿した資金が全てA氏と関係者のものであることが証明される。鈴木はそれが怖くて、株取引のさ中では西に10億円という多額の報酬を払ってまで破棄させようと必死になった。また、和解書に署名して支払約束をしたにもかかわらず、青田と平林を代理人に就けて和解書だけでなく合意書まで無効にしようとした。裁判で品田裁判長が狂ったのではないかと思われるほど異常に不当な判決を出したことで、ここでも鈴木は時間稼ぎができたように思っているだろう。しかし、それが本当に時間稼ぎに過ぎないことを鈴木は身に染みて実感するに違いない〗(関係者より)

〖裁判では、裁判官が多くの重要なポイントを排除し、誤った判決を下してしまいました。鈴木の変転する証言や嘘に対する積極的な追及がなく、西への10億円の支払いの目的や470億円の株の利益に関する明細、その蓄積手法、紀井氏の証言と確認書についても十分な検証がなされていません。裁判官がこれを見逃したのは手抜きか故意かはっきりしませんが、紀井氏の証言が虚偽である可能性があれば、何故、偽証罪を適用しなかったのか。鈴木側の主張が裁判官によって採用され、全ての事実と真実が十分に認定されないまま誤った判決が下されたことは納得できません〗

〖被告側弁護士の長谷川と平林は裁判を勝訴させるためには、鈴木の嘘ばかりの主張を覆い隠す事が無理だと悟り、原告の印象操作に絞り込んで、あたかもA氏が暴力団と親密であるかを、自殺した西が言っていた事としてA氏を反社会的組織の手先に仕立て上げようとした。その事を裁判官に強烈に訴える事で、A氏の信用失墜を画策した。こんな汚い裁判戦術が罷り通る様では、公明正大な裁判など有り得ない〗

〖一般社会では度の過ぎた嘘や名誉毀損の行為は通用しないが、法廷ではそれが戦術として許容されるのだろうか。鈴木は主張や証拠、人間性や素行等について不利な状況にありながら、和解協議が心裡留保や強迫に当たるといった手法で裁判を誘導した。裁判官を心理的に味方につける戦略により、鈴木と長谷川の思い通りに裁判が進行した。予測できない結末となったが、このような判決が下されると社会は恐ろしいことになる〗(以下次号)

読者投稿 鈴木義彦編③(394)

〖日本の法制度における再審の壁は厚く高いと聞くが、これだけ社会に影響を与えている裁判だけに、最高裁長官の鶴の一声で再審の場を設けて、真実を明らかにする事も絶対に必要ではないか。日本の将来の裁判所の事を考えたら、当然といえば当然だろう〗

〖和解書の無効を主張する被告側は、公序良俗違反や脅迫、心裡留保により和解書が無効とされるべきだと述べています。しかし、公序良俗違反は品田裁判長の判断ミスにより生じ、心裡留保は鈴木の詐欺師としての手法で悪用していることが指摘されています。品田裁判長が採用した判断は無謀であり、鈴木の手紙や警察への届け出の痕跡がないことも考慮すべきです。公正な判断が欠如しており、自身の裁定を正当化するために品田裁判長が無理な判断を下したと思われます〗

〖この鈴木の裁判に対する批判は止まない。その理由の一つとして被告代理人の長谷川弁護士の存在がクローズアップされている。弁護士もまた裁判官と同じように正義の味方である事が必然である。しかし長谷川は仕事とはいえ、犯罪者である鈴木の弁護を引き受け、その犯罪隠ぺいに努めたのである。犯罪者を更生させる立場にもある弁護士が、鈴木の犯罪収益から支払われる高額な裏金の報酬に魅了され、弁護士の本懐を果たすどころか、長谷川自ら率先して偽証工作を働き、犯罪者鈴木の幇助を行ったのである。長谷川は裁判終結後に懲戒処分を恐れ早々に弁護士を辞して、司法界から逃げる様に去って行ったが、この蛮行はYouTube等を通して拡散し、風化する事は決してないだろう〗

〖鈴木事件での悔しさは、西の自死でした。西の遺書からA氏への懺悔と反省が伝わりましたが、西が生きてA氏のためにその思いを実現する機会を逃したことが残念です。裁判では、西の存在が判決に大きな影響を与える可能性がありました。それを考えると、西にはまだA氏に報告すべきことが多くあったに違いなく、その機会を失ったことが悔やまれます〗

〖鈴木は、親和銀行事件で逮捕される事は知っていたがそんな素振りを見せずA氏の会社を訪れた。A氏は他から鈴木が3日後に逮捕されるという情報を聞いていて、鈴木に教えた。鈴木は驚いた振りをしたそうだ。そして、逮捕された時の弁護士費用や、家族の生活費その他諸々の資金の必要性を話し、A氏に借入を申し込んだ。A氏は今までの貸付金の返済が一銭もされていない状況にも拘わらず、鈴木に同情して、現金8000万円と、ピンクダイヤと絵画を販売委託として鈴木に貸し出した(但し鈴木は絵画を一度も持参していなかった)。その時鈴木は、個人の借用書と、販売委託用にFRの天野常務のサインがある念書に自分の署名をして提出している。という事は、A氏の情に縋って逮捕前の資金繰りをする為に天野氏にサインさせた念書を予め用意していたのだ。この時、鈴木はA氏に「この御恩は一生忘れません」と涙を見せて土下座をしたという。鈴木は、A氏の温情に縋る卑劣な方法を使い、涙を流して土下座するという質の悪い大悪人なのだ〗

〖志村化工株事件で西が逮捕されると、鈴木は西に土下座し、我が身を守るために口止めを嘆願した。しかし、西の有罪判決が確定すると、鈴木は手のひらを返すように態度を急変させ、西を切り捨てようとした。我々と同じ人間の血が通っているとは到底思えない。金のためなら冷酷無比な人間に変貌する根っからの詐欺師だ〗

〖A氏が鈴木に融資を開始する時に、西がA氏に差し入れた「お願い」という書類がある。それには鈴木本人がA氏と面談してお願いしなければならない内容が書かれている。借りる方の勝手な事ばかりが書かれているが、A氏は、あまりこだわらずに承諾している。書かれた内容は、担保として預けているFRの約束手形が不渡りにならない様に、①支払期日3日前までに返済します、②銀行から取り立てないで下さい、という事が書かれている。A氏は返済期日前に返済が無くても約束を守ったが鈴木は最初から約束を反故にしている。鈴木は最初から約束を守るつもりが無かったと言うしかない、まさに泥棒だ〗(関係者より)

〖法廷戦略を練り、裏側の事情を把握することは、弁護士の基本である。特に民事裁判では、裁判官と相手弁護士との駆け引きが成功を左右する。裁判官や相手弁護士の実績や性格を知り、準備を怠らずに行うことが肝要だ。A氏の代理人、中本、戸塚の両弁護士が準備不足だった可能性が高い。裁判が始まる前はA氏有利の可能性が高かったが、真逆の結果になってしまった〗(以下次号)

読者投稿 鈴木義彦編③(393)

〖鈴木は、宝林株相場で大物相場師の西田晴夫(故人)と知り合った。西田は、「西田グループ」と言われる集団を率いていて、自分の名前の銀行預金通帳も持たず、株取引も自分の名義での取引はしなかったと言われているが、証券取引等監視委員会(SEC)は常に西田本人をマークしていたらしい。西田は女性好きで常に愛人を持ち、贅沢な暮らしをさせていた。鈴木は、西田の生き方を崇拝するようになり、株取引のテクニックも学んだ。そして、宝林株相場が終わった後は、FRや昭和ゴム等でも一緒に相場に参入した様だ。その後、西田は他の銘柄の相場操作でSECに告発され、検察に逮捕された。収監中に持病の糖尿病を悪化させ、亡くなってしまったが、西田グループの莫大な資金の行方が不明で、グループの幹部は、「鈴木が知っているのではないか」と言っていたらしい。確かに鈴木は、西田の秘書をしていた白鳥女史とも親しく、その白鳥女史はSECにマークされフランスに逃亡したままになっている。鈴木は以前からスイスには度々行っていた事から「鈴木と白鳥女史が西田資金を運用しているのではないか」という噂が元西田グループの側近達から流れた。とにかく鈴木という人間は、「うさん臭い金の匂いがするところ」に必ず名前が挙がる悪党だ〗

〖鈴木の不正行為は裁判で明らかにされなかったが、このサイトで真実が明示されました。不公平な裁判や悪辣な弁護士の行為も露呈され、再審でA氏の正義が証明されるべきで、鈴木や裁判官、弁護士には厳しい処分が必要です。鈴木の隠匿資産が処分対象になれば、タックスヘイヴン地域を巻き込んで国際的な騒動になるでしょう。一部の日本の裁判官や今回の悪行を重ねた3人の弁護士、特に長谷川には、懲戒請求前に廃業しても責任が免れるわけではありません〗

〖鈴木の事件で注目されているのは、鈴木義彦という悪辣極まりない人間のみならず、裁判の裁定に関わった裁判官たちや鈴木の代理人弁護士の存在も大きく問われていることである。万国共通の認識として、裁判官は、被害者の味方で絶対的正義を貫き、悪を罰し駆逐する「法の番人」でなければならない。この裁判を担当した品田裁判長は、剣の力にも財の力にも頼らないはずの司法が、知性と資質に基づいて法の支配を貫徹し、国民の権利や自由を実現するという役割を、鈴木の裁判では完全に裏切った。法を裏切った品田は世界中から大きな反発を受け、世界中を敵に回したのだ〗

〖鈴木の敗訴を悟った弁護士の長谷川は高額な報酬に釣られて、裁判を有利に進めるために非道な手段を講じた。日本の民事訴訟では提出された陳述書が全て証拠として扱われ、それが捏造でも宣誓した証人以外は偽証罪に問われないという弱点を悪用した。さらに、反社会的組織との繋がりを強調して原告の信用を傷つけ、信頼を失墜させた行為は、弁護士として極めて卑劣であり、鈴木の共犯者と言わざるを得ない〗

〖どれだけ鈴木が自分の名前を隠し、自分の関与を消そうとしても不可能だということが、志村化工株事件では明白だった。株取引で鈴木は一切名前を出さず、買いは西に、売りは紀井氏にやらせていても、武内一美の存在が鈴木の関与を浮き彫りにした。そう見れば、隠匿資金についてもペーパーカンパニーの名義でプライベートバンクに隠されていても、ペーパーカンパニーやプライベートバンクの鈴木を知る人間がボロを出せば鈴木は追い詰められる。決して自分の存在を完全に消すことなどできない。鈴木はそれがよく分かっているから所在を不明にしているに違いないが、今後、誰が鈴木を裏切るか注目している人間は多いに違いない〗

〖鈴木の裁判の判決について、非現実的なものだと感じている人は多い。特に、鈴木が海外資産を大量に隠匿したとされる巨額の疑惑について、鈴木は宝林株800万株を取得する際、海外のタックスヘイヴンにペーパーカンパニーを設立し、株取引で得た利益金の流出を図ったとされている。これが株取引全体で行われたにもかかわらず、その真相が解明されないのは甚だ疑問だ。約470億円の利益があり、運用利回りで既に1000億円以上になっていると言われ、この金額には注目が集まっている。鈴木には今も脱税疑惑がかかっている〗

〖鈴木が、A氏宛に書いた手紙の中に、西と紀井氏を非難しながら「3人(A氏、西、紀井氏)で私を陥れようと企んでいた…」と書いているが、どんな思考回路をしているのか理解できない。鈴木を陥れて何のメリットがあると言うのだ。西が監督官庁に密告したとも書いているが、鈴木を密告して誰が喜ぶのか、誰が得をするかをよく考えることだ〗

〖裁判官は当事者の性格を見抜く才能を持ち、善悪を厳正な良心と誠実さで判断すべきです。客観的な判定に偏りがあれば、故意と見なされても当然です。品田裁判長の判決には故意性が見受けられ、強引な辻褄合わせがみられます。このため、この裁判の裁定は疑わしいものとなり、原審に戻す必要があります。公正かつ納得のいく判決を下すべきです〗(以下次号)

読者投稿 鈴木義彦編③(392)

〖いつまでも犯罪者鈴木を、このまま放っておいていいのだろうか。法の網を掻い潜り、巨額の金を騙し取った罪は今のところ立件されず、まんまと手に入れた金は、今では1000億円超になるという。その金を税金逃れの為に海外に隠匿している。罪を犯し、国民の義務である納税すら逃れている。鈴木は非国民ではないか。司法当局と税務当局が一丸となって検挙すべき悪党だ〗

〖第一東京弁護士会の、平林英昭と杉原正芳に対する懲戒申立に関し、疑念だけでなく非難が溢れています。懲戒請求があれば、弁護士会の綱紀委員会が審議しますが、同会の綱紀委員会においては平林と杉原が提出した答弁書が請求者に一部しか開示されず、最初の答弁書の開示までに半年以上も放置されたとの指摘があります。平林と杉原は請求の理由を否認していますが、信憑性に欠けます。請求から3年以上を経ても答えを出さない綱紀委員会の姿勢は法曹界に不審を招く事態になっています〗

〖紀井氏は鈴木から「儲け折半」でスカウトされたらしいが、そんな旨い話もないだろうと思うが、鈴木なら言いそうなことかも知れない。紀井氏は、鈴木にスポンサーがいるだろうことは察知していたが、合意書の事は知らされていない。鈴木が仕込んだ株を西が買い上がって紀井氏が高値で売り抜ける。利益金は証券金融会社等を経由して鈴木の手許に届く。紀井氏のいるオフィスには現金が入ったダンボール箱が積み上げられていたらしい。紀井氏の報酬は鈴木と約束した額の100分の1程度だったという。それでも相当な金額だっただろう。紀井氏は鈴木から離れようと何年も前から考え西に相談していた時に西の香港襲撃事件が起き、一つのきっかけになった。西から話を聞いた時に自分の予感が当たった事で自分の身の危険を感じたらしい。そして、西から合意書の事実を聞かされた。そして実際の利益金額の詳細を聞かれた。紀井氏は売り担当をしていたので正確な数字を把握していた。紀井氏は西の事も余り信用していなかったようだが、香港事件を聞いて鈴木から離れることを決めた事もあって西に協力した。紀井氏の明細によると鈴木が独り占めしている利益が約470億円である事を西は知ったのである。天文学的な金額だった。普通ならすぐにA氏に報告すべきことだったが西はA氏に報告しなかった。自分なりの陰謀があったのだと思う。この西という奴も最低の人間だった〗(関係者より)

〖平成12年ごろ、鈴木は親和銀行不正融資事件に関連して親和銀行に約17億円の和解金を支払って実刑を免れた。また平成15年には山内興産にも約4億円の和解金を支払った。合計すると約21億円もの金を、鈴木はどこから手に入れたのか、大いに疑問だ。鈴木は合意書に基づく株取引で得た利益を、A氏に対する裏切り行為で独占し、それによって和解金を支払っている。何度も窮地を切り抜けられたのは、全てA氏のおかげではないか。しかし、それを己の強欲に任せて株の利益金を独占することは、まともな人間がする行為ではない〗

〖宝林株を取得する資金の調達で、鈴木は西に、多額の債務を抱えている上に保釈中の身で何もできないと訴え、西がA氏に相談に行き3億円を借りる算段を付けたにもかかわらず、鈴木は取得した800万株の受け皿としてペーパーカンパニー3社を用意して契約当日に3社を斡旋したフュージョン社の町田某を立ち会わせて原株を受け取らせ、さらに杉原弁護士を常任代理人にして金融庁へ虚偽の大量保有報告書を提出させた。資金の出所を偽り、A氏の名前を消して、800万株を完全に自分の支配下に置く手はずを整えたのは、経験者でなければできない知恵だろう。鈴木はそうしたプロセスについて、A氏から買い支え資金を出してもらう際に一言も話していない。西を利用しA氏を騙して得た利益を独り占めしようという魂胆が明白だった〗

〖以前、パナマの法律事務所から世界中の富裕層の租税回避情報が大量に流出し、その中には日本人も数百人含まれていると言われた。これに対応して、日本の税務当局は富裕層の海外資産情報の収集に力を注いできた。国税当局は主要な週刊誌をほぼ購読し、またインターネットの普及により昔とは比べものにならない膨大な情報が手に入るようになったと述べている。おそらく、ネット情報などを含む詐欺や脱税に関する事件を取り扱うウェブサイトは、査察部にとって情報の宝庫となっているだろう〗

〖和解協議の場で「じゃあ今、この場で命を落とせばいいじゃないか。それだけの腹があんのか、お前」と西に言ったという鈴木が被害者面をして、「脅迫されて正常な精神状態では無かった」とよく言えるものだ。この西が録音したテープは当時、何人もの関係者が聞いている。脅迫を正当化するために、鈴木は西が香港で巻き込まれた事件で容疑者にされそうになり、社会的信用を失いかけたとも言うが、鈴木の社会的信用など親和銀行事件でとっくになくなっている。しかも鈴木は株取引が本格化して以降、ずっと闇に潜んできたではないか。鈴木のどこに社会的信用があるというのか。こんな人間さえもまっとうに裁けない裁判官の眼はフシアナ以外の何物でもない〗(関係者より)

〖志村化工株操縦事件で、東京地検特捜部は最初から鈴木を重要視していたが、逮捕された西が鈴木との関与を完全に否定した。それにより鈴木は逮捕を免れたものの、西の判決後、鈴木は西を利用価値のない存在と見なし、容赦なく切り捨てようとした非情な人間だ。鈴木は誰彼構わず利用価値がなくなると容赦なく排除してきたが、まさに鬼畜に等しい人間だ〗(以下次号)

読者投稿 鈴木義彦編③(391)

〖平林弁護士は、懲戒請求に対する答弁で、「質問と回答書」(乙59号証)について『長谷川弁護士と鈴木氏がやったことで関わっていない』などと間の抜けた返答をしているが、訴訟の最初から判決まで代理人として名前を連ねていて関わっていないなどと何故言えるのか。同書面の内容についても中身を見ないで裁判所に提出されたとでもいう積りだったのか。責任転嫁も甚だしい〗

〖鈴木は常に他人を騙す手口を考えているのだろう。親和銀行事件での逮捕前にA氏から借りた8000万円と平成9年10月15日付の借用書に基づく3億円等の取引を除いて、西を代理人とし、鈴木は直接A氏とのやり取りを避けていました。鈴木は巧妙に、自身の株取引で得た利益を主張し、西が株価の買い支えを名目にA氏からの金を詐取していたというストーリーを構築していたのは確かだったと思います〗

〖西はA氏に鈴木を紹介して以来、常に鈴木の側に立ってものを言い行動していた。それはA氏から金を引き出すために鈴木を材料にしようとする目的があったからだろう。宝林株取引で鈴木に唆されてA氏を裏切る事を簡単に選択したのはその証であろう。鈴木の唆しは「悪魔の囁き」だったかもしれないが、それに乗ったのは西の本音と一致したからではないか。結果的に西は自分の悪事に耐え切れず、鈴木と青田に追い詰められて自殺してしまったが、鈴木の掌で踊ってしまった。鈴木の非情さや悪辣さが世界レベルでも際立つ事件だ〗

〖A氏は、鈴木による巨額の詐欺で人生を狂わされるほどの被害を受けました。鈴木に対する訴訟は、被害者がA氏であり、加害者は鈴木であることは明白です。だから、この判決結末に納得がいかない。裁判所の存在意義と目的は何か。まともに生き、助けを求める人がなぜ苦しまなければならないのか。裁判所は悪を裁く場ではないのか。司法関係者はその事に自覚を持ち、法の目的を理解すべきです〗

〖鈴木はA氏に内緒で元証券マンの紀井氏と茂庭氏をスタッフに加えていた。紀井氏は外資系の証券会社に勤めていて経験は豊かであった。茂庭氏は自主廃業した元山一證券の海外駐在者だった。この2人をスタッフに加えた事で、鈴木が表舞台に出ないで済んだのだ。これも鈴木の用意周到さの表れだと思う。紀井氏は、鈴木が仕込んだ株を鈴木に任され、高値で売り抜ける業務を担当し、茂庭氏は山一證券時代のルートと知識経験を利用してペーパーカンパニーの管理や売買利益金を海外に移動し、一時的に管理する業務を担当していたが、鈴木は2人の間を遮断し、お互いの業務内容の開示を禁じていたようだ。西でさえ2人のオフィスへの出入りを制限されていたらしい。鈴木はこうして利益金を独り占めする為の準備を着々整えていた〗(取材関係者より)

〖和解書作成時、西はなぜか470億円の利益を言及しなかった。鈴木は利益を60億円と主張し、A氏と西にそれぞれ25億円支払うと述べた。和解書にはこの発言を基にした金額が記載されている。470億円の利益なら、経費を除いても100億円以上の配当金になる計算だが、それでもA氏の支援金にも足りない。最終的に西は自殺したが、鈴木にはそれ以上の報いが必要と思う〗

〖鈴木は今回の事件でA氏から株取引を利用し得た利益を詐取して海外に流出させ、運用利益も合算すると1000億円超に上るという。鈴木は恩人のA氏を裏切り、我欲を満たす事は出来たが、同時に周囲から相当の怨みも買っている。鈴木の度が過ぎる卑劣さに対する怨みは個人的ではあっても世界中の人々から賛同され、今後はYouTube配信を受けて拡散の渦が巻き起こり、再審に向けて大きく動き出す事が期待される〗

〖日本の裁判所制度は三審制を導入しているが、その目的は公正かつ慎重な裁判を通じて誤りを防ぎ、国民の正義を守ることにある。しかし、実際には鈴木の裁判などに見られるように、二審も三審も主に原審の判決を盲目的に支持し、手続きの不備の確認だけで済ませ、検証をしたかのように装うための誤字脱字修正に留まることが一般的です。この法曹界の堕落を解消し、健全な環境を再構築するためには、獅子身中の虫のような裁判官たちが淘汰されるべきです〗(以下次号)

読者投稿 鈴木義彦編③(390)

〖鈴木は常に用心深い人間だ。鈴木は西に自分の所在を明かさないように言明していたが、西も鈴木が逃げようとしていることを察知していたようだ。嘘を付き続ければいずれ限界が来て、逃げるしかない。狡猾な鈴木は、逃げるだけで無く、A氏が出した買い支え資金は、株取引の為と偽った西が全て詐取した事にしようと考えていた。そこで西を香港で事件に巻き込ませ、鈴木は知らぬ存ぜぬを通すつもりだったのではないか。鈴木は完全犯罪を狙っていたのだ〗

〖鈴木は西からA氏の情報を探り、A氏が東京オークションハウスのスポンサーであり、これまでに100億円以上の融資を受けていることを知り、鈴木はA氏を紹介してもらう絶好の機会を見逃さず狙っていたように思います。西を連帯保証人にして融資を受け、A氏を紹介してもらうことに成功しました。この瞬間から、鈴木は詐欺の計画を練り始めたに違いありません〗

〖裁判では、和解協議が「強迫」と「心裡留保」に当たると裁判官は認定しているが、鈴木の代理弁護士の長谷川の主張のみを採用している。余りにも無謀で理不尽な判断だ。和解協議後、鈴木がA氏宛に送った2通の手紙には、A氏に対する感謝の気持ちや今後の支払い方法に関する事等、「強迫」を受けた事とは程遠い内容が書かれていただけに、裁判官の判断には非常に疑念が生じる〗

〖法は正義の追求のために存在するべきであり、専門家が利益を得るためにあるのではありません。裁判官や弁護士が法律を利用して難解な言葉で市民を混乱させ窮地に追い込むことは許されません。特に、裁判官の見解が影響を与える民事訴訟では、客観的かつ公正な判断が求められます。経験や倫理は重要ですが、それらが未熟であったり、誤審誤判を引き起こす原因となることは避けるべきです。裁判官は自身の判断を法に基づき、公正かつ適切に行うべきです〗

〖西の香港での事件と霜見誠夫婦の殺人死体遺棄事件の犯行手段に類似点が多いと感じている人は多いのではないか。どちらも車中でアルコールを飲ませて意識を朦朧とさせた上での犯行だった。西は、瀕死の状態で放置され意識を失っているところを発見されたが、犯人は捕まっていない。霜見の場合は夫妻で地中に埋められていた。犯人は捕まって事件は解決したが、犯人の供述にはチグハグな部分が多いと言われている。私がこのように考える根拠は、二つの事件は多額の金銭のトラブルが絡んでいて、その相手が鈴木だったという事と、鈴木の周囲にはこの様な事件が多すぎるからだ〗

〖品田裁判長がA氏の訴状を読んだ際、事件の真相を真剣に探究したのだろうか。裁判の内容から、A氏が提訴した理由と、A氏が鈴木からどのような被害を受けたのかという基本的な事がしっかりと把握されていないようだ。裁判の基本である証拠の検証が全くなされていない。こんなセオリーに反した裁判は前代未聞ではないか〗

〖品田裁判長はA氏側が提出する陳述書を余り読んでいなかったのではないだろうか。特に紀井氏の証言に対する認定は裁判長としては考えられない事だ。品田裁判長も鈴木に同調して紀井氏の事を「ただの電話番」だと言ったが、品田裁判長は紀井氏の職務を全く理解しておらず、「株売買の内容を知る立場にはいない人間」と発言し、紀井氏の証言を無視した。品田裁判長は何を根拠にこの裁定をしたのか、鈴木の嘘主張を全面的に支持しただけだった。紀井氏の証言は鈴木の裏切りを証明する重大な証拠だったのだ。品田裁判長の責任ははかり知れない〗

〖鈴木と西はA氏の援助に感謝しつつも、合意書では利益を3分の1ずつ分配することが約束されていました。しかし、二人はA氏の取り分をもっと増やす提案をすべきでした。ところが、鈴木は合意書に逆らい、巨額の利益を占有してしまいました。これは人として許されない非道な行為であり、借金も返済されずにA氏を欺き、逃亡を図っている。鈴木の行動は許し難い極悪さです〗(以下次号)

読者投稿 鈴木義彦編③(389)

〖選挙の投票に行くと「最高裁判所国民審査」の用紙を渡されることがあるが、何時も鉛筆を持つ手が止まる。「やめさせたい裁判官に×を付けろ」と言われても、そもそも顔も名前も知らないし彼らの実態も知らない。何を根拠にすればいいかが全く分からない。「最高裁判事は国民審査の結果選ばれる」という事は知っていても、知らない人に×はつけられないし、白紙で出せば全員を選んだことになる。報道で経歴だけを見ても実感が沸かないし、学歴や経歴が立派でも人間性が立派だとは限らない。鈴木の事件で裁判所に関する知識が増えた為に裁判所組織に多いに不信を持っているが、この投票用紙に書かれている人は裁判所の幹部たちである。それならば、裁判所組織腐敗の張本人たちではないのか〗

〖日本が法人税や個人所得税が世界的に高いことが知られています。富裕層はこれを回避するため、タックスヘイヴンを活用し、別荘や高級車、クルーザーを手に入れても莫大な税金がかからないようにしているようです。鈴木が盗んだ金で豪華な生活を楽しんでいる事を知ると、多くの関係者やSNSの膨大な読者からは市場最悪と言われているようだ〗

〖裁判ではあれだけ確定的な証拠類が揃っていたにも拘らず、原告の代理人弁護士中本は、法廷で裁判官を納得させられる答弁が出来ず、証拠類は宝の持ち腐れに終わった。一方被告側弁護士長谷川は、全くの出鱈目なストーリーを創作した「質問と回答書」(乙59号証)を使って、勝ち目が無いと思われた裁判を勝訴に導いている。裁判とは何なのか、真実を追求する場では無いのか。現実の裁判では常に正義が勝つとは限らない〗

〖鈴木は宝林株取引で莫大な利益を得て、その中から親和銀行不正融資事件で100億円以上の和解金として銀行に約17億円を支払い、実刑を免れた。この巨額の資金の出所を追及しなかったことが不可解でならない。A氏との出会いがなければ和解金を支払えず、刑務所に収監されていた可能性が高かった。鈴木はこの事実を知っているはずだが、それでもA氏を裏切り、犠牲者を増やし続けた行為は断じて許されるべきではない。鈴木が自覚を持たなければ、その影響は家族や身内にも永久に影響することぐらい気付くべきだ〗

〖株取引で利益を出したのは鈴木ではなく紀井氏だった。鈴木は夕方に紀井氏が株取引をしている事務所に来て、紀井氏から結果を聞くと銀座や六本木に飲みに行くというのが日常になっていたようだが、それで紀井氏を「ただの電話番だった」というのは筋違いではないか。転換社債や第三者割当等を企業に発行させて取得した株を紀井氏が売る役割を一任されていて、裁判で問題になった。合意書に基づく株取引が継続しており、かつ利益が出ていたという事実は紀井氏の証言や証拠の確認書で十分に証明されるはずだ。品田裁判長も鈴木の主張に同調して「紀井氏は全体像を知らない」などと分かったようなことを判決に書いているが、品田自身が何も分かっていない。本当にこれで裁判官といえるのか。早く辞職するべきだ〗(関係者より)

〖鈴木がA氏への手紙で述べた内容は、西と紀井氏が自身を国税庁や金融庁に密告し、日本への帰国が難しいとの主張ですが、これは疑問です。西は志村化工株事件や香港の事件で、鈴木の名前を隠し、密約や株取引の利益清算もある中で彼を密告するはずがありません。鈴木が自分の都合で他者を悪者に仕立てることは常套手段であり、A氏を讃える文言も鈴木の策略の一環でしょう。鈴木の悪行は限りなく卑劣です〗

〖品田裁判長は合意書を無効にする判断として、7年間余り、A氏と西、鈴木の三者で具体的な報告や協議が殆どされていなかったという理由を挙げているが、鈴木がA氏への報告の場を拒み、西に嘘をつかせて言い訳で誤魔化していたのが現実にあって、どうして正常な協議ができたというのか。品田はA氏側の主張をまともに検証せずに勝手な思い込みを優先させているとしか思えない。それでもA氏と鈴木、西は重要な場面では面談を重ねており、その時に株取引の話が一つもなかったということは有り得ない。これはA氏側の代理人がしっかりと主張していないことが大きく影響していて、裁判官に先入観を持たせたのではないか〗

〖鈴木の裁判の結果には驚きを隠せません。A氏が敗訴した理由が、一言で言えば理解不能です。A氏の弁護士が適切に反論できなかったことはもちろんありますが、それ以上に、鈴木側の主張と証拠が明らかに矛盾に満ち、嘘だらけであることが明確に浮かび上がっています。対照的に、A氏側には確実な証拠と主張が数多く揃っているにもかかわらず、裁判官たちが採用しなかったことでA氏が敗訴したのは不可解です。判決が公正公平でないことは明白です。この裁判は日本だけでなく海外でも非難の波紋が広がっています〗(以下次号)

読者投稿 鈴木義彦編③(388)

〖鈴木の不当裁判は多大な反響が永久に残るだろう。YouTubeでも配信されているが、「史上最大級、1000億円脱税疑惑」を見れば、鈴木が裁判に勝訴したことがとても信じられない。本当に勝ったのであれば、何故逃げ隠れするのか。逃げれば逃げるほど更なる情報が配信されるだろう。サイトの記事やYouTubeの発信力は計り知れない〗

〖鈴木は今まで詐欺を繰り返し生きてきた。鈴木の周りでは、十人前後の消息不明者や自殺、不審死が相次いでおり、とても偶然とは思えない。偏見を持つべきではないが、鈴木のような悪質な常習犯は要注意人物として対処する必要があるでしょう。過去の犯罪を暴き、鈴木を罰しない限り被害者は増える一方と思います〗

〖合意書には「今後一切の株取引で責任を持つ」ということが明記されている。鈴木は和解協議で宝林株取引以外は認めなかったが、西がしっかりと本当の話をすれば、鈴木はさらにズルズルと認めていったに違いない。その意味では西の対応は曖昧過ぎたのではないか。A氏に話していない事実の中でも買い支え資金の流用が西にとっては一番知られたくない部分だったろうが、鈴木はそれを材料にして西に影響力を行使していたのではないか。和解協議の場は大きな山場だったがそれを強要されたとかエレベーターが止められたとか言っていたが、それが本当なら鈴木が一週間後に一人で来社することは有り得ないことだ〗

〖鈴木が裁判に勝訴したが、その勝因はほとんどが虚偽の構築によるものである。鈴木は金を騙し取ることばかりを考え、長谷川の悪辣さに頼り、裁判を嘘の主張で固め、利益金を秘匿し続けている。鈴木は改心しなければ、家族や身内にも悪影響が及び未来はなくなり、非難は永久に続くだろう〗

〖警察に逮捕される3日前に鈴木はA氏に土下座して涙まで流しながら8000万円を借りた。その前に、西の妻から1800万円を借りていた事実を隠しており、A氏に「西さんには言わないでください」と口止めしたのは、計画的だったことが明らかだ。鈴木は西の妻には「急いでいるから」と言って借用書さえ書かなかったというが、それも鈴木の常とう手段であったから、あまりにも悪質過ぎる。志村化工株事件では、自分が助かるために西に罪を被らせて逮捕を免れた。利益を独り占めにするために西を切り捨て自殺にまで追い込んだことは人間のやることではない。鈴木こそ一生塀の中で過ごすべきだ〗

〖様々な業界で暴露本が出版されていますが、元裁判官瀬木比呂志氏が執筆した『裁判所の事情』では、『裁判官は良い判決文を書くよりも、上司の好みに合った判決文を書く方が昇進の近道だ』といった内容が明記されています。更に、『上司の好意を得ないと人事異動に影響する』とも述べられています。初めて知る内容に驚きましたが、鈴木の裁判の経緯を追うことで理解出来るでしょう。品田判決は、日本法曹界の恥とも言えるものです〗

〖鈴木は、「悪の申し子」と言っても過言では無い。完全に人間性が欠如した「私利私欲」の為だけに人を人とも思わず、恩人であるA氏でさえも株取引に協力を仰いで買い支え資金を出させ、巨額の利益を独り占めして裏切り、周囲の人間全てを巻き込み破滅に追い込んでいく、とんでもなく卑劣な人間だ情報サイトやYouTubeを見れば分かる〗

〖裁判終了後、長谷川幸雄は弁護士資格を取り消したようですが、それによって問題が解決するわけではありません。弁護士の立場を悪用し、「質問と回答書」(乙59号証)という証拠は内容の全てが完全な虚偽で、裁判を有利に導く手段となりました。これは偽証罪の教唆に等しく、弁護士を辞めても責任を逃れることはできないはずです。本人は自業自得だが息子や孫にも永久に残り消滅することはない〗(以下次号)

読者投稿 鈴木義彦編③(387)

〖現状の日本の法曹界の堕落ぶりを世界中に認知してもらう為にも、鈴木に関する情報サイトやYouTube配信は、良いキッカケになるのではないか。法の権力を牛耳る司法界のタブーにあらゆる方法でメスを入れる事により、冤罪判決を下しかねない品田のような裁判官の一掃に繋がる事を期待したい〗

〖鈴木は「合意書」の作成時に、「これができなければ社長からの借入金も返済できなくなります」とA氏に懇願して株の資金協力を仰ぎました。しかし、彼は合意に反し、報酬10億円で合意書破棄を西に強く求め、宝林株の取引で最終的に約160億円を得たことで本性を露わにしました。以後、鈴木は利益金を独占し、あくどい手口で国外流出を図り、今や世界中の特別な数件の事件と比較されているが鈴木の事件が世界で一番と言われている。世界一の最低最悪の詐欺師とまで言われています〗

〖鈴木は馬鹿なのか利口なのかよく分からない奴だ。余程、自惚れが強いのだろうか。万が一の事が起った時は隠匿している1000億円以上の資産は役に立たないと思う。自分のものだという証拠はない。不渡手形を発行するようなもので誰も信用しないだろう。そして、鈴木の致命的な所は信頼できる人間が周囲にいない事だろう。金だけを頼りにして他人を踏みつけにして来た報いは必ず来る。その時には土下座も演技の涙も通用しない事を知っておくことだ。家族を巻き込んで最悪の事態になるだろう〗

〖鈴木は宝林株だけで約160億円の利益を上げていました。それなのに、A氏を欺き、買い支え資金を受け続けていました。利益が十分でありながら、鈴木はA氏に報告せず、資金と利益をだまし取りました。約470億円の利益を独り占めした鈴木の強欲さには驚きます。A氏に謝罪と返済をし、公平に分配しない限り、鈴木に対する追及は強まるばかりだろう。このままでは鈴木は泥沼にはまり、いずれ追い詰められるしかないが、この状況を打開させるのは全て鈴木次第です〗

〖鈴木に限らず、他の関係者達は戦々恐々としながら情報サイトやYouTubeを見る事になるだろう。サイトでは伝わりにくい迫真力が動画にはある。今、正に自分の身の上に起こっているかのように感じられる事が、共感を呼び新たな共感者を惹きつける事になるだろう。サイトとYouTubeが相乗的に作用して広がりを見せるのは間違いないと思う。鈴木も自身の事だけに拡散の恐怖を強く感じる事は当然だ。他の関係者達も同様な不安を覚えているに違いない〗

〖西は香港で鈴木との密約を履行する時に命を狙われましたが、幸運にも助かりました。香港で命を狙われたことで、鈴木を警戒し、A氏に鈴木の裏切りの一端を暴露しました。もし香港で西が命を落としていたら、鈴木の裏切りが発覚することは難しかったでしょう。しかし、最終的に鈴木に追い詰められ自殺してしまいましたが、本来ならA氏と共に鈴木と闘わなければならなかったはずです〗

〖元高裁の裁判長について、その裁判長がある事情により人事面で冷遇されてきた。この裁判長は自分の意志を曲げない裁判官だったらしい。しかし、当時を振り返って語った言葉は、「意に沿わない人事を受け入れた自分に、不当な配置転換された人から、その撤回を求めた訴えが持ち込まれた時、果たしてその裁判を裁く資格があるのか」と自問したという。非常に痛ましい思いのする話だ。裁判所の人事差別は間違いなく存在するが、どんな言動に対して差別されるのかという具体的な事はどの本にも書かれていない。ただ「上司の意に沿わない言動」としか書いていないが、裁判所内部には不文律でもあるのだろうか。人事権を持つ上司が変わるごとに変わるのだろうか。裁判所の歪んだ伝統は廃止するべきだと思う。立派な信念を持った裁判官が育たなければ、これからも国民の信頼を得ることは出来ない〗

〖西と鈴木は、以前は親密な関係にあったと思われましたが、鈴木にとっては西はA氏を裏切る共犯であり、A氏との折衝をするための都合のいい代理に過ぎませんでした。鈴木は利益金の管理で主導権を握り、西を思い通りに操りました。しかし多くの秘密を知る西が消えれば、鈴木は利益を独占できると考えていたようです。鈴木は青田と結託し、反社の人間を使って西を尾行し、圧力をかけ続けました。それだけ西が鈴木の秘密を知りすぎており、それを暴露されることは避けたいと考えていたのでしょう〗(以下次号)

読者投稿 鈴木義彦編③(386)

〖鈴木は他人を欺きながら、自身が被害者のように振る舞う人間だ。これは最も卑怯なやり方である。鈴木は和解書を無効にするために「脅迫や監禁に遭い、身の危険を感じて仕方なく書類に署名した」と主張し、心的留保を主張した。しかしこれは「相手の顔が怖い」とか「話し方が怖い」と同様で、感覚だけで根拠も証拠もない。もし裁判がこれを認めれば被害者は大きな打撃を受けることになるだろう。品田裁判長が被告の主張を受け入れ、総額70億円の和解書を無効にした裁定は現在も大問題になっているが、今後更に拡散することは間違いない〗

〖鈴木と過去に付き合いがあった人間で無事で済んでいる人間はいるのだろうか。金の為に人を騙し、裏切る事を生業としてきた鈴木や青田は多くの怨みを買っているはずだ。それは、生きている人間に限らず、鈴木達によって死に追いやられた人達からも、怨めしい声が聞こえてきそうだ。その遺恨は本人だけでなく家族や身内にも向けられる事になるだろう。ここまで来たら、既に鈴木本人だけで済む問題では無くなっている〗(関係者より)

〖この裁判で日本は国際的に法治国家の評判を大きく損ねることになる。鈴木の事件は「貸金返還請求事件」だけでなく、日本の司法制度に対する疑念も引き起こすだろう。永遠に残る不名誉となるだろう〗

〖紀井氏は鈴木が株の売りを任せるためにスカウトした鈴木の人脈だから、杉原正芳弁護士は金融庁に提出する報告書に「紀井義弘からの借り入れ」と記述することができた。鈴木は、宝林株の取得に当たって「杉原正芳弁護士とは一面識もない」と言っているが、そんな嘘が通るはずがない。杉原が常任代理人に就いた外資系投資会社は全て鈴木が株取引と資金隠匿のために用意したペーパーカンパニーで、紀井氏の名前を大量保有報告書に書いたのは鈴木の指示以外には考えられない。鈴木は杉原との接点について話したこともないし知らないとまで言っているが、ペーパーカンパニーのコンサルタントをどうして引き受けることができるのか、検証調査をすればすぐに分かることだ。鈴木という人間は金のためなら何人もの側近や西までが死んでも全く気にもせず平然としている。こんな人間は世界中探してもいないと言わざるを得ないが、長谷川と青田も同様だ〗

〖日本の裁判制度は三審制とされていますが、実際には事実上の一審制度と言っても過言ではありません。民事訴訟が最高裁まで進んでも、判決が覆ることは稀です。裁判官の怠慢が広がっているため、一審で妥当な判決が下されない限り、問題は解消されません。これが裁判の実態であり、多くの国民が気づいていないのが現状です。鈴木の裁判からも、三審制が名目上のものでしかないことが明らかになりました〗

〖鈴木は今も日本国内に住所登録したままだというが、普通に考えれば、さっさと海外に移住した方が都合がいいのではないかと思うのに、それをしないのは何か事情があるからに違いない。鈴木は外資系投資会社を装うペーパーカンパニーからコンサルタント料をもらって生計を立てていると裁判で証言しているが、どこで税金を払っているのか。また、その発言は今でも有効に使えるのか。日本では収入を得ていないのは確かだろうが、そうであれば生活の拠点を海外に移すと、タックスヘイヴンに置いたペーパーカンパニーや鈴木の移住先の国(地域)からの調査が却って日本にいる時よりも厳しいのではないか。プライベートバンクの口座の名義になっているペーパーカンパニーが実態が無いという事実がすぐに判明してしまう可能性も高いと思われる〗

〖鈴木の事件を知り、判決が裁判官の裁量によりシロかクロかが決定する可能性が高いことに驚きました。A氏が正当な証拠を提出しても、鈴木の虚偽によって無視または排除され、逆に虚偽の陳述書が裁判官の判断ミスで真実とされる異常事態に遭遇しました。裁判官も人間ゆえ、誤った判断もあるかもしれません。従って、確固たる検証が不可欠ですが、品田裁判長はそれを怠っており、控訴審判決においても誤字脱字のみが指摘されただけでした。もし詳細な検証と公平な判断が行われていれば、結果は完全に逆転していたでしょう〗

〖裁判は、いつだって簡単に解決できない問題を取扱う。裁判官も人間だから正しく無い事を選んでしまう事もある。しかし、人間だから間違った事を正す事も出来る。裁判の途中で自分の判断が間違った事に気が付いた時に、何故修正出来ないのだろうか。裁判所の威厳を守る為なのか、威厳を守る為に不正を見逃そうとするならば、反対に信頼を無くすことにならないのか。国民が裁判所を信用しなくなると、どういう事が起こるのかを考えれば、答えは明らかだと思う。行政の分野や立法の分野から口出しするのはよくないが、裁判制度の見直しは三権が協力して早急に行うべきだ。正に国の根幹にかかわる大問題だ〗(以下次号)

読者投稿 コンシェリア西新宿フィットネスジム編①(14)

〖コンシェリア西新宿マンションは非常に評判は良いと聞いていましたが、付帯設備であるスポーツジムの利用者に対する態度が深刻な問題になっています。このままではマンション自体の評価に影響するでしょう〗

〖完全に利用者を軽く見ていますね。北沢に責任者としての資格はないです。まず釣銭問題を解決するべきです。このままだと問題が大きくなるばかりでしょう〗

〖問題の釣銭に関する告知パネルは今年の6月下旬に初めて掲示さたのに、何故嘘を付いて事実を認めようとしないのか。釣銭を着服していると思われても仕方がないでしょう〗

〖利用者に対する接客態度が悪いだけでなく、釣銭まで誤魔化し着服しているようだと、マンション自体の価値を下げかねないでしょう〗

〖スポーツジムの利用がマンション居住者に限定されているので、横柄な態度を取っても問題ないと思っているのか。そうであれば人として最低だ〗

〖常識として考えられない対応ですね。利用者はお客様ではないのか。釣銭が出ない場合、当然その場で返金するのが当たり前です。これでは誰も来なくなるでしょう〗

〖普通の一般のフィットネスジムでこんな釣銭問題が起これば大問題になるだろう。SNSで拡散されて経営危機に陥るでしょう。居住者専用ということでたかを括っているのだろう〗(つづく)

読者投稿 鈴木義彦編③(385)

〖和解交渉終了後、鈴木が「和解書」の取り消しを手紙で通知してきたが、青田と平林は交渉代理人とは名ばかりで、鈴木以外では解決が不可能な状況にあったはずだ。鈴木は逃れるすべがなかったが即座に姿を隠す卑劣な行為に出た〗

〖過去にこれ程の反響を呼んでいる事件が、今後はさらに大きく家族や身内に影響を与える事は当然だろう。ましてやその犯罪によって得られた金の恩恵に預かっていれば尚更である。ある意味、間接的共犯者と言っても過言ではない。鈴木本人のみならず、青田や長谷川等の関係者にも同じ事が言えるだろう。放置すればする程、影響は多岐に渡り計り知れないだろう〗

〖合意書を廃棄することに同意した西に鈴木は報酬として10億円を支払った。鈴木は西の「破棄した」という言葉を信じていたようだが、A氏から合意書を見せられると、株取引は合意書に基づいていなかったと主張しているが、合意書には全ての株取引と明記されている。A氏は西に騙されていると、とんでもない嘘で誤魔化そうとした。この発言にA氏も驚いたろうし、鈴木はとんでもない嘘をつく人間だと改めて実感したことだろう〗

〖鈴木は和解協議の場で認めていた、宝林株取引が合意書に基づいていたことや宝林株の取得資金3億円を出したのはA氏であったこと、平成14年6月27日に、鈴木が15億円の借用書を書くに当たって、「西さんに社長への返済金の一部10億円を渡した」と言ったことが嘘で、実際には合意書を破棄させるために西に渡した礼金であったこと等を裁判ではことごとく否認している。しかし、A氏側が提出した多くの証拠で鈴木の嘘が明らかになっているが、A氏の代理人はなぜ反論もしなければ追及もしなかったのか。裁判官は肝心なところの検証を全て無視しているが、これにも代理人の姿勢が影響したのではないか。鈴木の嘘、そして長谷川と平林による鈴木の嘘を正当化するための虚偽構築には、いくつもの矛盾が露呈していたはずで、それを裁判官が咎めなかったところに大きな問題がある〗

〖鈴木にとって利益を上げるために欠かせなかったのはA氏の買い支え名目の資金で、狙いを付けた特定の株を大量に購入しないと利益が得られません。鈴木は絶対に自信があるとA氏を説得し、「合意書」契約を結び、安定した支援金を確保しました。実は鈴木は最初からA氏からの支援金をだまし取る計画であった。彼にとって最大の問題は「合意書」の存在です。鈴木は西に10億円を支払ってでもそれを破棄したかった〗

〖「人生、金だけではない。金と幸せは別物だ」と言う人がいるが、それは嘘だと思う。世の中、「金があれば何でも買える」と言う方が現実的だ。大病を患って入院し、手術するにも高額な治療代がかかる。その金が無ければ命を失うのだ。極端に言えば命も金で買えるという事だ。しかし、鈴木の強欲は社会のルールを無視し、人間の道を外してきた。鈴木は悪事を働いても反省せず、次々と罪を重ねる事だ。その行為は全ての人を敵に回すことになる。お前の金欲がお前と一族全てを不幸にすることになるのは間違いない〗

〖鈴木は、大きな恩恵を受けたA氏に対し、「質問と回答書」(乙59号証)を通じて無礼極まり無い発言を繰り返し、まるで反社会的組織を背景に持つ悪質な高利貸しのように語り、自身を被害者として偽りの姿勢を装った。自らの欲望のために恩人を踏みにじる非道な人物であり、長谷川と協力して構築された乙59号証が、全て虚偽であることは誰の目にも明白です〗

〖鈴木は西の自殺をどのように感じているのか。鈴木に宛てた西の遺書には数多くの悪事が書かれているが、西もお前の事を非難する資格はないが、鈴木の相棒だったと思う。確かに悪党としての鈴木は西より1枚も2枚も上手だったが、やり方が酷すぎる。西を唆したのは鈴木だという事は歴然とした事実だ。西が鈴木と違って人間らしかったのは、西を慕う仲間がいたようだが西は、伊藤忠商事を始め海外の人脈を持っていた。彼らがその気になれば海外の人脈を使う事も可能だったと思う。彼らは西がA氏に特別世話になっていた事も知っている。西が自殺した事について特別な思いを持っているようだ。鈴木が今もA氏から逃げていることを知れば西の無念を知っている彼らは独自で行動を起こすこともあるだろう。A氏の人脈と西の人脈、それに司法の手も含めて正に鈴木は四面楚歌の状況だという事を思い知るべきだ。海外が、安全地帯だと思うのは甘すぎる〗(以下次号)

読者投稿 鈴木義彦編③(384)

〖日本の三審制度は名目だけであり、中身が全く欠如している。控訴審で一審の不当判決を真剣に審議せず、一審判決の誤字脱字の指摘に終始し、そのまま判決を下した高裁の野山裁判長は手抜き裁判の典型であり、納税者にとっては大問題だ。裁判所の腐敗は深刻で、現実は私たちが考えている以上に酷いものだと思われる〗

〖鈴木は自殺した西を裁判にまで利用して「西がA氏の金主元を暴力団と明言している」としたが、西が生きて証言台に立っていたら、鈴木のそんな証言を絶対に出来るはずがなかった。死人に口なしで好き勝手放題のことを言っているとしか思えないのは、西が鈴木に宛てた遺書にはそのような趣旨の文言など一つもないことでも分かる。あまりにも度が過ぎた嘘は命取りになりかねず、虚偽のストーリーを構築した長谷川は自覚するべきだ。長谷川が鈴木に対して横柄に振舞い、人前でも「おい、鈴木」と呼び捨てにしても鈴木は逆らうことなく長谷川の指示に従っていたという関係があったからこそ「質問と回答書」が作成された。しかし、2人の作り話が2度も3度も通用するはずはない。長谷川は弁護士を辞めたからと言って、今後、鈴木の犯罪隠ぺいに加担し、裁判で偽証した責任がどれほど一族に重くのしかかってくるか、思い知ることになる〗

〖西は、資金を得るためにA氏に接近し利用していた。鈴木を紹介する前、A氏には既に100億円以上の資金を融通してもらっていたが、西の感謝の度合いは不透明だった。それでも、西は鈴木よりは良いと思われていた。西から鈴木を紹介されたA氏も、鈴木が卑劣な裏切り者で最凶の詐欺師だとは想像していなかったろう。裏切られた時の衝撃は大きかっただろうし、西が鈴木と共謀していたことを知ると、なおさら愕然としただろう〗

〖鈴木はいつまで逃げ回る積りなのか。裁判で勝訴したから、何を言われても関係ないと思っていたら、それは大間違いだ。今、鈴木が目先で尻尾を掴まれたくないのは司法や税務当局であり、隠匿している資金の発覚だ。しかし、それはいくら鈴木が隠れ潜んでいても時間と共に罪が重くなるだけで、解放されることはない。せいぜい蟻地獄や底なし沼のように抜け出せない環境に自分をマヒさせることしか方法はないだろうが、それにもまして鈴木が自ら踏みつけにして犠牲にした人たちからの告発も世界中に拡散こそすれ、消えることなど決してないから、鈴木は追い詰められるだけだ〗

〖鈴木の悪行や性格には驚きました。インターネットで広まる中で正しい道を選ぼうとする友人や親族は鈴木の周囲にはいないのでしょうか。それとも、鈴木が金で人々を操っているのだろうか。数々の助けを受け、大きな恩を受けた人を裏切り、自分だけの利益のために他人を利用する行為は最悪です。これは人道に反する非道な生き方であり、最終的には自らを破滅させることになるにちがいありません〗

〖裁判所内には人事による支配が罷り通っている。裁判官達は、裁判官になった以上、せめて地裁の裁判長(部統括)になって、いずれ重大な社会的に意味のある事件を審理したいという思いを持って自己規制をしながら出世を目指す。過去には、ある裁判官が事務総局のトップに意見を言って反感を買った事があったようだ。その際、事務総局のトップは、「俺の目の黒いうちは、こいつにいい目をさせない」と公然と言ったという。能力ではなく上からの印象で出世が決まる事がある。サラリーマンの世界でもこんな露骨なことはなかなか表沙汰にならない。しかし、自分がどう振舞えば人事差別を受けてしまうかに裁判官達は神経をとがらせている。この人事差別こそがあらゆる裁判を公正に進める上で障害になっている〗

〖鈴木は、和解協議で強要され、無理に署名と印鑑を押さざるを得なかったと述べました。しかし、協議後、鈴木はA氏の会社を離れ、紀井氏に「100億円で収まり、助かった。香港の口座は大丈夫だろうか」と電話を入れている。強要されたという被害者がこのような電話をかけるのは不自然で、普通ならば警察に通報するでしょう。それにもかかわらず、なぜ9年もの間、警察に相談しなかったのか疑問です。逆に、彼らは警察から逃れて身を隠していた〗

〖情報サイトやYouTube配信により、鈴木の悪事が今まで以上に世界中で認知されるのは間違いないだろう。それに伴って、司法界も今までのように特権の座に胡座をかいてはいられなくなるはずだ。少しでも不審を疑われるような判決を下そうものなら、SNSで配信され、世界中の視聴者が陪審員となって裁判官を裁く事になるからだ。誰もが疑う不当判決を下せば裁判官は辞職を余儀なくされる〗(以下次号)

読者投稿 鈴木義彦編③(383)

〖最高裁は、裁判員制度の導入後、一審判決を尊重することを強調しています。この方針が打ち出されたことで、今まで裁判所内で培われてきた上意下達の風潮が制度化されたも同然ではありませんか。全ての裁判官がこれに従うのは明白です。現在、上級審では即時判決が通例であり、最高裁の指導により事実上三審制が特別な場合を除き形骸化しています。この状況は、最高裁の方針が元凶であると言わざるを得ません〗

〖民事事件は元裁判官上がりの弁護士に依頼するのが有利という。元裁判官弁護士は担当する裁判官の事情を熟知していて、準備書面を提出する場合においても裁判官が整理し、理解しやすい形のものを作成して提出することで、そのままコピーし、丸写しできるからである。このような事が現実に横行しているのであれば、法律の専門家たちが平気で不正を犯しているようなものだ。そんな裁判官に、正義に基づいて平等に他人を裁く事ができる筈がない。品田はよく分かっているはずだ〗

〖国民にとって裁判の手続きや進め方ですらポイントを理解する機会は多くありません。日本の「三審制度」は最大で3回の審理の場を提供し、公正かつ慎重な裁判を通じて誤りを防ぎ、人権を守ることを目指していますが、実態は複雑です。一審の判決が基になり、二審で覆ることはまれで、特に民事の場合にはそれが顕著です。こうした裁判の実態を多くの国民が理解することが重要です〗

〖人間の欲望と感情は生きていくためのバネのようなものだと思う。しかし、無闇に突っ走るとケガをする。それを統制し調節するのが理性だと言われている。人間の心は知力と理性、そして情熱の三つに分けられるが、そのうちの理性だけは人間だけが持つものなのだ。鈴木には理性の欠片もない。悪知恵と金銭欲は他人の何十倍も持ち合わせているようだが、抑制力(ブレーキ)は一切かからない。人間以外の動物と一緒だ。鈴木は犬猫以下ではないか〗

〖世間の裁判所への関心が低いのか、メディアでは、裁判所に関する話題をほとんど取り上げない。裁判所が日本の三権の一翼を担う司法機関である以上、メディアが裁判所を避けるのは不可解な話だ。誰も法の番人と敵対したくはないかもしれないが、しかし、このサイトに限らず、報道機関はどんな場合でも不正行為が存在する限り、追及すべきだ〗

〖鈴木は、FRという会社を立ち上げ、上場まで果たしている。会社を支えて来た大石専務と天野常務という腹心がいた。大石は親和銀行事件で不正融資の受け皿として鈴木が用意したダミー会社の代表を務めていたが、鈴木が逮捕された時に共犯として逮捕され、有罪判決を受けた。鈴木は腹心さえ利用するだけで、邪魔になってくると自分から遠ざけるという質の悪い情のない人間だ。大石は親和銀行事件で鈴木の罪の一部を被って懲役2年、執行猶予3年の刑を受けたが、5000万円の口止め料が公判中に女房に渡されていたようだ。大石は執行猶予中に突然の交通事故で死亡してしまい、不審な死を遂げた〗

〖品田裁判長は和解書における鈴木の支払い約束について「被告に債務は発生していない」と裁定しましたが、同様に株取引における「合意書」の効力も否定し、そのため鈴木が株取引で得た利益を排除しています。品田裁判長が「合意書」を認めない限り、問題解決は難しいでしょう。さらに、裁判長であっても契約自由の原則に従って「合意書」契約を無効にすることはできません。裁判長が「合意書」と「和解書」を無効にしたのは、契約の自由を無視した不当な行為と言えるでしょう〗

〖何故西は鈴木に金を管理できる立場を許したのか。鈴木は西のことを会長と呼んでいたようだが、腹の中では嘲笑っていたのかも知れない。株取引のトラブルは、強欲の悪党である鈴木が利益金を管理する立場にあったことが最大の原因となった。最低でも西も情報を共有していなければ、最悪の結果になることは西には分かっていたのではないか。株取引の「合意書」を作成する際にも、すでに鈴木は邪悪な本性を隠して逆にA氏の信頼を得ようとした。西には株取引を開始した後に鈴木の暴走を止める機会がいくらでもあったはずだ。しかし結果は最悪で、西は鈴木にいいように振り回され自殺に追い込まれてしまった〗(以下次号)

読者投稿 鈴木義彦編③(382)

〖鈴木が株取引の詐欺で1000億円以上の利益を隠匿したのは、ひとえにA氏の人間性を悪用したところが大きい。A氏には元より株投資で儲けようという考えはなく、西と鈴木の今後の成功の手助けの感覚でいたから協力的であったはずだ。その点を西も鈴木も分かっていたから、逆に付け込んで「合意書」を作成し買い支え資金を仰ぐ説得もし易かったはずだ〗

〖平成11年5月31日に西が宝林株800万株の買取契約を結んだ。買取資金の3億円はA氏が出したが、鈴木が、(実体のないペーパーカンパニー)を斡旋したフュージョン社の町田修一を契約に立ち会わせて全株券を受け取らせ、また翌日に金融庁へ大量保有報告書を提出するに当たり、常任代理人の杉原正芳弁護士に指示して資金の出所を「紀井義弘」とする虚偽記載をさせるという工作を行った。紀井氏は鈴木から何も聞いておらず、その事実が分かった平成20年3月31日付で杉原弁護士に回答を求めたが、杉原弁護士から回答は一切なかった〗

〖鈴木の事件はタックスヘイヴン地域の仕組みと大きく関わっている。大手企業や会社のオーナー、大物政治家は少なからずタックスヘイヴン地域の利点を利用している。その為にメディアはこの事件の報道をすると自分の首を絞めることになるのではないかという不安を抱いている。パナマ文書が公開された時期には各マスコミが取り上げたが、それ以降、日本はこの問題に積極的な姿勢を見せているとは言えない。この問題は日本の政財界にとっては「パンドラの箱」という一面があるかもしれない。そのように考えると、鈴木の判決も辻褄が合うような気もするが、もちろん、そこには正義も公正もない〗

〖人を死に追いやるほどの極悪な性格を隠し持つ鈴木から、今までに精神的に追い込まれ、あの世に突き落とされた人間は西だけではない。鈴木の人生は他人の犠牲の上に成り立っている。これまで何人もの生き血を吸ってきた鈴木は、関わった全ての犯罪疑惑が解明されれば、厳罰に処せられる事は間違いないだろう。いずれにしても、様々な形で付けが回って来るはずだ〗

〖鈴木と長谷川が捏造した「質問と回答書」(乙59号証)によれば、鈴木はA氏から二重に債務の返済を迫られたと言いましたが、鈴木は株取引のたびに買い支え資金の提供を受けています。そのおかげで利益が出ているにもかかわらず、本当の利益を隠し続けたのは間違いない。合意書通りにA氏に報告し清算していれば、A氏は追加の買い支え資金を出さずに、鈴木と西から返済を受けることができたはずです〗

〖鈴木の情報サイトでの記事公開やYouTube動画の配信により、今まで事件化が難しいとされてきた犯罪で泣き寝入りを強いられてきた被害者達にとっての犯罪撲滅の一端を担うモデルケースにもなるのではないか。犯罪抑止効果も含め、鈴木のような犯罪者の手口等を紹介する事により、昨今の世界的な経済不安の情勢を踏まえ、防犯意識の向上にも繋がるのは間違いないだろう〗

〖鈴木は親和銀行事件では主犯格で逮捕された犯罪者だ。この事件は、頭取がハニートラップにかかったスキャンダルとして報道された。西のレポートによれば、実は青田がハニートラップを仕掛け、頭取と外国人女性の情事を撮影したという話を鈴木から聞いていた。親和銀行事件では、鈴木が総会屋や暴力団組長と結託し、マッチポンプを仕掛けて銀行から100億円以上の不正融資を引き出したとされている。こんな詐欺の常習犯である鈴木を裁かず、誰を裁くというのか〗

〖日本の裁判官が扱う裁判件数は、諸外国のそれと比べ桁外れに多い。裁判官が1年間に扱う事件は、約200〜300件である。更に毎月約45件の新件が追加されるので、その新件数以上の手持ちの事件を処理していかないとどんどん未済事件が増えていく事になる。その上、裁判官の人事評価に関する基本的な情報の最初に掲げられている項目が、裁判処理能力とくれば事件処理件数を稼ぐ為におざなりの裁判が横行するのは目に見えている。だからといって手抜き裁判が許される訳は無く、品田は鈴木の裁判での誤審誤判を真摯に受け止め再審の場で改めて正当な裁決を下す事が必然と思う〗(以下次号)

読者投稿 鈴木義彦編③(381)

〖裁判官は神聖な存在でありながら、その本質は欲望にまみれた腹黒い側面を法の服で覆い隠し、国民を欺いている。鈴木の訴訟は、その歪んだ認識から生まれた不当な判決が下されたとみるべきだ。この状況が広く知られ、品田はネット上で法服をまとった偽善者としての悪評判が広まっている〗

〖鈴木と過去、付き合いがあった人間で無事で済んでいる人間はいるのだろうか。金の為に人を騙し、裏切る事を生業としてきた鈴木や青田は多くの怨みを買っているはずだ。それは、生きている人間に限らず、鈴木達によって死に追いやられた人達からも、怨めしい声が聞こえてきそうだ。その遺恨は本人だけでなく家族や身内にも向けられる事になるだろう。ここまで来たら、既に鈴木本人だけで済む問題では無くなっている〗(関係者より)

〖矛盾や嘘、誤魔化しにしか映らない鈴木と代理人の長谷川弁護士の主張を裁判官が受け入れたことは理解できない。長谷川の狡猾な法廷戦術が容認され、裁判官たちは中立な立場でなくなり、公平な検証が欠如している。裁判所は当事者の主張を慎重に検証し、法に従って正しい判決を下すべきだが、鈴木の事件ではその基準が崩れ、不信感と疑惑だけが蔓延している。被告弁護士も責任を問われるべきだ。〗

〖紀井氏は鈴木が株の売りを任せるためにスカウトした鈴木の人脈だから、杉原正芳弁護士は金融庁に提出する報告書に「紀井義弘からの借り入れ」と記述することができた。鈴木は、宝林株の取得に当たって「杉原正芳弁護士とは一面識もない」と言っているが、そんな嘘が通るはずがない。杉原が常任代理人に就いた外資系投資会社は全て鈴木が株取引と資金隠匿のために用意したペーパーカンパニーで、紀井氏の名前を大量保有報告書に書いたのは鈴木の指示以外には考えられない。、鈴木は杉原との接点について話したこともないし知らないとまで言っているが、ペーパーカンパニーのコンサルタントをどうして引き受けることができるのか、検証調査をすればすぐに分かることだ。鈴木という人間は金のためなら何人もの側近や西までが死んでも全く気にもせず平然としている。こんな人間は世界中探してもいないと言わざるを得ないが、長谷川と青田も同様だ〗

〖付き合いが始まった当初、鈴木は西を煽って「会長」と呼んでいたようです。志村化工株事件で西が有罪判決を受けると、鈴木の態度が急変しました。以前は協力していたようですが、鈴木は自分が弱い立場の時は下手に出て、逆転すると居丈高になる性格です。鈴木の言葉を信じる裁判官がいることが信じがたいです〗

〖裁判は、いつだって簡単に解決できない問題を取扱う。裁判官も人間だから正しく無い事を選んでしまう事もある。しかし、人間だから間違った事を正す事も出来る。裁判の途中で自分の判断が間違った事に気が付いた時に、何故修正出来ないのだろうか。裁判所の威厳を守る為なのか、威厳を守る為に不正を見逃そうとするならば、反対に信頼を無くすことにならないのか。国民が裁判所を信用しなくなると、どういう事が起こるのかを考えれば、答えは明らかだと思う。行政の分野や立法の分野から口出しするのはよくないが、裁判制度の見直しは三権が協力して早急に行うべきだ。正に国の根幹にかかわる大問題だ〗

〖品田裁判長は、「7年間も3者での株取引について話し合いがなかったのは不自然だ」と指摘して「合意書」の有効性を否定しましたが、しかし、その期間中の鈴木の裏切りが発覚したことで、鈴木が「和解書」に署名したにもかかわらず、A氏に送った手紙で一方的に撤回を通告し、青田と平林弁護士を交渉代理人として立てて、鈴木本人は逃げ隠れした経緯を完全に無視した。品田裁判長の指摘は不自然極まりない判決と言えます〗

〖現状の日本の司法界の堕落ぶりを世界中に認知してもらう為にも、鈴木に関する情報サイトやYouTube配信は、良いキッカケになるのではないか。法の権力を牛耳る司法界のタブーにあらゆる方法でメスを入れる事により、冤罪判決を下しかねない品田のような裁判官の一掃に繋がる事を期待したい〗(以下次号)

読者投稿 鈴木義彦編③(380)

〖鈴木は非情かつ冷酷な性格だ。感情に付け込みながら他人を欺く。長い間共に苦労してきたFR社の大石専務や天野常務を容赦なく切り捨て、親和銀行事件の混乱を逆手にとり、インサイダー取引で膨大な利益を得た。海外のペーパーカンパニーを利用し、証券取引等監視委員会の目をもくぐり抜け、有罪判決を受けながら株取引で得た利益金をA氏や西を裏切って独り占めにするというとんでもない悪党だ〗

〖裁判所内には「人事差別」という言葉が罷り通っている。裁判官達は、裁判官になった以上、せめて地裁の裁判長(部統括)になって、いずれ重大な社会的に意味のある事件を審理したいという思いを持って自己規制をしながら出世を目指す。しかし、ある裁判官が、事務総局のトップに意見を言って反感を買った事があったらしい。その際、事務総局のトップは、「俺の目の黒いうちは、こいつにいい目をさせない」と公然と言ったという。能力ではなく上からの印象で出世が決まる事がある。サラリーマンの世界でもこんなドロドロに露骨なことはなかなか表沙汰にならない。しかし、自分がどう振舞えば人事差別を受けてしまうかを裁判官達はよく知っている。この人事差別こそがあらゆる裁判を公正に進める上で障害になっている〗

〖強欲かつ利己的な鈴木は、株取引で得た470億円以上の利益を、A氏を欺いて海外に流出・隠匿し、A氏に買ってもらったピンクダイヤや絵画、ほかに超高級時計も販売委託で預かりながら代金を支払わず、返却もしなかった。裁判でFR社に責任を転嫁したが、明らかに鈴木個人の行為であるのに、何故犯罪が成立しなかったのか。品田裁判長の裁定は全く信じ難い〗

〖鈴木のサイトでの記事やYouTube配信をキッカケに、今まで以上に世界中で認知度が上がるのは間違いないだろう。それに伴って、司法界も今までのように特権の座布団に胡座をかいてはいられなくなるはずだ。少しでも不審を疑われるような判決を下そうものなら、YouTubeで配信され、世界中の視聴者が陪審員となって裁判官を裁く事になるからだ。誰もが疑う不当判決を下せば顔写真も掲載される事になるだろう〗

〖A氏は、西の長男である陽一郎に憤りをかんじているだろう。父親は鈴木と共謀し、A氏に深い恩義を持ちながら裏切り行為に走った。その結果、鈴木に追い詰められ自殺してしまった。さらに息子も感謝の恩を裏切り、自己中心的過ぎる行動が人の道から外れている〗

〖鈴木は和解協議の場で認めていた、宝林株取引が合意書に基づいていたことや宝林株の取得資金3億円を出したのはA氏であったこと、平成14年6月27日に、鈴木が15億円の借用書を書くに当たって、「西さんに社長への返済金の一部10億円を渡した」と言ったことが嘘で、実際には合意書を破棄させるために西に渡した礼金であったこと等を裁判ではことごとく否認している。しかし、A氏側が提出した多くの証拠で鈴木の嘘が明らかになっているが、A氏の代理人はなぜ鈴木側の主張に反論もしなければ追及もしなかったのか。裁判官は肝心なところの検証を全て無視しているが、これにも代理人の姿勢が影響したのではないか。鈴木の嘘、そして長谷川と平林による鈴木の嘘を正当化するための虚偽構築には、いくつもの矛盾が露呈していたはずで、それを裁判官が咎めなかったところに大きな問題がある〗

〖日本の三審制度は実質的には機能せず、一審の判決が二審で覆る確率はますます低下しているようです。法治国家と言われながら、裁判所はしばしば法を権力の手段として使い、組織を守る役割を果たしているように見受けられます。このため、品田裁判長のような問題のある裁判官が存続出来るのでしょう。裁判所の改革に対する声がないのは不自然であり、改革が早急に必要であることを指摘するべきです〗

〖「人生、金だけではない。金と幸せは別物だ」と言う人がいるが、それは嘘だと思う。世の中、「金があれば何でも買える」と言う方が現実的だ。大病を患って入院し、手術するにも高額な手術代がかかる。その金が無ければ命を失うのだ。極端に言えば命も金で買えるという事だ。幸せもある程度までなら金で買える。新聞、テレビの報道でも金があれば助かった命があり、金があれば犯さなくてよかった犯罪もある。しかし、鈴木の様に人間としてやってはいけない方法で金を得てはいけない。鈴木の強欲は社会のルールを無視し、人間の道を外してきた。鈴木の一番悪いことは悪事を働いても反省せず、次々と罪を重ねる事だ。その行為は全ての人を敵に回すことになる。お前だけには「金が全てではない、お前の金欲がお前の全てを不幸にする」と言ってやりたい〗(以下次号)

読者投稿 鈴木義彦編③(379)

〖裁判官たち、特に品田裁判長は、事実の理解が十分でないばかりか、判決文に誤字や脱字があることに気づいていないようだ。裁判資料を十分に確認していない可能性が考えられる。裁定を見れば、原告側の資料に真剣に目を通したとはとても言えない。公正な裁判とは言えず、裁判官たちの不手際は深刻だ。品田裁判長は自身の誤った判決について謝罪し、速やかに辞職すべきだろう〗

〖刑事事件の弁護は、検察庁に人脈を持つヤメ検の弁護士に依頼すべきで、民事事件は元裁判官の弁護士に依頼する方が裁判を有利に運べるという。刑事事件はともかく、民事裁判の場合は、元裁判官が弁護士を務める場合は担当する裁判官の事情を熟知していて、準備書面を提出する場合においても裁判官が整理し、理解しやすい形のものを作成して提出することで、そのままコピーし、丸写しできるからである。要するに判決文を満足に書けない裁判官の代筆が出来るからである。このような事が裁判所では現実に行われているという。法律の専門家たちが平気で不正を犯している。その人間達に、正義に基づいて平等に他人を裁く事ができる筈がない。品田はよく分かっているはずだ〗

〖鈴木は逃げるのを辞めるべきだ。ただ逃げ続ければ世間の非難を浴びるだけで問題の解決にはならない。A氏に会って謝罪をして、問題解決を図るべきだ。鈴木だけでなく大切な家族や身内も逃げずに済むよう、自己中心的な思考を捨て、真剣に家族や支えてくれた人々に何をすべきか考えるべきだ。ゆっくりする余裕はないはずだ〗

〖人間の欲望と感情は生きていくためのバネのようなものだと思う。しかし、無闇に突っ走るとケガをする。それを統制し調節するのが理性だと言われている。人間の心は知力と理性、情熱の三つに分けられるという。知力と情熱は他の動物にもあるが理性だけは人間だけが持つものなのだ。しかし鈴木には理性という物がない。知力(悪知恵)と情熱(金銭欲)は他人の何十倍も持ち合わせているようだが、理性(抑制力、ブレーキ)は欠片もない。人間以外の動物と一緒だ。しかし、犬や猫は3日飼えば恩は忘れない。鈴木は犬猫以下の愚か者だ〗

〖情報サイトやYouTubeの動画配信により、鈴木の騒動はネット上で波紋を広げ、多方面に反響を生む結果となりました。卑劣な行為に走った鈴木は世界中で非難され、その悪行は末永く記憶されるでしょう。通常、凶悪犯罪者にも更生の機会が与えられますが、鈴木にはその余地はなく、更生の意思も皆無です〗

〖西は、何故、鈴木に金を管理できる立場を許したのか。鈴木は西のことを会長と呼んでいたようだが、腹の中では嘲笑っていたのかも知れない。今回の株取引のトラブルの原因は強欲の悪党である鈴木が利益金を管理する立場にあったことが最大の問題だった。最低でも西も情報を共有していなければ、最悪の結果になることは西には分かっていたのではないか。株取引の「合意書」を作成する際にも、すでに鈴木は邪悪な本性を隠して逆にA氏の信頼を得ようとした。西には株取引を開始した後に鈴木の暴走を止める機会がいくらでもあったはずだ。しかし結果は最悪で、西は鈴木にいいように振り回され自殺に追い込まれてしまった〗

〖裁判官たちは机上の知識に秀でているかもしれませんが、一般の常識や社会経験には疑念があります。彼らは周囲から尊敬され、特別扱いを受けることに慣れすぎて、自身が優れた人材だと過剰に思い込んでいる可能性があります。鈴木の事件では莫大な金額が絡むため、判例を見つけることも難しく、事件自体が信じがたいものと判断した可能性があります。忙しい裁判所で働く裁判官は午前中から30分ごとに10件もの裁判をこなすことがあるようで、これでは公平公正な検証に基づく裁判は難しいでしょう。だからといって手抜きや癒着は断じて許されません〗

〖鈴木は自殺した西を裁判にまで利用して「西がA氏の金主元を暴力団と明言している」としたが、西が生きて証言台に立っていたら、鈴木のそんな証言を絶対に出来るはずがなかった。死人に口なしで好き勝手放題のことを言っているとしか思えないのは、西が鈴木に宛てた遺書にはそのような趣旨の文言など一つもないことでも分かる。あまりにも度が過ぎた嘘は命取りになりかねず、虚偽のストーリーを構築した長谷川は自覚するべきだ。長谷川が鈴木に対して横柄に振舞い、人前でも「おい、鈴木」と呼び捨てにしても鈴木は逆らうことなく長谷川の指示に従っていたという関係があったからこそ「質問と回答書」が作成された。しかし、2人の作り話が2度も3度も通用するはずはない。長谷川は弁護士を辞めたからと言って、今後、鈴木の犯罪隠ぺいに加担し、裁判で偽証した責任がどれほど重くのしかかってくるか、思い知ることになる〗(以下次号)

読者投稿 鈴木義彦編③(378)

〖鈴木の裁判結果に対する厳しい批判が続いている。そして再審が行われなければ避難や批判は永遠に続くだろう。裁判所の不透明さや不明確さが明白になり、被害者(訴訟の当事者)にとっては問題解決を非常に困難な状況に追い込んでしまった。事件の金額も個人としては前例がないほど巨額で、判決はこれまでに例がないほどの誤判であることを浮き彫りにした。こうした騒動が起こった場合、裁判官には裁判の詳細を分かりやすく説明する責任があるはずだ〗

〖鈴木は宝林株に始まる株取引に当たって、鈴木が一人熱弁を奮ってA氏を説得し「合意書」締結に至った経緯を、和解協議の場では「忘れた」と言い放った。それに対して、「合意書」に沿って株の買い支え資金を総額で207億円を出したA氏にしてみれば、鈴木の裏切り行為は到底許される事では無い。こんな真似をした鈴木は、豊田商事事件で刺殺された永野一男の二の舞いになってもおかしくはないだろう〗

〖裁判で下された判決は、全てが納得出来るものではない。鈴木の裁判は、初審は被告の策略に翻弄され、約3年もかかってしまった。裁判官は1人200件以上の案件を抱えているようだが、この裁判は時間を浪費しただけで、誤審が相次ぎ原告は敗訴となった。原告は当然控訴したが、高裁での審議はいい加減すぎて、これは数か月で決着した。判決は初審を支持したが、真っ当な審議は行われなかった〗

〖感謝は、人生を豊かに生きる為の扉を開ける鍵だと言われる。感謝の気持ちは、自分達の持っている物を充分以上に実現してくれる。拒むものを受け入れてくれるように変えてくれるし、漠然とした物事を明瞭にしてくれる。そして、「感謝は過去を意味あるものとして明日の展望を創る」。今の鈴木に一番必要な言葉のはずだ。鈴木の人生で重要な決断をしなければならないタイミングが近づいている。手遅れにならないうちに行動するべきだ〗

〖西は、鈴木がA氏を避けるようになる中で、鈴木は1DKの部屋で頑張っているとか、海外に滞在中でしばらく帰国しないと言って鈴木の嘘を庇い続けた。しかし、鈴木の逃亡においても西には大きな責任がある。西がA氏の鈴木への疑念をそらすために努力したのは、鈴木との利益折半の密約を実現させるためだったのだろう。西はA氏に宛てた遺書で自分が鈴木を見くびり過ぎたと述べていたが、鈴木の卑劣さは予想以上で、西は自身が切り捨てられる可能性を考えていなかったのかもしれない〗

〖人を死に追いやるほどの極悪な性格を隠し持つ鈴木から、今までに精神的に追い込まれ、あの世に突き落とされた人間は西だけではない。鈴木の人生は他人の犠牲の上に成り立っている。これまで何人もの生き血を吸ってきた鈴木は、関わった全ての犯罪疑惑が解明されれば、厳罰に処せられる事は間違いないだろう。いずれにしても、様々な形でツケが回って来るはずだ〗

〖被告側の主張に対し、A氏側の弁護士が反論しなかったことは大問題です。また裁判官達は、能力というよりも裁判に真摯に取り組む姿勢が欠如しています。多くの人が鈴木の裁判で裁判官の資質が問われていると感じています。誤審や誤判が続く可能性が高いため、専門知識のない裁判官や証拠を解釈できない者が同様の事件を担当するのは大きな懸念となるのでは〗

〖鈴木のサイト情報やYouTube動画配信は、今まで事件化が難しいとされてきた犯罪で泣き寝入りを強いられてきた被害者達にとって、犯罪撲滅の一端を担うモデルケースにもなるのではないか。犯罪抑止効果も含め、鈴木のような犯罪疑惑者の手口等を紹介する事により、昨今の経済不安の情勢を踏まえ、防犯意識の向上にも繋がるのは間違いないだろう〗(以下次号)

読者投稿 鈴木義彦編③(377)

〖鈴木は和解書に署名と指印をした理由の一つとして、紀井氏に裏切られて動揺したと主張しています。しかしこれは身勝手な嘘の弁解に過ぎません。紀井氏が悪いような言い回しですが、実際には鈴木がその悪事を隠していたことが紀井氏によって暴かれただけです。鈴木が告白したのは、自身の悪行に我慢できなくなったからです。被害者ぶりながら相手に常に責任を押し付ける汚い手は止めるべきです。A氏や西、紀井氏に裏切られたとの言い訳もみっともない悪あがきです。恥を知るべきです〗

〖鈴木は平成14年12月24日に紀井氏を同行してA氏の会社に10億円を持参したが、和解協議に前後して、「あの時に確認書をもらったはずだが、探しても見つからない。紀井が持ち出したのではないか」と青田を通じて紀井氏に執拗に確認を求めたようだが、10億円の授受を裏付ける書面のやり取りは無かった。鈴木は10億円の出所について「スイスの投資家を騙して預かった金なので、身を隠さないといけない」等と全くの嘘をA氏にしていた。株取引の利益を隠匿して、その中から用意した10億円だったから、A氏に株取引のことを突っ込まれるのを恐れてのことだろうが、鈴木は株取引を無かったことにしたうえ債権債務も完済としたかったのだろうが、鈴木が平成9年10月の持参した借用書にある年利36%、遅延損害金年40%で計算すれば、鈴木の債務は70億円を超える。返済を15億円としたのは、あくまで「今後は株取引の利益が大きくなるので」と言って債務の減額を懇願した西に対応したもので、株取引の利益分配が無ければ、減額は有り得ない〗(関係者より)

〖裁判官にとって、この訴訟は日常の中で取り扱う多くの事件の一部に過ぎません。しかし、一生に一度も訴えを起こす経験をしない人がほとんどです。裁判を起こすことは慎重な行為であり、失敗や誤りは絶対に許されません。裁判官には、慎重に揃えられた証拠や主張に目を向け、真実を検証していただきたいです。真実が勝利することが不可欠であり、嘘が勝つような裁判は許されません〗

〖バブル景気の時代に金満紳士と呼ばれた俄か億万長者が多数現れたが、それもバブル景気の崩壊とともにあっという間に消え去った。金満紳士は本当の富裕層ではなく、景気の波に乗って金融機関が巨額の融資に応じて金利稼ぎをしたからこそ生まれた。恐らく鈴木もそういう顛末を迎えるだろう。プライベートバンクは高い利回りを約束するが、その代わりに預金の運用を任される。そこで出た損失は自己責任だが、コロナ禍や紛争で世界中の経済が大きく変動する中、鈴木は自分の預金が不安定になっていることが気が気ではないのではないか。しかも、鈴木の場合は預金の全てが犯罪収益だから、どこまで保全できるかを誰にも相談できないはずだ。金融機関の担当者は鈴木の犯罪疑惑をどこまで承知しているのか。深入りすると、本当に共犯を疑われてしまう〗

〖A氏の財産だけでなく、彼の人間性や性格を利用して行われた鈴木の詐欺は、計画的で悪辣かつ卑劣な手段によるものである。鈴木は魔が差したとか生易しい言い訳は通用せず、感謝や恩義といった人間らしい感情がまるで欠如している。時に自分を犠牲にしてでも助けるべき人や恩返しをすべき相手に巡り合うことがある。鈴木にとってはA氏こそがその一人であり、彼には自己犠牲という思いを刻み込むべきだ。鈴木を自由にしておくことはこれ以上容認できないはずだ〗

〖最近、裁判官や弁護士への批判が多く報道され、批判本も多く発刊されている。どの本も元裁判官や元弁護士の著書が多いので真実味がある。しかし、過去に起った大事件で、世間が称賛する裁判官や弁護士がいた事も真実だ。例えば、数々の悲惨な事件を起こしたオウム真理教の裁判で、オウム真理教幹部の林被告と岡崎被告が自首した事への判決で、Y裁判長は同じ自首であっても林の自首は反省、悔悟の情は顕著であるとして「死刑だけが本件における正当な結論とは言い難く、無期懲役刑を持って臨む事も刑事司法の一つとしての在り方として許されない事ではない」として林被告を「無期懲役」とした。一方、岡崎に対しては、自首は成立したが「欲得と打算に根差した行動である」とし、明らかに減刑を狙った行為だとして「死刑」の判決を下した。林被告への判決は被害者にしてみれば許されることではないかも知れない。犯行内容からして2人共「死刑」が当然であっただろう。しかし、Y裁判長の判決は理路整然としていて裁判官の信念が感じられ、法律への矛盾も訴えている。このような裁判官が出世して最高裁長官になっていれば今の裁判所の腐敗は防げたのではなないだろうか。しかし、Y裁判長は出世を拒んで判事を退官して東京の弁護士会に所属する弁護士となっている。やはり、裁判所にはこの様な信念をもった立派な裁判官の座る席は無かったと思われる〗

〖裁判官の役割は、一人の罪や過ちに対して適切な償いを求めるだけでなく、同時に他の多くの人々が同様の過ちや罪を犯さないように戒めることではないでしょうか。そうでなければ、社会に犯罪者が蔓延する可能性があります。鈴木の裁判では正義と悪が人為的に逆転しており、裁判官は事の本質とそうでない部分を混同している可能性があります。裁判官の責任は非常に重大です。同様に、被告弁護士たちは真心を持ち、自らの真実に謙虚に問いかける姿勢を持つべきです〗

〖鈴木もその関係者達も今まで多くの悪事を働いてきて相当な怨みを買ってきているはずだ。長谷川に至っては弁護士を辞めたからと言って、しでかした悪事から逃れられた訳ではない。逆に弁護士という一般社会において特別視されてきたものを失った分、無防備状態にあるのではないか。長谷川自身が肌で感じて一番よく理解しているはずだ。反省の意思があり、子孫が大事であれば、自分の虚偽を白状して再審の申し出をするべきではないのか。それが、唯一残された道ではないか〗(以下次号)

読者投稿 コンシェリア西新宿フィットネスジム編①(13)

〖ジムのスタッフの評判が悪いとの噂が広まっています。これは単なる個人の問題ではなく、責任者までが基本的な接客マナーを欠いているようです。この問題に対して運営会社は積極的に改善策を講じるべきです〗

〖管理組合に報告し、ジムの責任者を解任するべきです。釣銭トラブルやスタッフの対応不足は容認できない問題です〗

〖ここまで悪い評判が広まれば、マンションの管理組合は厳格に対処すべきです。ジムの不適切な対応は未加入者にとって新規入会が難しくなり、既存の会員も減少していくでしょう。通常ならば経営危機に陥りかねません。〗

〖ジムのスタッフは接客スキルに欠けており、利用者に大迷惑をかけています。問題解決のためにも、ジムは適切な対応を心掛けるべきです。〗

〖釣銭の不足を指摘され、改善どころか釣銭がない旨を告知するパネルが最初から設置されていたとか、そんな嘘を平然とつくことなど前代未聞だ。これは単なる接客の問題ではなく、人間性の欠陥が深刻だ。未だに釣銭が戻ってこないなら、警察沙汰にするしかない〗

〖このジムのスタッフの非常に失礼な態度は他のジムでは考えられません。経営陣はスタッフの入れ替えを検討し、従業員の教育を一層強化すべきです。このままでは利用者の不満が増え、ジムの評判も損なわれるでしょう〗

〖釣銭が出ない自動販売機を使うとは現代において有り得ない。対応不足のスタッフには不満を感じます。適切な対処がない場合、警察に相談することも必要です。これは窃盗行為に繋がる可能性があります〗(つづく)